こんにちは。

お越し頂きありがとうございます。

 

 

最近、本を断捨離しています。

もう読まないであろう本は

譲るとか売るとかして

本棚のスペースを開けています。

 

 

理由ですか?

 

スペースの問題です。笑

一人暮らしなんで、

ある程度を超えると

暮らすのに支障が起きる。

 

本の前で食事をし

本の前で寝て

本の前で化粧する。笑

 

 

それはちょっとね~

(*つ▽`)っ)))アハハハ☆

 

 

洋服って「いつか着るだろう」

という服は永遠に着なかったりする。

だから遠慮なく断捨離。

 

「いつか読むだろう」という本は

自分も年齢や経験と共に

どんどん変化していくので

いつか読むかもしれないけれど

読んだときに違和感を覚えることも

出てきたりする。

反対に、かつては好みじゃなくても

今はハマる可能性もある。

 

本の収集マニアでもない限り

「今」を楽しんで生きるには

「今」楽しく読める本があればいい。

 

 

 

 

・・・で、断捨離で出てきました。

(*。◇。)ハッ! 出た。

 

ああ、これ読んでたなあという本。

 

 

奥にあったんですよ。

忘れてた。

新月のアファメーションの本と

重なっていたから

気が付かなかった。

(少し大きいの)

 

 

 

再度、読んでみたら

これが面白い。

 

 

それも最近記事に書いた内容と

リンクしていて、その偶然に驚いた。

(ええ、宇宙に偶然はありません。

必然です)

 

 

 

 

先日の記事では、

不思議な感覚に襲われたことを

書いています。

 

もしかしたら、この世界は

私しか存在していなくて

見えていない世界は

存在していないのではないか、と。

 

 

どこで聴いたんだっけ

本だったっけ。

 

・・・本でした。

 

 

 

 

 

このテの話は

津留晃一さんのメッセージが

有名ですね。

スピリチュアル好きなら

一度は通るでしょう。

 

 

全ては自分が創り出している世界。

 

津留さんの説いていた話は

とても奥が深くて面白い。

 

 

 

もうひとつは

「空(くう)」の本です。

 

もう何年も前、某場所での

個人セッション時に

セラピストの部屋の本棚に

あったのが下記の本。

当時、会社でイジメに遭っていて

セラピーに通ってたんです。

(オーラソーマは知らなかった)

 
で、セラピストのおススメ本が
下記の本だったんです。

 

 

 

 

 

Amazonで検索したら

パープルピンク表紙の本は

どうも文庫版しかないみたい。

私が持っているのは大きいです。

 

 

 

 

 

ブルーのほうは

販売当初の大きさがあるみたいです。

 

 

 

 

津留晃一さんとか

この本の著者のManaさんとか

その他のスピリチュアリストとか

 

量子力学と重なるような

話を一般向けに書いたり

セミナーで教えているんですね。

 

 

 

本棚から出てきた二冊を

改めて読んだのですが

当時は「?」となっていたところも

今はかなり理解できるようになっている。

 

 

 

 

このテの話は

賛否両論なんだけど

バリバリ理系からすると

「こっちのほうが解る。

神とか仏より親しみやすい。」

と、言われました。

 

ええ、特に理系の実妹に言われましたわ。

 

物理や数学も

果てしなく進んでいくと

最後は「神の領域」に

入ってしまいますものね。

 

 

Amazonでも、在庫が

あんまり無いみたいですね。

ツウしか読まないからかな。

 

 

 

 

この世界は本当に

存在しているのかどうか。

 

スピリチュアル嫌いでも

楽しめる本をご紹介しました。

 

あ・・・読書嫌いな方には

ちと難しいですよ。

(;^_^A

 

 

しかし、先日ブログの記事を

書いているときは

最初に、どこでこの話を

知ったのか思い出せなかった。

 

 

しかしタイミング良く

出てくるもんですね~

すべては必然。

 

 

 

 

理系の思考があるひとには

受け入れやすい本です。

スピ好きには

妖精とか聖霊とかそういうのは

無い本なので物足りないかも。

 

ちょっと高いけど。

 

賛否ありますが

面白い本ですよ~

 

 

 

 

 

応援のクリックを頂けると、とても有難いです。


生活・文化ランキング