• 30 Oct
    • アタマの計算に頼らない

      こんにちは。突然ですが、私、バイト始めます。(^▽^;)私は、自分のサロンを持っていないので、口コミだけでオーラソーマのコンサルをフリーで行っていましたが、やはり経済的に軌道に乗るまで、少し大変なので決心しました。「バイトしよう♪」今だったら、年末までのバイトの募集が多くでているようなのでオーラソーマはお休みしてバイトをしようと。(^▽^;)で、バイト募集のネット広告やら雑誌やら、ハローワークやら探したのですが・・・無いんですよ。私の年齢は、子供の手が離れた方々と同年代なので、(・・年齢は内緒💛)仕事があるようで無いんです。どうしよう、どうしよう。でも年越しのお金も無くなっちゃう・・・(◎_◎;)と悩んでいて、ふと気が付いたんです。あれ?私、何やってんだろう?スピリチュアルを何のために学んできたんだろう?そうなんです。アタマで計算して動いていたんです。時給はこれくらい、勤務地はここ辺り、休日は週休2日欲しい・・・etcハイヤーセルフに委ねてないじゃん!以前聞いた話ですが、ある女性が理想の上司を求めて条件を全部書き出して引き寄せを祈ってた。結果、理想の条件通りの上司が着任した。・・・二人も。条件通りに引き寄せたけど上司が二人になっちゃうなんて想定外だった。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル今は、以前より疲れながら仕事してるとか・・・この例で学んだのは、条件に執着しちゃうと逆効果になるリスクを抱えてしまうということでした。どこで仕事するのか、どんな上司になるのか、どのくらいの収入になるのか、人間の小さいアタマで考えても限界があります。私は、満たされた環境で楽しく仕事するのだ。私にとって、必要なお金は必ず入ってくるのだ。そういう風に、ハイヤーセルフ(または宇宙・聖霊など)に委ねて流れに乗っちゃうと思わぬところから引き寄せて拓けてくるのだと学んだじゃん!・・リセット。引き寄せの条件を再度リセットしてアタマで考えず計算せず動いたら・・・見つかりました。仕事が。ある朝、ふとあ、ハローワークに行こう♪と閃いて、ハローワークに行ったら昨日は、出ていなかった求人ですぐに紹介状をもらい翌日、面接に行きその日に合格連絡をもらい11月から働くことになりました。条件も想像以上で驚きでした。おまけに、職場の雰囲気も良くてビックリ。スポーツ選手だとありますよね。ゾーンに入るというか・・宇宙の波動と一体になった瞬間は、アタマの計算から外れます。羽生結弦君は、あの前回のNHK杯で陰陽師の音楽に乗り流れるように滑っていたとき、まるで白龍に乗って泳いでいるようでした。そこにアタマの計算は無かった。ゾーンに入っていました。イチロー選手も、大谷選手も普段は、練習に練習を重ね、本番でゾーンに入ったとき、アタマの計算を超え、奇跡を起こす。その奇跡の一瞬のために練習と努力があるんですけどね。一般ピープルの私たちは、関係ないかというとそうじゃないです。仕事選びも恋人選びもアタマで考えて計算するよりハイヤーセルフ(宇宙・聖霊)に委ねて、直観を信じ自由に動いて努力した方が想定外の道を引き寄せて拓けてくるようです。そこには不安ではなく安心感があります。叶ったから安心ではなく安心しているから叶う。スピリチュアルブログを書いてても、今回は改めて体験しました。オーラソーマの創始者、故ヴィッキー・ウォールも言っています。「神が私の出資者です。」ちょっと仕事が大変なので今までのように毎日記事のアップは出来なくなるかもしれませんが新しい人間関係でまたネタが出てくるかもしれません。(;´∀`)バイト頑張ります!!応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      160
      テーマ:
  • 28 Oct
    • 未来を固定しない

      こんにちは。私の元同僚の話です。私の元同僚は、読む雑誌のこだわりがありました。ヴァンサンカンとかクラッシイは読まない。ましてや、家庭画報なんてとんでもない。理由を聞くと、「だって、そんな服を着たり別荘に住む人生じゃないんだもん。」家庭画報なんて、あんなテーブルセッティングができる別荘には自分は住まないので、見るだけ悲しくなるから読まない。当時の私は、一緒になって相槌を打っていました。「そうだよね~ありえないよね~」今なら、言えます。誰が決めたの?と。「今」は、お金がないかもしれない。でも、未来は分からない。今の自分の環境を基準にして未来はすでに確定しているように自分自身で固定している。「今」はお金ないかもしれない。でも、「未来」は、どこからかは分らないけど、どこからかは入ってくるに違いない。そう、自然に信じている人は、入ってきます。それは、転職して天職になって成功するかもしれないし、お金持ちと結婚するのかもしれないし、実は、どこかに知らない先祖がいて遺産が転がりこんでくるのかもしれない。。。未来なんて分からないんです。例えば、ビートたけしさんは、今や、フランスで勲章をもらうような国際的な文化人ですが、(勲章授与の映像が相変わらず、素敵でしたね~大好き) (^∇^)もし、たけしさんが若いころに自分の未来を勝手に固定して、「俺の未来は、浅草で終わるさ。」と、変わらずにそのまま生きておられたら、世界の北野はいなかったのです。どの時点で、変更されたのかは解りませんが、好きな映画をとことん追求され、天職を自分で手繰り寄せた。そこなんです。自分自身で未来設定しちゃうのはもったいない。でも、「無理だろうな」と思いつつ、引き寄せようとしていると「無理だろうな」が勝つんです。なので、未来を固定しないで「今」「この瞬間」をイキイキと暮らしていく。自然に、「自分の最高の未来はある。」と肯定する。とお~くの未来だと疲れちゃうので、取り合えず、日常の成功体験を積んでみませんか?成功体験を多く積んでいけば最高の未来も否定しないで想像できるようになります。「憧れの彼と楽しく話せる自分になる。」「今」は、憧れの彼の前では緊張して口もきけないけど「未来」は、偶然が重なって、親しくなれたとか、奇跡が起こるかもしれませんよ。「きっと私は、この先も彼とは話せないわ」と固定の設定はしないで未来に柔軟に希望を持ってみませんか。ご存じですか?人は、辛いから自殺するんじゃないらしいです。もっとどん底の環境の人でも自殺しない人もいる。辛い状況の過酷さで死を選ぶんじゃないらしいです。この先もきっといいこと無いだろう・・・この先もきっと辛いままなんだろう・・・。この先の未来に絶望したから死を選ぶ。だから、このブログをお読みの皆様は、決して未来設定を勝手に固定なさらないでください。明日のことなんて自分には分らないのですよ。でも、宇宙や高次元の存在は最高の未来を知ってます。大丈夫。最高に素敵で、最高に幸せな未来を選びませんか?「今」から先は、変えられるらしいですよ。応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      134
      テーマ:
  • 27 Oct
    • 目黒不動尊②・・・実は縁結び

      こんにちは。お越し頂き、ありがとうございます (^^)/今回は、目黒不動尊を二回に分けて書いています。最後です。天台宗 泰叡山 瀧泉寺通称:目黒不動尊都内には、目黒をはじめ五色の「目」がある。目黒・目白・目赤・目青・目黄目黒や目白は全国的に有名だけど実は、他にも色がある。徳川家光が、天海僧正のアドバイスで江戸の天下泰平を祈願し、江戸城の周囲5ヵ所の不動尊をチョイスして、密教の五行説から名付けたという説あり。水(黒)、火(赤)風(白)、空(青)地(黄)から、一番昔から存在している目黒不動尊を最初にして目黒・目赤・目白目青・目黄としたとか。(諸説あり)密教は現代にも生きている。下の写真は男坂。急な階段。下の写真は女坂。ゆるやかな坂。私は、行きは男坂。帰りは女坂で下ります。笑坂を上がりきると大本堂が見えてくる。一気に「気」が開けて眩しくなる。あ、お不動様の「気」だ。階段を上がる。中の写真撮影はNGのため。表だけ。中から、読経のコーラスが聞こえてくる。檀家の皆さんだろうか。ノウマクサンマンダーというあれですよ。成田山では、大合唱するあれですよ。(^◇^)大好き。パーッと邪気が祓われる。御尊顔を拝しながら皆さんの読経の声に身を浸す。。。お経とか、讃美歌とか何百年も語り継がれるものはやはり本物の宇宙のリズムがある。人類の流行歌、だと思う。とこしえに歌い継がれる。そのお寺の檀家じゃなくても教会の信者でなくても神道の神棚がなくても通りすがりでも参加して、プロ(?)のコーラスに身を浸すのは魂が喜ぶ。魂が喜ぶと、エゴも喜ぶ。エゴが喜ぶと・・・ストレスが解消される。良いスパイラルです。身体のためにジムもいいけどたまには、魂やエゴも構ってあげましょう。もうハートがキュン死にしそうなほど好きな観音様。下の写真は意志不動尊。どこかのサラリーマン風の男性が佇んでいた。会社員は、組織の中でほんと大変ですよね~・・・わかる。会社員じゃないけど毎週の定例会見での小池都知事を観ているとここのお不動様を想い出す。・・・なんとなく。ヒラリー女史が言うガラスの天井は、都庁にもある。周囲が敵ばかりの中で意志を通す強さはお不動様を感じる。市川海老蔵さんも、後ろにお不動様がおられるけど、小池さんの後ろもお不動様を感じる。ご実家の宗派なのかな。10年前なら分らないけど今は、全国からエールが小池さんに来る。時代は変化しているんだな・・・だからこそ、都知事の政策を見る都民も厳しい。どこまで腐敗に立ち向かえるのか。国民も都民も見守ってる。目黒不動尊て、実は縁結びのパワスポだったりする。実は、私の元同僚は二人も彼氏が見つかってそのうちの一人は結婚した。ここを紹介した御礼に六本木ヒルズのヤサイヤメイで好きなだけおごってもらいました。\(^o^)/なので、私にとって目黒不動尊は、お不動様というより縁結びのご利益のイメージが強い。愛染明王様は、あちこちにおられますが、目黒の仏様はハンパなく有名です。説明文を読むと面倒なので、私はやったことがないですが本当に彼氏彼女が欲しい方々にとっては、面倒じゃないんですよね。絵馬もいっぱい。恋愛や結婚て実は物凄いエネルギーを必要とする。生きていくエネルギーが乏しいと発するオーラが弱くて異性もゲットできない。今は、絶食男子が巷に多く生息していまして、草食を通り越して「女」を必要としていない男性ばかりの中で、肉食女子は大変だと思う。草食でもいいから、誰かを見つけたい。「念」に走るとコワいですが、仏様に委ねて行動すると、「呪い」に走らないようにある種のブレーキがかかるのだと思う。なぜなら・・・「祈り」と「呪い」は表裏一体だからだ。祈りましょ。呪いは、自分に戻っちゃう。大本堂の裏に大日如来さまがおられるのだが、なにしろ薄暗くてうまく撮影できなかった。お越しの際は、裏にもお詣りくださいね。虚空菩薩さま。延命地蔵尊さま。護衛不動尊さま。厄難消除。方災消除。私はいつも、こちらで祈る。頼れます。仏様。あちこちの仏様にご挨拶したし、さあ、帰ろう。渋谷行きのバスは10分に1本くらいですぐに来ます。目黒にお越しの際は、縁結びから厄除けまでなんでもござれのお不動さまです。ぜひお越しくださいね!応援のポチっを頂けると有難いです・・・ スピリチュアルランキングへ

      134
      テーマ:
  • 26 Oct
    • 目黒不動尊①・・目黒のパワスポ

      こんにちは。お久しぶりに目黒不動尊に伺ってきました。大好きなお不動様です。いっぱい遊べる(?)ので楽しいですよ。(^◇^)天台宗泰叡山護國院 瀧泉寺東京都目黒区下目黒3丁目20番地26号通称:目黒不動尊滋覚大師により西暦808年に開創。昔々、滋覚大師が比叡山へ向かうとき、目黒で宿を取ったときに、お不動様が夢の中に現れた。「おお、お不動様ではないですか!」・・・で、お不動様の像を彫って安置したのが、目黒不動尊の始まり。後に(860年)、清和天皇より、「泰叡」の勅額を賜わり、山号を「泰叡山」としたとか。アクセスは色々あるけれど、私は、目黒から徒歩ではなく便宜上、渋谷からバスで向かうことにしました。(約30分)副都心線渋谷駅を地上に出て、ヒカリエ前の停留所。五反田行きに乗り、目黒不動尊前にて下車。渋谷はいま大規模再開発中。どうやら、駅前に六本木ヒルズ森タワーと同じくらいの超高層ビルが建つらしい。うーん・・・(--〆)渋谷だけは、ビル風が来ない歩きやすい街だったんだけどな。時代ですな・・・目黒不動尊に到着。バス停の目の前なので私はバスが便利だと思う。目黒駅から歩くと、坂が多いしけっこう分かり辛い住宅街にどーんとありますので、面倒だった印象があります。上の写真は仁王門。下の写真は、狛犬さんたち。伏見稲荷様もおられます。でも、お寺にあるせいか京都とは御神気が違う・・・豊川稲荷様もおられる。これがまた、赤坂とは違う。元の愛知県の豊川様を存じ上げないのでこちらがほんとなのかな。でも、庶民的で閉鎖感は全くないお稲荷様。目黒の地で愛されているんだろうな。赤い鳥居の向こうにおられる。境内に入る前にちょっと和風庭園が見えたら豊川様と三福神。バス停の後ろ(?)横(?)にあるので、バスに乗る前に金運アップがお願いできます。境内へ。地蔵堂へ。扉が少し開いているので、ご尊顔を拝することができる。(写真ありません・・・)温和なお地蔵様。疲れている心に暖かい「何か」を注いでくださる。観音堂。聖観音・千手観音・十一面観音を祀る(写真なくてすみません)江戸三十三観音霊場の結願札所こちらも扉が少し開いていてご尊顔を拝する。私は、観音様が大好きで観音様がおられる仏閣にはワクワク伺っている。こちらの観音堂の観音様も心が震える。初めてお伺いしたとき、幸運なことに戸が全開になっていたので間近で拝した。当時の私は、ストーカー被害に疲れ果てていて、警察沙汰までになっていた。アパートのドアののぞき穴が壊されずっとのぞき見されていて同僚の男性と立ち話している姿を見られたときには、「お前を殺してやる。俺のものにならない限り。」という、訳わからない脅迫文がポストに入っていた。。。・・・知らない男性である。今なら、そんなよく知らない女に執着するような妄想男性に付き纏われるという私の中の「黒い部分」を癒さなきゃ、と解るが、当時は疲れ果てていた。観音様の前で泣いていた。どうして、変な男が寄ってくるの?(ノД`)・゜・。そのとき、ハートに声にならない聴こえない声が優しく響いた。必死に現代日本語に訳す。『自分の心に聞きなさい。』・・・???私が解らないから聞いているのに・・・当時の私は、それが解らなかった。相手の男が悪いと思っていた。警察でもそう言われたし。しかし、今ならわかる。神仏のメッセージは、そのときは解らなくてもいつか、それが真実だったことがわかる。その男性からすると、自分と同じ何かを私に感じたから、執着と嫉妬で、どうしても手に入れたかったのだ。「おひとりさま」 は必ず注意してほしいと思います。一人暮らしの方は特に。自分の身は自分で守る。具体的な防犯も必要。警察も、周囲の協力も必要。そして、何よりも自分の内面を癒してあげる。だいぶ成長しました。(^◇^)今回は、だいぶ成長しましたよ。と、観音様にご報告。この日は、戸が少ししか開いていなかったので、戸超しにご挨拶した。あ、14時からの読経に参加すればお会いできますよ。辛いとき、あの両側にいっぱいに広げられた千手で助けて下さるような気がした。下の写真は阿弥陀堂。戸が少し開いているので、戸に寄って御尊顔を拝する。(写真ないです・・・)しばらくお顔を見つめながら、色々とお話しする。こちらの阿弥陀様は、女性性の高い仏様だ。なぜか母性を感じる。境内の左側に独鈷の滝がある。独鈷(とっこ)って、御大師が持っておられる。泡だて器みたいなやつ(失礼)こちらには「水かけ不動明王」がある。柄杓に水を汲んで、佇んでこちらを睨んでおられるお不動様に願いを込めて水をかける・・というかぶっかける。最初は申し訳ない気がするがそのうちに楽しくなって何回もぶっかけちゃう。(^▽^;)「その程度なのか!お前の決意は!!」と、いつも怒られている気がする。叶えてみせる!この手に引き寄せてみせる!と腹くくりして、水をぶっかけると「よし・・・わかった。」という、聴こえない笑いがハートに届く。ここだけの話ですが、私はあるプライベートなお願いが叶いました。・・・だからご利益あります。ぜひお越しください。(^^)/では、お不動様のところへお伺いいたします。。。応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      125
      テーマ:
  • 25 Oct
    • おひとりさまとブライダルシーズン

      こんにちは。秋って、ブライダルシーズンとして知られていますね。日本は、気候が安定している(台風は別として)秋に結婚式を行うカップルが多いようです。結婚願望が強いのに、なかなかご縁が見つからない。そういう方にとっては、幸せな結婚式風景が辛かったりします。そうですよね。解ります。私の友人のA子が「タカコはほんとに結婚する気が無いの?」と言いました。私は、男性と一緒に住むというということを想像しただけで鳥肌が立つという今回の人生で解除する課題があるので、生活を楽しみたいから「おひとりさま」を堪能している方々の気持ちも分からないではないですがやっぱり結婚はしたほうがいいですよ~子供も産めるうちに産んどいたほうがいいですよ~(私は年齢でもうとっくに諦めました)これは、現在私本人が本当に時間をかけて幼いころの虐待のトラウマを癒すため、ゆっくり潜在意識に達するまで向き合っております。なので、結婚が決まった友人には心から祝福してます。ほんとです・・・(^◇^)結婚を望む方々には心から佳きご縁を祈ります。(^人^)しかし、結婚したくてもなかなかご縁が見つからないいうのは辛いですよね。他人が幸せになっている姿を見て、心から祝福できるなら、こんなに辛くない。どうして、私ばかり・・・そうですよね。解ります。でもでも・・・この宇宙には他人はいないんです。なので、周囲に結婚ラッシュが起きているとき、その流れが近づいているとも言えるのです。自分もその波動に近いから、周囲に慶び事が起きている。彼氏がいない女子は、どうしてもシングル女子ばかりで女子会を開きがちですが、恋バナ満載の恋多き女子と、楽しくご飯を食べると恋している幸せな感覚を学べます。引き寄せの法則は、「念」や「執着」 で引き寄せるより、愛する男性と共に暮らしているリアルな体感のほうがより実現が早くなります。引き寄せって努力したり頑張る話じゃないそうですよ。(;・∀・)「絶対に結婚してやる・・・」という 「念」 は滲み出ちゃうので、ほぼほぼ呪い状態になり逆効果になりかねません。自分は恋人がいて当然だ、と心底思って疑わない人は恋に困らないんです。なぜか出会っちゃう。なぜか好きになっちゃう。そうです。恋多き人に学びましょ。\(^o^)/転んでもいいから、恋は場数を踏むといいですよ。そのうち転び方が、うまくなって怪我が軽くなります。好きな人の隣に座っている安心感。デートする前のドキドキ感。目を合わせたときのトキメキ、手を握ったときの幸福感。映画を観たり、友人の恋バナを聞いたりして自分を重ねあわせましょ。この世に他人はいないので、幸せな恋バナを話している友人は、自分の将来でもあるのです。え?おひとりさまのお前に言われたくない?そりゃあ、そうですよね。笑今日の記事は、恋愛・結婚したい方向けに書きました。(^^)/ブライダルシーズンは、幸せそうなカップルにHAPPYオーラのおすそ分けを貰いに行きましょう!誰かを心から祝福していると、誰かに心から祝福してもらえるHAPPYな世界が展開される未来が来ます。宇宙は自分で選択できます。ほんとですよ。(^_-)-☆応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      126
      テーマ:
  • 24 Oct
    • エゴをかまってあげる

      こんにちは。スピリチュアルにハマってくると宇宙意識とか高次元の存在との交流とか、ずっと遠くの存在に近づくために自分を高めていかれる方々が多いですよね。それはそれで素晴らしいんですが、グラウンディングが弱くなって現実の感覚から剥離される方も見受けられます。寝ることも食べることも後回しにして、チャネリングを続けているとどうなるか。。。生きている感覚が鈍くなってしまいます。霊とか生霊には敏感なのに家族や仕事関係の人々の感情には疎くなってしまい・・・変わってる人・・・と、周囲も戸惑います。現実の世界からワープしちゃうときはとにかくエゴを構ってあげたほうがいいそうです。エゴは五感を支えています。スピリチュアルにハマるとエゴは悪いものだと想いがちです。でも、とても大切なものです。エゴがないと、生身の人間としての楽しみが何一つ味わえなくなります。幽体離脱が得意になっても、オーラが視えるようになっても、視えない存在に悩まされて病んでしまっては元も子もありませんよね。エゴは大切。正体不明の感情の凹みは、エゴが満たされていないという原因が多いそうです。エゴは大切。美味しいものを食べる。好きな人とハグする。握手する。気持ちいい音楽を聴く。感動する景色を見る。楽しい映画やテレビを観て思いっきり笑う。感動する本を読んで思いっきり泣く。肌ざわりのいい服を着る。癒される香を嗅ぐ。・・・etc感覚や感情が凹んだら、エゴを楽しませてあげましょう。エゴに必要なのは愛なんだそうです。自分を思いっきり、緩ませて楽しませて、抱きしめて愛してあげましょう。たまには自分を甘やかしましょう。(・・たまにですよ)いつも自分を叱咤激励して「どーして、あたしはいつも、こーなのよ。怒」と、自分を責めてばかりいると心のガソリンが切れます・・・心がガス欠になるとプチ鬱状態になって全てが面倒になります。そりゃあ、そうです。自分を自分で虐めて、疲弊することはあっても元気になることはほぼほぼありません。(by経験者)エゴが満足すると、やっと生体エネルギーが補充されます。明日から頑張ることができます。今を生きている私たち。視えない世界に耽溺せずまずは現実の世界で、愛する人たちと共に楽しみましょう。スピリチュアルは、それからです。\(^o^)/三次元を楽しみましょう!応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      131
      テーマ:
  • 23 Oct
    • 御祭ですよ♪

      こんにちは。10月です。神嘗祭の季節です。あのハロウィーンもそろそろやってきます。東京でも騒いでる一部の街角(?)が有名です。あれはMade in JapanのHalloweenでして、キリスト教徒の街で盛大に行われる御祭とはちと雰囲気が違います。10月といえば、神嘗祭と神在月ですよ!かんなめさい、って何?と言われる日本人が多く寂しい限りですが、収穫祭でもあります。五穀豊穣をアマテラスに感謝する御祭で伊勢神宮では、10月17日に行われます。(終わっちゃいましたが)そういう意味では、ハロウィーンも収穫祭の意味がありますので神嘗祭とハロウィーンは同じ御祭でもあります。・・・寂しい・・・(T_T)ハロウィーンのほうが有名になっちゃった・・・私は、六本木通りで仕事帰りに三人のゾンビに追っかけられてマツキヨまで逃げた記憶があるので、ハロウィーンには、良い想い出はありません。(--〆)10月の出雲では神在月でもあります。旧暦の10月は、グレゴリオ暦に直すと2016年は10月31日~11月28日ですね。この期間は、神在月といい出雲に神が大集合します。新暦の10月くらいから、旧暦の10月くらいまで出雲が華やかになります。宿も取れにくくなり、観光客で賑わいます。神々の定例会議です。都議会より、開催回数が少なくても決定事項が速やかに採択されているようです。ハロウィーンで、仮装パレードすることで日ごろの鬱憤を晴らすのはそれはそれで楽しいしガス抜きは、若者たちに必要な騒ぎではありますが、たまには、神嘗祭や神在月のことも想い出してくださいね。実際、神事が行われている神社では、視えない存在たちがワイワイしているので、お願いも聞き届けられることが多いと聞きます。御祭でのご利益ですね。その地域全体の波動というか、ワクワク感が上がるので、楽しいときに祈るのはよりスムーズに潜在意識に入り、宇宙に届きます。祈りって、楽しくワクワクして叶ったときの感謝の気持ちを抱くほうが届くんです。反対に、眉間にシワが寄るほど「念」を込めて懸命に祈ってても「叶ってない自分」を訴えているので叶うまでが遠くなります・・・収穫祭ですしね。今年もまた、収穫があったことを感謝しましょう。作物が無事に収穫されるのは有難いですね。(^人^)この秋は天候不順でしたので、野菜も値が高くなってますが、農家の皆さまのおかげで美味しく頂けております。本当にありがとうございます。秋まつりも多くなりますね。ぜひとも、神事へのご参加をおススメします!遠くの神より近くの神ですよ~~応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      91
      テーマ:
  • 20 Oct
    • 生根神社・・・淀殿の崇敬社

      こんにちは。アメブロで知り合った雅さんの案内で、ここは重要というお宮へ。生根神社(いくねじんじゃ)大阪市住吉区住吉2-3-15御祭神少彦名命※大海神社の境内から徒歩3分。住吉大社の摂社かなと思うほどのご近所です。しかし、境内に入って驚く。ああ!!出雲系だ!出雲独特の御神気だわ!出雲系の包容力がある。ほう~?住吉さまを廻ってきてここまで来てあ、知ってるわ!という御神気。(^◇^)出雲とか氷川とか、大國魂神社とか、出雲族が造るとこういう御神気になる。住吉大社とは全く違う感覚を受ける。神社ツウでなくてもあれ?あそことは違うよね~ここ。という感じだ。創建当時は階段の下まで海だったそうな。船で乗りつけることができた。住吉大社も、海に向かってお宮がL字型に並んでいるのだが、こんな近距離なのに、お宮同士で揉めた記録がない。キリスト教なら、宗派や部族が違う教会が徒歩5分以内だったら教区で揉めただろう。日本らしいな。鳥居まで海だったのね。。この神社は、「奥の天神」として信仰を集めている。天神様か?うーん・・・天神様プラス何かだと思う。一柱だけではない。あと二~三柱の存在を感じるんだけどな。暗くないから、地元に愛されて大切にされてきたのだろう。ご利益があるんでしょうね。拝殿の横を通り写真を撮る。奥に向かって、どんどん御神気が強くなる。ここのパワスポは正面ではなくて裏ですね。凄い「気」がいい「木」がある。雅さんと私が裏へ到着したとき風がザーッと吹いて木の上がザワザワ揺れた。周囲は無風なのに。雅さんは、ここが一番好きなのだという。わかる。時計回りに何かがゆっくりと渦巻いているのがわかる。ますますお健やかで、と「木」に祈る。下の写真は、龍玉社。龍さんですか・・・って、マジですか!!!この狛犬さんは!!小柄だとかそういうことじゃなくて。笑う。可愛過ぎる。。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハッなんでこんなに小さいの?雅さんも、判らないという。しかし、しっかり存在感がある。お社の大きさと神の大きさは比例しないというが、狛犬さんもそうだったのか。小さいけど、存在感・・・参道の右にある御神木。でも、裏の木のほうが迫力があったのはなぜだろう?生根神社は、かつて平安時代の延喜式神名帳に、官幣大社として記載があるという由緒ある神社だ。創建年代が不詳。住吉大社より古いと言われている。ああ、かつての出雲族がやってきて少彦名を祀ったんだろうな。豊臣の時代に、淀殿の崇敬社として、片桐且元が現在の本殿を寄進している。(公式HPより)かつて淀殿は、大阪城からこの神社へ信仰の想いを向けていた。本殿は、重要美術品となっている。冬の陣・夏の陣など大阪城が戦火に巻き込まれたときもお宮は無事だった。これからも、この古き良きお宮の面影が残っていってほしい。人間の寿命なんてたかが知れている。淀殿だって、21世紀にデジカメを持って江戸からやってきた私みたいなきゃあ~出雲だわ!とテンション高く笑っている参拝者を大勢、リアルタイムで見ることができたら、豊臣の権力に対する執着に変化があったかもしれない。「権力は、儚いものじゃ。」そう、時代は変わっていくのだ。数百年後、神仏は人工知能に取って代わるのか、それとも、初詣や七五三、大祭は残るのか。。。ふと、視線を感じてパチリ。昔から、おられる光の玉かな。見送ってくれているようなそんな、気がした。また、最後に住吉大社の境内に戻ることとする。素敵な神社でした。。。住吉大社に詣でた観光客は是非こちらにも参拝して頂きたいな、と心から思ったお宮でした。応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      113
      1
      テーマ:
  • 13 Oct
    • 子供のテレパシーのこと

      季節の変わり目ですね。皆様は体調は大丈夫ですか?寒暖差が大きいのでお気をつけくださいね。今日は、子供のテレパシーの話です。私の両親が離婚したのは私が小学校に上がるかその前か微妙なときでした。父は既に家を出ていたので、ハンコを押したのはいつなのか知りません。母は、いつも愚痴っていました。母は、世界で一番自分が不幸だと信じて疑わずいつも嘆いていました。どうしてあんな男と結婚したのだろう。どうやって、二人の娘を抱えて生きていけばいいのだろう。一体、私のどこが悪いというの?祖母へ電話をかけながらずーっと毎日怒っていました。当時、小学1年生だった私は、そんな母を見てこう思ったものです。「かわいそうな人・・・」今でも憶えています。だから私は、小学生を見ても話しをしても「どうせ子供だし。」 とは決して思いません。大人になった私たちは忘れがちですが、子供は恐ろしいほど、冷静に大人や親を見ています。そして親に気を遣っています。こうしたら、親は喜ぶだろう。こう言ったら、親は安心するだろう。こうやったら、親は怒るだろう。複雑な家庭であればあるほど冷静に親を見ています。親の愛情に絶望すると、子供は諦めて、自分が 親の「親」 になろうとします。つまり子供で居続けることを自ら放棄するのです。自ら、大人になって親の面倒をみようとします。生きていくためです。心理学では、こういう子供をアダルトチルドレンといいます。私の母方の実家はとても気位の高い家なので、離婚した母は、祖父母や兄弟たちに家の「恥」という烙印を押され、恥ずかしくて実家に帰れない状況でした。愛情いっぱいに子供を育てるということを知らない。これは、代々家系で受け継いできたのでしょう。自分が愛されて育っていないから、娘たちを、どうやって愛していいのか分からなかったのです。だから、小1の私でさえ「かわいそうな人・・・」と母を憐れんで見ていました。「私」が「親」をかわいそう、と思っていたのです。母の心の状態母の体調母の苦しみ・痛み手に取るように解っていたのです。まだ子供なのに・・・大人になってスピリチュアルを学んだ今とてもよく解ります。子供が、親にテレパシーを送っていて親の心の状態をキャッチしているのです。親が子供の心を察することで、子の気持ちがわからない・・・それで悩む親たちも多い。でも、子供側は容易にそれが出来ます。子供が親を察しているのです。(特に思春期前位まで)実は、子供のほうが一枚も二枚も上手です。子供のテレパシーは、たぶん子宮の中にいるときから親の感情をキャッチしているので、慣れているのだと思います。そして思春期を過ぎて自我が確立してくるとだんだんテレパシーや不思議な力を失っていきます。ここで親の愛情が得られないと絶望して、外に愛情を求めるか逆に家から一歩も外に出られなくなります。外の世界に出て行くエネルギーが枯渇しているので引きこもってしまい、自分の内側の妄想の世界から出てきません。そして、親への憎しみが倍増していきます。私は、愛情とは無縁の半生を選択して生まれてきたようで、小1のときに、「私は一生、結婚しない。」と決意したのをいまだに貫いているのですが、自分が親にならなかった分、子供の頃のテレパシーをリアルに想い出します。私は学校に上がる前に小児喘息を発症し、いつも病気がちでした。病気になってまで、母から、構ってもらいたかったのでしょう。子供って、健気ですね。そうまでして、親から愛してもらいたいのです。母が子供への愛し方が分からずに戸惑って子育てをしているのを解っていたのです。病気になれば否が応でも、構わざるを得ない。だから無意識の部分で病気になったのでしょう。逆に言うと無意識の部分の肯定で病やアレルギーが完治することも可能性があるということですね・・・でも大人になると忘れてしまう・・・親が子供の心を察する以上に子供は親の事情を察しているのです。だからこそ、子供を理性で 「理解」 しようとするのではなく、ただただ、子供に寄り添ってあげる。親だけは味方なのだと安心させてあげる。それは、片親だからとか、共働きだから時間が少ない、とか単身赴任中で子供に会えないとか一緒にいる時間の長さではなくて時間の濃さが子供の心に沁みるのではないかと。私の母は、育児放棄していましたがそれでも母との、あるひとつの想い出を大人になった今でも唯一の母との想い出として生きています。虐待されていても子供は親のことを恨み切れないのですね。子供は親との、ひとつの濃い想い出だけで、その後の人生の荒波を乗り越えることができます。自分は子供として生きていていいのだ。その確信だけでそれだけで、子供は満たされます。本当に子供が必要としているのは過干渉や放任ではなくただ自分を信じて見守っていて欲しいという承認欲求なのです。ただ抱きしめてほしいという肌感覚の欲求なのです。もしかしたら、立派な子育てなんてないのかもしれない。親が子供に育ててもらって大人になって、親に育っていくのかもしれませんね。それが腑に落ちると子供側からの、親への憎しみも消えていくような気がします。親は親なりに手探りなんだなあ、と。。。ふと想い出したので、書いてみました。長文お読み頂き、ありがとうございました。応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      144
      テーマ:
  • 11 Oct
    • 伊勢神宮Ⅱ内宮④・・御神楽奉納ほか

      こんにちは。伊勢神宮Ⅱ内宮をシリーズで書いています。最後になりました。荒祭宮で、荒御魂さまに祈ったあとに道なりに進むと、神楽殿の左側に出る。そこまででも神々がおられる。写真が無くて申し訳ありません・・・これが去年も撮り忘れてます。(・・・2年連続で失念)言い訳すると、御神楽でアタマがいっぱいで二拝二柏手一拝してすぐに立ち去ってしまうからだ。ブログを書くようになって写真の撮り忘れは本当に後悔するようになった。・・・神楽殿の近く、五丈殿の隣にひっそりと鎮座されている二柱の神々。由貴御倉神(ゆきのみくらのかみ)穀物の神。御酒殿神(みさかどののかみ)御酒の神。あと、写真を撮り忘れましたが、紙垂が下がった紐(?)で四角を覆われた小さな一角があります。四至神(みやのめぐりのかみ)聖域の結界を張っている神。外宮より目立たないかも。ここで祈っている人はかなりのツウです。何年か前は外宮の遙拝所のように手かざしをしている人々を見て仰天したが、今年は誰もそんなことをしていなかった。みなさん、ツウが増えていますね。(^_-)-☆神楽殿に到着💛神楽殿。御神楽を奉納する。御祈祷より、玉串料がかかるので一人暮らしの身には痛いが、本当に 「神」 に個人の想いが届くという感覚が味わえる。俗な話ですが・・・1万5千円~です。5万円以上だと、乙女舞だけでなく人長舞が増えます。要は、上演時間が増えます。私は、最低金額のお納めですが、舞が巫女舞だけだったとしても伊勢神宮で観る神楽は最高の娯楽であり、「神」に捧げる歌や舞は自分の魂も喜ぶのがわかる。撮影NGなので、巫女さんの無料画像を全く関係ないところで借りてきました。内宮の神楽殿では、中央で四名の巫女が舞う乙女舞を堪能できる。両脇に雅楽の演奏者が四名・四名で計八名。雅楽の演奏をナマで聴くと、けっこうなボリュームと迫力で、ハートチャクラにずーんと響く。そして、神職が一組一組、それぞれの名前と願い事(心願成就とか、病気平癒とか)を、神の前で読み上げて全員で、そのたびに拝してくれる。すごいひとときです。時々、凄いエネルギーが左廻りに渦を巻くのを毎年感じる。(時計と反対回り)あれは、なんでしょうね・・いくつかの光の塊のように感じる。何かが渦巻いたあとにこちら側へ向かってバーっと覆います。お隣のおじさまが「至福感てこういうのを言うんだね。」と家族に仰ってましたが、ああ、その通りだ。と深く納得。なぜ、毎年誕生日に御神楽奉納にここまで来るのか。それは、神恩感謝というものもあるけれど、この数年、御神楽を奉納するたびに人生が劇的に変わっているからです。それも良い方向に・・・ほんとです。御神楽は家族連れだったり、会社の団体だったり、個人でもOK.最後には、奉納者全員で正面の「神」に向かって二拝二柏手一拝を行う。帰るときに、素焼きの杯に御神酒(おみき)を注いで頂き、一口ちょうだいする。(その杯は頂ける)木製の祈祷札とか、御饌(みけ・供物のこと)の御下がりとか御神酒とかが、ぎっしり入った紙袋を頂く。どうみても結婚式の引き出物風。でもこの紙袋が嬉しかったりする。(*^▽^*)神楽殿を写す。左側にうっすらと光の玉が写った。御神楽は本当に御奨めです。おひとりさま、でももちろん楽しく堪能できる。神嘗祭の御神楽演奏は伊勢神宮の公式HPに「神宮の音色」という無料で聴けるページがある。通常の御神楽演奏ではないが、雰囲気がとても伝わるし想い出がよみがえってくる。このページでは、五十鈴川のせせらぎや玉砂利の音などが聴けて伊勢ファンにはたまらない企画です。♪♪♪帰る前に、再度御正宮へ伺う。ああ、またしばらく会えないなあ。遠距離愛と似ている。お別れのご挨拶。またお伺いできますようにご加護をお願いする。朝7時ころに比べて混んできた。さあ、行こう。参道の樹々。休憩所でお茶を頂きながら一休みして帰ることにする。鶏。なんか、この写真じゃ白い塊にしか見えないな。笑帰り道の進行方向から見て宇治橋の鳥居の右にある道を入り坂を少し上がると大山祇神社(おおやまつみじんじゃ)子安神社(こやすじんじゃ)が鎮座されている。ここがですね。知られていないというか、最後に面倒だからスルーされちゃうのかいつも空いている。。。手水も雰囲気ある。ぜひ、お詣りされてください。大山祇神社(写真奥)は、神路山の守護神。子安神社(写真手前)は、子授け・安産の神様。ひっそりと鎮座されていますが、御神気は、全くひっそりしてません。朝、宇治橋を6時に渡りここを出たのが、11時過ぎだという。。おかげ横丁でランチして\(^o^)/さあ、別宮や斎宮歴史博物館などへお伺いしましょう。内宮だけで、四回も書きましたが足りないくらいでした。(*^▽^*)みなさまが参宮される際にお役に立てれば光栄です。ありがとうございました。応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      138
      1
      テーマ:
  • 10 Oct
    • 伊勢神宮Ⅱ内宮③・・荒祭宮

      こんにちは。伊勢神宮Ⅱの内宮をシリーズでお届けしています。申し訳ありません。とても一回で書き切れません。。前記事までで、五十鈴川~瀧祭神風日祈宮~御正宮と廻ってきた。そして、次は荒祭宮へ向かう。道なりに歩いていくと階段があるので下りる。中段に、「踏まずの石」と言われる石がある。踏まないに越したことない、という有名な謎の石。それがこの石。中央の三角形ぽい石。階段を下り切ると、荒祭宮が見えてくる。そして、また階段を上がる。。。大和朝廷は、当時バリアフリーは考慮してなかった。。。内宮 別宮荒祭宮(あらまつりのみや)御祭神天照大御神荒御魂(あまてらすおおみかみのあらみたま)ここです。内宮で、思いっきり個人のお願いを訴えてもOKなお宮は。内宮には、他にも別宮(べつぐう)があるのだが、ここは文字通り別格。御正宮に次ぐ規模のお宮であり大祭や式年遷宮も御正宮に準じて執り行われる。ここには、天照大御神の荒魂が祀られている。神道には、一霊四魂(いちれいしこん)という、言葉がある。一霊とは直霊 (ちょくれい、ではなくなおひ、と読みます。)が、四つの魂を持ち四つの働きをするのが「神」だと考える。「神」は和御魂(にぎみたま)平和でおだやかな魂荒御魂(あらみたま)荒々しく猛々しい魂幸御魂(さきみたま)幸いをもたらす魂奇御魂(くしみたま)奇跡を起こす魂以上、四つの魂をワンセットにして一霊の直霊がコントロールしている。というのが神道の「神」の概念である。キリスト教では三位一体といって、父と子と聖霊の三つで「神」という。子は、私たち人間ではなくイエス・キリストのこと。つまり神の子のことである。神道では、四つの魂がそれぞれ祀られている場合は、その魂に特化した働きがあると考える。四魂を分けて祀るというのは、それだけ大きな神であるという証拠でもある。伊勢神宮の御正宮は内宮・外宮ともに和御魂を祀る。こちらの「神」へ祈ることが出来るのは天皇陛下だ。日本国土と国民を守りたまえ、とこしえに豊かで健やかで・・という、祈りのエネルギーで覆われている。皇居から伊勢に向かって陛下は私たちのために低頭で祈られているのだ。これをアマテラスは伊勢でず~っと聴いているのである。なので、私たちは、個人的な祈りを荒御魂のお宮で祈る。荒ぶる神、というと怖そうだが行動力のある魂だからこそ私たちの願いをどーんと受け止めてくださるのだ。左側のほうが御神気が強い。祈る場所としておススメです。時間があれば、左側の柵越しにゆっくり意識を向けてみてください。ここの女神様は、歴史ミステリーだとあの瀬織津姫ではないかともいわれるが、どうだろう?女神だとは思う。そして、荒ぶるどころかとっても優しい。面倒見よく慈悲深い。瀬織津姫は、縄文時代から信仰されてきた水の女神とされるのだが、御神気が、確かに「水」関連の女神さまたちに似ているのだ。弁財天とか宗像三女神とか。都市伝説は伊勢神宮にもある・・・この女神さまには縁結びをお願いできますよ。たぶん、東京大神宮の御神気は、ここの荒祭宮の御神気。ここの女神様は、オールマイティなので、なんでもお願いしてOK。出世・昇給・合格・結婚安産・病気平癒・・etc他人を貶めたり呪わなければ、何でも聞いてもらえる。なので、いつも混んでます。(^◇^)次の式年遷宮に引っ越す予定地。伊勢神宮では20年に一度全てのものを建て替える。別に飽きたから、とかでなく御奉賛金が貯まったから、とかでもなく古くなっちゃったし、とかあ、これはあるか・・一番大きな理由は、日本の神様は、「常若(とこわか)」なのだ。いつも若々しくて瑞々しい。ああ、若いほうがいいんですね。わかります。・・・全く違います。瑞々しいのが伊勢の神の姿。とこしえに若々しいのである。伊勢神宮のお宮は、唯一神明造(ゆいいつしんめいつくり)といわれる。見た目新築でも、私たちは、1000年前の建物を今に見ているのである。別宮など、近くに寄れるのだが、時々タイムスリップのような感覚がある。当時の大和朝廷の人々や国民たちと同じ場所で同じ建築を見ているのだ。これからもとこしえに・・・ああ、時間になりました。御神楽を奉納に参ります。応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      118
      1
      テーマ:
  • 09 Oct
    • 伊勢神宮Ⅱ内宮②・・御正宮ほか

      こんにちは。数あるブログの中からようこそ、お越し頂きました。ありがとうございます。前記事では、私の巡り方で申し訳ないが、五十鈴川~瀧祭神~風日祈宮まで書いた。風日祈宮橋を渡って戻り、向こうに見える授与所へ。ここで、朝一番早い御神楽を申し込む。時間があったので、神職の方に「先へお詣りされてはどうでしょう?」と言われる。そうですね。(^◇^)では、御正宮へ。更に歩く。そうすると、ああ見えてくる。御正宮だ。💛写真撮影は、ここまで。最近は、外国人観光客が御幌(みとばり)前で写真を撮っていて警備員に注意されているのを見かける。・・・そうねえ。ここが聖域という感覚が分からないかも。伊勢神宮は、世界遺産になれないという。20年に一度建て替えてしまうからだ。でも富士山のように信仰の場としての世界遺産になることは私は反対する。熊野古道の現在を見ると・・・階段の中ほどで気が付く。なだらかな滝(?)のようにふわーっと、御神気が上から降りてきている。手すりがない階段なので、上がるときは一生懸命で下を向いているけれど、中段あたりからいよいよだあ~見えてきたあ~と、感慨無量で嬉しくなったことはありませんか?それは、御神気をキャッチしているのです。ほら、誰かも言っていましたよね。「考えるな。感じろ。」と。あれです。御正宮へ上がった途端、パーッと風が吹いて御幌(みとばり)という幕がこちら側へ大きく上がる。思わず泣く・・・外宮では、上がらなかったからだ。どうしでだろう?毎年上がるのに・・・そして宿で大反省。m(_)m別に、幕に会いにいくためにここまで来たんじゃない。上がろうが上がるまいか、そんなことはどうだっていいのだ。第一何のために?ブログで自慢でもしたかったのか。これは見栄と執着だ。そう、どうでもいいや。会いたいから来たんだもん。そして、内宮御正宮へ。・・・上がった。お見通しだな。全部。内宮 御正宮(皇大神宮)御祭神天照大御神御神体八咫鏡(やたのかがみ)皇室の先祖であり、日本の総氏神。三種の神器である八咫鏡を御神体として祀る。別に、鏡自体が神なのではなく、この鏡に神が宿られている。岩とかもそう。岩が神なのではなく岩に神がおわします、のである。御正宮では、御垣(垣根のこと)の中を、覗いておられる方が多いのだが、スーツなどドレスコードさえ守れば当日申し込みして、御垣内参拝ができる。(去年、記事をアップさせて頂きました。)御神気というものはこういうことをいうのだ。という、衝撃的な体験でした。それからというもの、御神気をキャッチする感覚が研ぎ澄まされたと思う。霊感が鋭敏な方なら、もっと磨かれますよ。さらに言うと、去年より御神気がバージョンアップしてる~((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルこれは伊勢に限らない。どこの聖地も御神気の「圧」がアップしているのだ。日本は、神々総動員でバージョンアップしようとしているのか・・・古来からのエネルギー体。黒いものが炙り出されて光が当たるようになってきた日本。台風や地震や火山噴火など変わるときには痛みを伴う・・のか。伊勢志摩サミットでも不思議でしたよね。それまで雨が降っていたのに、各国の首脳陣が到着した途端、ぴかーんと晴れた・・・。安倍さんのどや顔を想い出します。笑さあ、そろそろ行きますか。。ああ、有名な「木」がある。。。痛々しい状態になっている有名な「木」。誰かがパワーがあるとか言い出して、抱きつかれたり根っこが踏まれたり、皆で触るから、幹がツルツルになっちゃって、「木」自体が、うんざりしている感が満載だったのだが、今年お伺いしたときは誰も抱き着いてなかった。素晴らしい、!!!これは、超有名ブロガーの桜井識子さんをはじめスピ系ブロガー達の「木に触らないでね。」という記事が多くキャンペーンのようだったのだが、これが、実を結んできたのかもしれないな。キャンペーンは続けますよ。境内の御神木や、その他はそっとしておいてください。お願いします。痛みます。「これからも、お健やかで」とアタマを下げるくらいでもパワーは頂けますよ。(^^)/下の写真は、ただの建物ではありません。神様です。内宮 所管社 御稲御倉(みしねのみくら)大切な大切な稲を保管しておくための倉の神様。この前で祈っている人がいたらツウです。下の写真は、下幣殿。(げへいでん)神様じゃありません。宝物を入れていたそう。しかし、どれが神様で倉庫なのかよく解らないですよね。笑だからこそ、知れば知るほど面白い。リピーターが多いのも分かる。去年より今年と、どんどん知らなかったことが解って面白くなっていくのである。さあ、いよいよ最強の女神の荒魂にお会いしに行きましょう!応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      127
      1
      テーマ:
  • 08 Oct
    • 伊勢神宮Ⅱ内宮①・・五十鈴川・風日祈宮ほか

      こんにちは。先日、伊勢に行きました。今回は、内宮の記事を書きます。去年、すでに書いているので、伊勢神宮Ⅱということで。笑9月はず~っと長雨で、雨参拝を覚悟してきたが、お蔭さまで当日は薄曇り。雨降らないでね。(-""-;)という、ほぼ呪いと念が秋雨前線に伝わったかな。笑下の写真は、朝6時の内宮前。正式名称 神宮通称    伊勢神宮皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)のほか別宮が14ヵ所摂社が43ヵ所末社が24ヵ所所管社が42ヵ所合計  125社この125社全てで神宮と呼ぶ。伊勢神宮全体の広さは東京の世田谷区とほぼ同じ。広大な聖域を持つ日本の総氏神である。宇治橋を渡る。(内宮は右側通行)ああ、朝靄にけむる五十鈴川だ!嬉しい!涙が出てきた。くぐってきた鳥居をパチリ。ここには、私しかいない・・川面が鏡のように澄み切って靄が無いところと靄がかかっているところが天界と俗界を分けているようにも見える。神々しくて泣けてきた。昨夜、雨が降っていたようでしっとりと参道が濡れていた。空気が澄んでいる。伊勢神宮って、年間1000万人という凄い人数が参宮し、あらゆる邪気を人間が落としていっても翌朝には、サーッと祓われて元の聖域に戻る。これは禁足地が広大な神宮ならではの御神気の力。古代からの浄化エネルギーがいまだ生きている。透明な「何か」がぎっしりと存在していて参拝者を見ている。ああ、眷属のみなさんだ。外宮よりも優しい。そうなんですよ。外宮のほうが厳しい。外宮の方が優しいというブロガーさんのご意見もあるが、私は、外宮のほうが厳しさを感じる。外宮のほうが、厳しくてでも、庶民的だ。ん。。。矛盾している?例えば、近所のおばさんは口うるさいけど愛を持って厳しくする。「早くウチに帰んなさい!」(最近いないけど。笑)でも、滅多に見ない大きな家の奥方様は、優しいし品がいいけど通りすがりの人に注意は余りしない。冷たいんじゃなくて住んでる世界が違う。そういう違い・・かな。(異論認めます。)手水舎。五十鈴川で手を浄めるけどまずはこちらで手口を浄める。口をすすぐため。ああ、一年ぶりの五十鈴川。会いたかったな。ここに来るために一年頑張ってきたんだ。朝靄がかかっている。・・・泣く。夢中でシャッターを切った。川下の奥も靄が、かかっていた。私が立っている位置は、私の背中側からも風が入るからなのか、風の流れが異なるのか、靄がない。1000年以上前と同じ景色を見ているのだ。日常生活でのモヤモヤを流すイメージヒーリングには最適の場所。五十鈴川の水源である「神路山」、「神垣山」、「島路山」から、山の神々のエネルギーが聖なる川となって流れてきている。上流から浄化エネルギーが下流に向かって流れているので浄化と御神気の最強ワンセットがゴーっと左から右へ押し寄せております。なので、忘れられない恋とか辛い人間関係とか将来の不安とか抱えている心の傷とか・・・etc胸の中央にあるハートチャクラの奥から、どす黒い塊をイメージで取り出して、もう、ぜーんぶ持ってって!!と、イメージで川に投げます。すると・・・流れていきます。清流なら、どこでも出来るヒーリングですが、なんせここは伊勢神宮。おススメです。\(^o^)/さあ、ここから後ろに振り向いてすぐ右の参道を入ると、右手に鎮座される神様へご挨拶。内宮所管社 瀧祭神 五十鈴川近くに鎮座される神。大好き。こちらに詣でると内宮の神に取り次いでくださるという。「取り次ぎさん」と、地元の方は呼ぶ。ぜひ、お詣りください。女神だと思う。(諸説あり。)わかったわ、伝えておきますわ。ホホ・・・♪:*:・( ̄∀ ̄)・:*:♪・・・みたいな感じ。(異論認めます。)内宮の参拝順序は人それぞれでいいけど、私は、朝8時に御神楽の申し込みをするために、風日祈宮~御正宮の順に廻る。そうすると、8時になるので丁度いい。瀧祭神様のところを出て右手の細い道へ。この道は余り人がいない。この鳥居をくぐって風日祈宮橋を渡り、お宮へ伺う。仲秋の緑に映える五十鈴川。なんか、今回は五十鈴川の写真ばかりですね。(#^.^#)別宮 風日祈宮。(かざひのみのみや)御祭神級長津彦命(しなつひこのみこと)級長戸辺命(しなとべのみこと)風雨を司る神様。日本人は稲作文化になってきた時代から、天候によって作物の出来が左右されるリスクを持つことになった。縄文時代には無かった「神」の概念。農業に携わる方々にとっては無くてはならない神。ここの神様は、大人気なんですよ。私も大好き。マニアがずーっと佇んで御神気を堪能してる。御神気が優しい。ぜひ、堪能してみてください。御正宮とは全然違いますよ。私は下の写真の橋の上で、30分くらい佇んでいた。あっという間ってこういう時間感覚のことを言うんだな。宇治橋を渡るまでの自分を五十鈴川と風日祈宮で浄化したらさあ、御正宮へ参りましょう!応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      130
      1
      テーマ:
  • 07 Oct
    • 伊勢神宮Ⅱ外宮②・・多賀宮・土宮ほか

      こんにちは。伊勢神宮外宮のシリーズ2回目です。最後です。下の写真は、多賀宮。緑に埋もれてる。階段下から撮ったんです。屋根わかります?(^▽^;)御正宮が和魂(にぎみたま)のため、個人的な祈りは荒魂(あらみたま)の多賀宮で。ところで・・・これをブログで書こうかどうしようかと思ったけど書くことにしました。(伊勢神宮の紹介記事としていいかな、と)驚いたことがあったんです。多賀宮での出来事でした。前にいた若いカップル(10代後半くらい?)が、二人で(関西アクセントの言葉でした)「マオちゃんのために祈ろう。」と言って、手を合わせてたのだ。マオちゃんて・・・二人の話を総合するとあの小林麻央さんのことだった。(@_@)そうしたら、後ろにいた女子三人組がカップルの話を聞いて「ああ、そうだ。マオちゃんのために祈ろう。」と三人でお賽銭を上げて祈っていたのだ。さらに後ろにファミリーが来ていたのだが前の女子たちを見て若いママがパパに「そうだ、マオさんのために祈りましょうよ。」といい、ママさんに言われて幼稚園くらいの男の子が小さい手を合わせていた。この男の子は、他人のために祈るということを心に刻んだだろう。凄い情操教育だ。私は涙が出て止まらず困った・・・(ノД`)・゜・。どうしよう・・・泣いてるのを見られたら、知合いですか?とか聞かれちゃう。私が泣いたのは、会ったこともない人のために謙虚に手を合わせる彼らの心だった。小林麻央さんのブログの威力だ。知らない人々が彼女のために祈っている。彼女がアメブロを始めて本当に良かったな。御本人のためにもなるが、人々に大切なことを気づかせてくれた。・・・偉人になってる。私も祈った・・・次は、この土地の元々の神様。いつもは、先にこちらへ詣でるのですが、今回は人がわんさかいたので多賀宮に最初に伺う。そして土宮へ。大和朝廷が天照大御神のお食事係として豊受大神を祀るまでこの土地には、元々の神様がおられた。古代の豪族が祀っていた神様。必ず、お詣りにいらしてくださいね。とても大らかで、威厳があって、あれ?他の神様と受ける感覚が違う・・と、気が付く方もおられることと思います。古事記の擬人化された神様と雰囲気が違う。土着の神様。さあ、風宮に参りましょう。こちらの神様は、あの蒙古軍に「神風」を吹かせて一気に地位が上がった神様です。下御井神社へお伺いしてご挨拶。井戸の神様。だけど・・・写真がボケてた。(>_<)写真のアップを断念。薄暗いからかな。分かりづらい場所だけど、ここも重要な神様です。なので、去年の写真をアップ。(すみません、二度目・・)再度、御正宮へお伺い。ああ、またしばらくお目にかかれなくなる。。豊受大神様のますますの弥栄と御開運を心よりお祈りする。もっと参拝客が増えて御力が発揮されて日本だけでなく世界中の衣食住が豊かになりますように。さあ、せんぐう館へ行こう。(館内の写真NGです。すみません)池のほとりの休憩所の自販機でお茶を買いひと休み。ああ、日が差してきた。ずっと雨続きだったから嬉しい。さあ、内宮へ参りましょう!応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      119
      1
      テーマ:
  • 06 Oct
    • 伊勢神宮Ⅱ外宮①・・参道・御正宮

      こんにちは。伊勢に行ってきました。毎年、お伺いするので、ブログもかぶります・・・なので、題名を伊勢神宮Ⅱ 笑・・にしました。今回は、外宮を2回で書きます。正式名称 神宮通称 伊勢神宮皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)のほか別宮が14ヵ所摂社が43ヵ所末社が24ヵ所所管社が42ヵ所合計  125社この125社全てで神宮と呼ぶ。伊勢神宮全体の広さは東京の世田谷区とほぼ同じ。広大な聖域を持つ日本の総氏神である。外宮前の横断歩道を渡り、火除橋(ひよけばし)を左側通行で渡る。去年、内宮で御神楽を奉納した際に授けて頂いた祈祷札をこちらへお返し。一年は早い・・・しかしこの一年激動だったな。。手水舎。ここで手と口を浄める。さあ、参りましょう!鳥居の前で一礼します。真ん中は神の通り道なので左側から入りましょ。(外宮は左側通行)外宮の神様は、豊受大神といい、歴史書の記述によると内宮の天照大御神が「わたくしのお食事係はいないの?」とリクエストがあったとかで豊受大神が鎮座された。・・昔々は、歴史書と神話はグレーなボーダーラインなのでどこまでが真実なのか、研究者たちが、それぞれ持論を述べている。内宮が出来てから外宮が出来るまで500年のタイムラグがあるので、大和朝廷が、ここ外宮の土地をゲットするのに当時の豪族と揉めて時間がかかったという説がある。外宮の参道では世俗で邪気塗れになった自分の心が洗われていく。自然の浄化エネルギーが生きている。玉砂利は歩きにくいけど台風でも泥はねしないという利点があって、昔の人の知恵と心配りを感じる。そうねえ、昔は和装でしたもんね。裾が泥で汚れなくって有難かったでしょうね。21世紀の今、ハイヒールでは、ちと辛いけど。眷属がいっぱい。眷属、というのは「神」の御遣いで御神域を守っている霊的存在だ。稲荷社なら、狐の姿で描かれるが、お宮によっては八咫烏だったり狼だったり、する。でも、それはあくまでも便宜上の姿でして、「霊」 なんですよ。本物の動物霊ではないです。(人間側が動物霊に憑かれたと信じた場合、それは御眷属のみなさんではありません。・・念のため)伊勢神宮って、確かにギューッと眷属のみなさんがひしめきながら参拝者を見ているのだが、(マナー違反とかでバチが当たるときは神じゃなくて、この御遣いのみなさんが怒ってバチを与える)なんというか、丸い玉のような、ぼんやりした光の存在として認識できる。よくオーブという写真が撮れるけどああいう感じ。下の写真は、去年の記事でアップした外宮鳥居の前そのときは、朝5時に伺ったためオーブが写った。伊勢は動物系の御眷属とは思えない。土地のエネルギーなのか、往古のシャーマンといわれる祭祀を行う聖職者の霊能力なのか、古代から独自の成長を遂げた眷属のみなさんがいる。・・・なので、マナー違反は絶対に止めましょう。木を傷つけるとか、ゴミを捨てるとか、落書きをするとか、境内の石や小枝を持ち出すとか怒られます。視えない存在に。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル下の写真は、四至神。(みやのめぐりのかみ)私は、神社にハマるまで読めませんでした・・・外宮の所管社。聖域の四角を守り結界を作っておられる神。ただの木じゃないんですよ。近くに寄れませんが、遠くからでも、アタマを下げて祈っていたらその人はかなりのツウです。(^◇^)下の写真は古殿地。(こでんち)次の遷宮のときに御正宮が引っ越す場所です。いやん、見えてきたあ。御正宮です!ここは、いつも不思議だ。御神気が神殿を中心として放射状に広がっている。なんというか、ライトで照らすと小さい光が遠くに行けば行くほど広がるのだが、そういう感じを受ける。御正宮の鳥居前まで奥の神殿から放射状にふわーっと御神気が広がっている。だから、御幌(みとばり)がバーっと高く舞い上がる奇跡が起きるのだと思う。テレビのぶっちゃけ寺は凄かったですね~!!爆笑問題の太田さんと室井滋さんは、もしかしたら、凄い霊的感覚があるのかも。以前テレビで観た高木美保さんも同じ。バーッと高く上がりましたよ。そう、上がるんですよ~どーして、このタイミングでとか人間側には分からない現象です。今年、参宮が実現してふと気づいたことがある。人間側が変わっているのだ。歩くときも片方に寄ってるし、鳥居をくぐるときは一礼するし、木に抱き着いている人も見なくなった。さらに、外宮の遙拝所でみんなで手かざしをしていた奇妙な光景もなくなった。人間側が参拝慣れしてきている。メディアって凄い力だなあ。テレビ番組を観て参拝マナーを知った人も多いだろう。私もブログというSNSを通して発信していこうと思った。さあ、別宮(べつぐう)に参りましょう!応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      128
      1
      テーマ:
  • 05 Oct
    • 地球ミッションの本のこと

      こんにちは。先日、ぐるぐるさんが本を出版されました。地球ミッションこの世は魂のトレーニングジムです。地球ミッション この世は魂のトレーニングジム1,512円Amazonぐるぐるさんと言えば、有名なスピ系ブロガーですよね。(アハハライフ魂)彼や、その愛する奥さんのブログを読んだことがある方は多いと思います。ぐるぐるさんのブログは、「笑い」 が基本です。これがですね。ほんとに笑えるのですよ。スピリチュアルというとアレルギーを起こす方が多いのですが、この本はいわゆる一般人がゆるく読める本です。この地球に生きる私たちって実は、とても素晴らしいチャンスを与えられているらしい。私は夜空を見上げるたびに、もう嫌だ地球・・・宇宙に帰りたい・・と思うことも多々あるのですが、この本はそういった様々な葛藤を笑い飛ばしてくれます。主人公と宇宙人ロミとの対話形式で進んでいくのでさくっと読めます。例えば・・時間の設定理由は、宝くじがすぐにハズレだとわからせないためとか地球は一人「ノリツッコミ」を完成させる世界とかいかにも関西人らしい軽妙な語り口でスピリチュアルを語っています。生きていると、艱難辛苦ばかりが人生だと思い悲しむがことが人生だと諦めがちですが、この本は、疲れている心や疑っている心、弱っている心をマルっとそのまま受容してくれます。魂のトレーニングジムですかあ。なるほどの副題ですね。(^◇^)この地球は、かなりキツイ糖質ダイエットを強いるジムだけではないようです。おススメです。一度手に取ってみてくださいな。\(^o^)/あ、アマゾンは超便利ですが、街の本屋さん応援団としては、ぜひ書店での購入をおススメいたします。平積みになってますよ。応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      88
      1
      テーマ:
  • 04 Oct
    • 「ごめんなさい」と罪悪感

      こんにちは。今日は「ごめんなさい」がテーマです。よく日本人はあやまってばかりいる、 と言われます。スピリチュアルを学んでいくとそれも勘違いだったことが分かりました。「はいはい、ごめんなさいね~。」と軽く謝れるひとはつまり、自分が悪いと思っていない場合がほとんどです。反対に、「でも」 「だって」と言い訳が多い人は、実は本当は自分が悪いと解っているので、自分を擁護したい、立場を理解してほしいという守備本能がなせることらしいです。会社員時代のことでした。ある案件で、ある社員のミスにより部署全員に迷惑がかかることが発生しました。定例会議で、本人から詳細と今後の対処方法をみなで話し合うという事だったのですが、彼は急に外出してしまいそこに出ませんでした。メンバーは、「あいつ、ごめんなさいくらい言えよ!」と怒っていました。本人は、「いや、急にアポが入ったんで。」と言い訳していました。でも、事務担当の私は知ってました。「あのさあ、○○会社にアポを取ってくれない?」と彼に頼まれてスケジューリングをしたからです。もちろん、黙ってました。そんなことを言おうものなら(怒)という感情の渦に巻き込まれることが解っていたからです。それからが大変でした。部署全員で残業残業・・私も、当時の稟議書の訂正のため、総務や経理に掛け合って「申し訳ありません。」とアタマを下げていました。そのときは、もう~どうして、自分の口から謝らないのよ。(怒)(゚Д゚#)ゴルァ!!と怒ってましたが、・・・今なら解ります。彼は、自分が悪いことを知っていたのです。ごめんなさい、を言えなかったんです。自分のせいで、メンバー全員に迷惑をかけて怒らせてしまったことを自分自身が一番よく解っていたのです。本当に悪いと思っていたから、その場にいなかったのです。いま都庁のニュースを見るととても分かります。盛り土がどーしたこーしたとか責任者が出てこないで問題になってますが、当事者達が事の重大さに逃げちゃって出てこないという。みーんなで知-らない、と決め込んでる。今職員が調べていますが、本当は誰がどういう指示を出したか判っているんです。議事録がないと報道されていますが本当は調査が入る前に誰かが破棄したんでしょうね。私は、会社で定例会議に出てこなかったミスをした社員がどのように処理したのか嘘をついたのか、事務担当者だったので、ぜーんぶ知ってましたが、言わなかったです。巻き込まれたくなかった。じゃあ、スピリチュアルを学んできた今なら「この人が嘘つきました!」と言うのか。たぶん言わないです。巻き込まれたくないというより、その人自身が自分で解決することだからです。逃げちゃう弱さと本人が向き合うべきだからです。まあ、民間企業でしたから困るのは自分たちだったんで。(;・∀・)さらに・・・いつも私は面倒な後始末をしなければならなくなる、というような設定が自分の中にあったのだ、と今では分かります。でも・・・私は、都庁職員のみなさんの気持ちが解ります。税金で仕事してますからね、許されないでしょう。さあ・・・責任者や当事者たちは名乗り出るのでしょうか。調査で判明するのでしょうか。取引先には、契約書やら議事録が残ってますし・・・「私が悪いんです。責任取ります。」これは、罪悪感があればあるほど謝るためのエネルギーが莫大になります。密告制度が機能するのか。税金を払っている者として見守りたいと思います。今回言いたいのは、人間関係では「ありがとう。」 より「ごめんなさい。」 のほうが難しいし、その人の内面が分かるのかもしれませんね。ああ、言い訳してる逆ギレしてる。罪悪感いっぱいなんだな、この人・・・と、受け入れられれば人間関係のストレスも違った角度で見られるようになると思いますよ。(^▽^;)その人の問題ですから自分が悩むことないですよ~応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      141
      テーマ:
  • 03 Oct
    • 伊勢国一之宮 椿大神社②・・・椿岸神社

      こんにちは。今回は、椿大神社を2回に分けて書いています。椿大神社御祭神猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)伊勢国一之宮という由緒ある神社。スゴイお宮なのだが、関東住まいの人間からするといまいち知名度が上がらない。椿大神社というと、神社好きなら関東生まれであっても、「つばきおおかみやしろ」と一回ですらっと読めるが、私の友人のさとこちゃんは、私と出会うまで、「つばきだいじんじゃ」 と読むと疑いもせず信じていた。まあ、近くに(遠いけど)泣く子も黙る伊勢神宮があるおかげで関東の人はなかなか来ないのかも。伊勢神宮は、一とか二とか三とかお宮ランキングから外れている特別待遇なので、伊勢国では、ここが一之宮です。緑の匂い・・・大神神社とか白山比咩神社の参道と同じ匂いがする。関東以北の神社の参道とは緑の匂いが違う。樹の種類が南北で異なるからだ。九州の宇佐神宮の参道の匂いも違う・・・この参道は、びっしり眷属のみなさんがいます。古代からいるんだろうな。御神気が湧いてる。これは、入道ヶ嶽と椿ヶ嶽の山々からエネルギーが流れてきている。山の神様特有の御神気。修験神道の厳しさも持ち合わせている。しかし、ここは何といっても道開きの御神徳。これから、何か新しく始めようとしている方にとっては、凄いパワーを頂けます。未知の世界へ飛び込むとか、結婚生活、会社員生活などなど新しい生活へ一歩踏み出すかたへ「ほう~そうか、いってこい。」と送り出して下さる神です。逆に言うと、古いものを断ち切り前へ踏み出す勇気も与えてくださいます。じゃあ、恋愛運は?そうですよね。ここじゃないんですよ。(^◇^)・・・ここを下りると。ほ~ら、別宮 椿岸神社があります。ここですよ。縁結び神社は。天之鈿女命(あめのうずめのみこと)がおられます。そうです。あの天岩戸の前で、セミヌードで踊って神々からスタンディングオベーションをもらったちとエロイ女神さまです。ダンナさまが、猿田彦大神なので、椿大神社は、ご夫婦で隣同士に祀られている。(内宮近くの猿田彦神社も同じ)とても夫婦中が良かったらしく縁結びや夫婦和合の象徴として参拝者を集めている。ここでは結婚式も行われる。ああ、大賛成。(^^)/とても「気」がいいお宮だし、柔和な感じがするので、結婚式にはとてもいい神社です。おススメです。普段ケンカばかりでもこのときばかりは、柔和な花嫁に見えるかも。笑ここの女神さまは、弁財天とはちと違う御神気。恋がした~い!と願う女子はこちらへどうぞ。(男性も)下の写真は、招福の玉。この玉を三回撫でながら「祓へ給へ、清め給へ、六根清浄。」(はらえたまえ、きよめたまえ、ろっこんしょうじょう)と唱えると幸いが来て、願いが叶うとか。やってみてね。💛下の写真は、扇塚。使い続けた扇をここに奉納。伝統芸能の方々が多く来られる。確かに人形とか扇とか生命や念が宿ると聞いたことがある。こちらが有名な「かなえ滝」凄い名前ですね。叶うんですよ~願いが叶うような 「滝」 は下手すると 「念」 が滝のように溢れている場合があるけどここは大丈夫です。安心して、お願いしましょう。正面より斜めからのほうが「気」を感じました。この上の写真の立ち位置です。さあ、抹茶を頂きましょう。この奥にあるのが茶室 鈴松庵。あの松下幸之助氏が寄進。土地の名の鈴鹿から鈴。松下から松を取って、鈴松庵。入口。中で、先にお支払い。800円で抹茶とお菓子を頂ける。銘々皿は、頂けるので、私は家でおはぎとか、羊羹とかを食べるときに使ってます。美味しかった!!外の庭を見ながら、ほっと一息。神社に来ていることを忘れてしまう。ここ、お寺だったっけ?ぜひぜひ来てね!「おひとりさま」でも大丈夫。・・・というか、私を含めて、一人旅の女性ばかりが入ってくる。(#^^#)さあ、行きましょうか。松下幸之助氏は、いまや「神」として祀られています。ネットでは、よく「神が降臨」などと表現されているが、松下幸之助氏は、文字通り経営の神様だった。御神気は・・・ん?松下さん??少ないけど眷属はいる。ということは「神」がいるということ。暗い感じは受けない。眷属のみなさんがいるから、誰かはいるはず。あの~松下さんですかあ~?と、言葉をかけてみた。(;・∀・)「そうですよ。」とは聴こえなかった・・・笑 そりゃそうだ。(^人^)みなさまも、ぜひ確認してみてね。下の写真は、椿延命地蔵尊。奥の千羽鶴に想いを感じた。愛する人や子供に長生きしてほしい。病が癒えてほしい。心に沁みる祈りのエネルギー。神仏混合のなごりですな。でも、暗さはないので、憂鬱な感じは受けない。私は、憂鬱な感じの場所はスルーしますので・・・大丈夫ですよ。(^◇^)愛する人や子供のことをお祈りしましょう。参道入り口に戻る。さあ、ランチを食べましょ。食券を買って食堂へ。名物の鶏めし。バスの時間が来たので、四日市駅へ戻り、近鉄急行で伊勢市へ。いいですよ。ここ。椿大神社。偉大なる山々の神もおられるし、サルタヒコ夫婦もおられるし、道開きや縁結びなどご利益が盛りだくさんです。ぜひお越しくださいね。応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      126
      1
      テーマ:
  • 02 Oct
    • 伊勢国一之宮 椿大神社①・・・猿田彦大本宮

      みなさま。ようこそ、こちらのブログへご訪問いただきました。ありがとうございます!今回は、椿大神社を2回に分けて記事にアップします。よろしければお付き合いください。公式ホームページより椿大神社三重県鈴鹿市山本町1871番地御祭神猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)相殿瓊々杵尊(ににぎのみこと)栲幡千々姫命 (たくはたちちひめのみこと)配祀天之鈿女命(あめのうずめのみこと)木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)前座行満大明神(ぎょうまんだいみょうじん)※天孫降臨の際、ニニギを導いた神サルタヒコが御祭神相殿には、高天原から下りてきたアマテラスの孫のニニギと機織りの女神のタクハタチチヒメが祀られている。さらに、役行者を導いた「行」の神ギョウマンダイミョウジンがいるところが、いかにも山を信仰してきた修験神道らしい。今回、お伊勢参りする際にまずはここからお詣りしようと思い初日に四日市へ。名古屋から近鉄特急で20分弱。南改札を出てコインロッカーに荷物を預け南バス乗り場へ。椿大神社行きのバスは2時間に1本なので注意。(もちろん帰りも)バスに揺られること50分。想えば遠くに来たもんだ、と景色が山へ変わっていく。到着。どんどん人が降りて、最後に私一人になった。土日祝日なら、もっと混んでるのかも。バスを降りると、まず目に飛び込んでくる。庚龍神社。龍神がおられます。どこかで見た御神気じゃないですか?そうです。大神神社の龍神がおられる御神木と同じものを感じる。往古から信仰を集めてきたのだろう。(でも卵は供えてなかった)龍神といえば蛇。蛇と言えば、そうです。金運です。大神神社より柔和な感じ。土地が違えば龍神も大人しくなるのか・・・交通安全のご祈祷中。ここで祈ってもらったら駐禁なんて出来ないでしょうね。手水舎へ。御神木がいいんですよ!包容力があって大好き。参道へ。もう、御神気祭。笑祭だあ~~御神気が充満!参道を歩く。大黒天さまと恵比寿さま神仏混合のなごり。豊かさを願うなら外せないスポット(失礼)です。どうしてだろう?神社でお会いする大黒天さまとお寺で会う大黒天さまは違う・・・神社でお目にかかる大黒天さまや恵比寿さまは、ちと厳しめ。失礼なことはしないほうがいいと思います。下の写真が御船磐座。ここに御船が到着し、ここから現在の九州へ神々が旅立ったとか。磐座は禁足地。外から写真を撮る。前に柵があるので、出来るだけ寄ってみてください。御神気感じます。何だろう?古墳みたいなエネルギーを感じる。狛犬さんたち。何かが宿ってますよ~ああ、拝殿が見えてきました。来ましたね~~この石段を一段上がるたびにどーんと御神気が強まる。典型的な山の御神気ですな。奥の宮まで上がれば正体が判ると思うけどそこまで伺う時間も体力もないので、神様にお伝えする。「いつもここまでですみません。」笑われた、「気」 がした。どんどーんと太鼓の音。ああ、御祈祷が始まった。魂に響く太鼓の音。さっき交通安全の御祈祷もやっていたしここまで御祈祷に来るというのは氏子さんだけじゃなくて御神徳を信じている方々が多いのだろう。ご利益ないや・・と思ったら翌年から来ないだろう。さすが・・・入道ヶ嶽と椿ヶ嶽の有史以前からの山の神は生きておられる。そうです。ここは私が大好きな古代からの神がおられる。あまり人間を相手にはしてくれないけど、凄い力を持っておられる。私みたいな巫女体質にはたまらない懐かしい御神気です。(大神神社とか、岩木山神社とか)猿田彦って、内宮に近い猿田彦神社はかなり庶民的で「いいよ~いいよ~」と隣のお兄さん的なところもあるのにここの神社のサルタヒコは厳しい。これは、やはり昔々の山におられた神々がいまだに現役なので古事記の神を祀って神事を行ってはいるが、古代の「神々」が大きな影響を与えているような感じがする。さすが・・・椿大神社の神は、古事記の神というより山の神ですよ~ご自分でも感覚を合わせてみてね。下の写真の岸信介氏って・・安倍首相のおじい様ではないですか!安倍さんが神社参拝をよくされるのは、日本会議へのアピールもあるけど、血筋もあるのね。もしかして、安倍首相ってスピ系の感覚も持ち主なの?(奥様はスピ系で有名だけど)浄めの御塩を購入。さあ、縁結びの女神に会いに行きましょう。応援のポチっを頂けるととても嬉しいです!スピリチュアルランキングへ

      107
      1
      テーマ:
  • 01 Oct
    • 祖父の戦争話のこと

      こんにちは。先日、なぜかふと祖父の話を想い出しました。私の父方の祖父母は、生まれたときに既に他界していたので、今回書くのは、母方の祖父の話です。母方は、地元でも有名な旧家で、とてもプライドの高い家でした。(今でも・・・)東京ではありません。祖父は、東京から正月に遊びに行くと私に戦争の話をよくしてくれました。その中の話をふと想い出したので書きます。祖父に召集令状が届いて戦地に赴いたときの話です。祖父には、とても親しくしていた戦友がいました。・・名前は憶えていません。その人は、祖父にとって大事な親友でした。親友は、結婚したばかりだったので、新妻と別れるのが辛かったらしく「絶対に生きて戻る。」と祖父にいつも話していました。戦地に到着したとき、(場所も聞いたのですがいま想い出せません。)祖父と友人は、最前線に送り込まれました。敵の弾丸が飛び交うなか、周囲の同期が次々と倒れていくのですが、どういうわけか、弾が祖父を 「避けて」 飛んでいったそうです。そのとき、親友の頭に銃弾が当たり倒れました。咄嗟に窪地に親友を引きずって隠れほほを叩きましたが亡くなっていました。「絶対に生きて帰る。」と言っていた親友を、どうしても新妻のもとへ帰したい・・・そして祖父は、せめて指輪だけでも持って帰ろうと結婚指輪を外そうとしましたがなかなか取れません。敵は迫ってきています。「撤退!!!」の号令がかかったのですが指輪が取れません。そのとき・・・祖父は、銃剣を抜いて親友の左腕を切り落としベルトで背中に括り付けて逃げたのです。常軌を逸した行動ですが、戦場では、倫理や常識なんてないんですね。陣地へ戻った祖父は、指輪を抜いて、大切にしまいました。祖父は生き残ったので、無事に日本に戻りました。祖父は、親友の形見として結婚指輪を奥さんに届けたそうです。私は聞きました。「おじいちゃん、奥さんは?」そのとき・・・祖父は遠い目をして言いました。「そうだな・・・」沈黙が流れたので、奥さんがなんと言ったのか、どういう表情だったのかは、聞いていません。ただ、そのときの祖父の言葉は今でも憶えています。「やっぱりな・・・戦争は絶対にいかんよ。」祖父は、弾が自分を避けていったのを体験して決心したそうです。「生きて帰れたら、決して命を粗末にはしまい。」と。私は言いました。「おじいちゃん、ラッキーだったんだね。」祖父はそれには答えずに、「・・・・・・そういうもんじゃないんだ。」と言いました。大人になった今、祖父の言葉を想い出します。そういうもんじゃないんだ。という祖父の言葉の意味が今ならわかるような気がします。どうしてか、先日ふと祖父の話を想い出しましたので、ブログを読んでくださっている皆様とシェアする内容なのかなと想ったので記事に書くことにしました。長文、お読みいただきありがとうございました。応援のポチっを頂けると有難いです・・・スピリチュアルランキングへ

      108
      テーマ:

プロフィール

takako

性別:
女性
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
オーラソーマ英国認定スクール PPSコース、レベル3修了。 長年勤めた会社を辞めてフリーになりま...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。