• 30 Jun
    • 成田山新勝寺①・・・新たに勝つ!

      成田山新勝寺にお伺いした。まあ~、お久しぶり!新勝寺に参拝しない限り下車しない成田駅。あれ?以前より駅前ロータリーが、綺麗になってる。。この日は、梅雨空のなか少し雨があがって曇り。晴天だと暑いので、ちょうどいい温度だった。風が涼しい。生命力というか、気力というか、覇気というか、そういうエネルギー不足に陥った場合、やはり、お不動様ですよ!高幡不動のお不動様と、成田山のお不動様に、私はいつもお伺いしている。大好き💛成田駅を出て、駅ロータリーを左へ曲がり参道を道なりに進む。徒歩10~15分。真っすぐな道じゃないけど、人の流れがありますから、初めてでも辿り着ける。お寺が近くなってくると、街並みが時代劇みたいになってくる。こういう街並みに観光客は弱い。あちこちで英語やら中国語やら聞こえてくる。総門に到着。道路沿いに山門があるので、正面から撮影しようとすると、ギリギリ道路だし、向かい側に渡らなければならないので、下から撮らざるを得ない。。。彫刻が見事ですが、こちらの総門は2008年建立なので新しい。立派な総門ですよ。新勝寺はお金持ちだなあ。私のブログでは、最近の記事の並びが香取神宮・鹿島神宮・豊川稲荷・成田山新勝寺と続いている。知人より、「女性が書いているブログじゃない。笑」と言われた。勝負とか成功とか金運とか、そういうご利益を謳っているお社・お寺ばかりで、恋愛運とかにはあまり取り上げられないところばかり。すみませんね。色っぽくなくて。 (;´∀`)でも恋愛成就には、まず覇気がないと!よろしければ、このブログにもお付き合いください。(^_-)-☆そのうち、女子に人気の縁結び神社も書きます。狛犬さんたち。総門から見た境内。朝早い平日なので空いている。左は光輪閣。こちらで、護摩修行の申込み等ができる。手水はここです。手と口を浄めましょう。龍がカッコイイ。外国語の看板。下は日本語の看板。階段が辛いかたは、急ではない階段 (ゆるやかではない)から、お上がりください。私は、高所恐怖症なので、ここの階段とか鶴岡八幡宮とか鹽竈神社とか、苦手な階段は多い。。急な階段がコワいのは、実は上りではなく下り。私は帰るとき、 「ゆるやかな」  階段で下りる。笑仁王門の提灯。提灯の下の龍。浅草寺の提灯の下の龍も迫力があるが、新勝寺もエネルギーが凄い。こちらをくぐる際は、ぜひ下からも見てください。橋を渡る。まだ階段あります。池を橋から見た。左側には、噴水がある。右側の池。亀石に亀が乗って、亀が周囲を泳いでる。亀×亀=めでたい。縁起よい。成田山新勝寺といえば、関東では初詣参拝客数がトップを誇る。初詣しか行かない方からすると、下の写真のように地面なんて見たことない方も多い。混雑してると、人のアタマしか見えないですもんね。明治神宮とか・・・でも地面あります。こういうコンクリートです。平安時代のころ、関東では平将門が朝廷側とトラブって戦を起こしていた。関東では江戸とか、平将門をサポートする民衆も多かった。でも、平和を乱しているということで、朱雀天皇が「関東をなんとかしなくちゃ、やばい。。」ということで、派遣されたのが寛朝大僧正だった。この御坊様は、弘法大師空海が自ら彫った不動明王と共に京から遠~い成田までやってきた。そののち、平将門は討たれ関東に平和が戻った。・・・のだが、なぜか御不動様が動かない。動かせない。寛朝大僧正 「あれ?やばい。御尊像が動かないじゃん。」不動明王様 「ここにいることにする。民をほっとけないもん。」ということで、成田山新勝寺が開山された。新勝寺とは、「新たに勝つ」という意味。打倒、平将門でしたもんね。もともとの発端は。なので、平家関係の血筋とか平将門公を信仰する人々は新勝寺には参らない。(今は都市伝説となりつつあります)「新たに勝つ!!」  いいですねえ。覇気がないときは、ぜひ参拝してみてくださいね。いつもお読みいただきありがとうございます。応援クリックを頂けるととても嬉しいです!スピリチュアル ブログランキングへ

      82
      テーマ:
  • 26 Jun
    • オーラソーマ・・・ソウルメイトへの憧れ

      「私は、ソウルメイトと出会いたいんです。」出た・・・ (;・∀・)お名前をD子さんとします。ブログに掲載の件は、ソウルメイトの話だけという条件でご了承いただいた。そうですか。今、お付き合いしている男性は違うんですか?「付き合う前は絶対にソウルメイトだと思うの。でも付き合ったら、やっぱり違うって。。。」オーラソーマコンサルテーションのお話です。(私は今、クチコミとか人脈だけでひっそりとコンサルしてます。。。)オーラソーマ イクイリブリアムボトル№066女優 ペールヴァイオレット/ペールピンク※シェイクして身体に塗りますが、紫外線が当たる箇所は避けてください。画像は(株)和尚アートユニティさんからお借りしました。http://aura-soma.co.jp/ 「タカコさんは好きな芸能人はいないんですか?」芸能人ねえ。。。「私はTAKAHIROみたいな男性がいい。」そうですか。私はTBSの 「ひるおび」 に出てる気象予報士の森さんが最近は好き。「マジで~( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \」そうですよ。どんなに天気予報が外れようと、彼なら許せる。笑あの夏休みの宿題のような、模型(?)というか小道具(?)を使って説明するコーナーが好き。時間的に外出しているときが多いので、「ひるおび」をHDDに録画するくらい。笑「タカコさんは面食いじゃないんだ。」なんでよ。わっかんないですよ~意外と、TAKAHIROさんより、森さんのほうが、彼氏とか旦那さんとして最適かもよ。お話していて、ふと思った。恋愛は得意そうなのに、どうしてソウルメイトにこだわるのだろう?人がこだわるもの。執着するもの。それがその人のシャドウ(影)だ。彼女の選んだボトルの2本目が、「女優」だった。このボトルを選ぶ人って、とても繊細で優しい。ただ自己犠牲を演じることで、相手を取り込んでしまう可能性もある。小さい頃に、「いい子」 だった人も多い。「ソウルメイトはいると思いますか?」そうですね。いますよ。いま周囲の人々はソウルメイトですよ。「え?運命の男性じゃないんですか?」うーん。。。そうかな?ソウルメイトって、どこか地平線の彼方に探しにいく存在じゃなくて、周囲の人全員がソウルメイトなんだと思う。家族・友人・仕事関係の人々・・etc自分の人生のある場面で登場し、台本のト書きのように、役目が終わったら去る人もいるし、生涯共に歩む人もいる。どんなに仲が良くても、環境が変われば疎遠になるし、あんなに愛し合っていたのに憎しみあって別れることもある。その時々で、人生の台本に色を付けてくれる人々がソウルメイトだ。だから男性とは限らない。師匠かもしれないし、戦友かもしれないし、生涯のライバルかもしれないのだ。要は、相手がソウルメイトだろうが、違うだろうが関係ないということ。「え~そんなのロマンがない。ソウルメイトに会えたっていうブログもあるし。」いいと思いますよ。信じていることも。真実なんて誰にも解らない。信じるか信じないかは自分次第なのだ。引き寄せというが、自分の状態で出会う相手が変わってくる。いま想い出を振り返ってみて、初恋の相手は当時だから魅力的だったな、と感じることがありませんか?それは、自分が成長したからだ。そのときそのときに、必要な相手が現れる。だから、失恋しても絶望しなくていい。本当の人に一歩近づいたと思えば、ほら、大丈夫でしょう? (^_^)/~ソウルメイトは探すもんじゃないそうだ。必然的に出会っちゃう。オンナいないかな、オンナを紹介してよ。と血眼になって恋愛相手を探している男性に魅力を感じますか?それよりも、自分の仕事や趣味に夢中になって取り組んでいて、周囲の人間関係でも良好な男性に魅力を感じませんか?え?・・・そんな男性が少ない?そうですね。一人の魅力的な男性を大勢で獲り合うのが現実ですね。 笑だからね、女性もそうなんですよ。いいオトコいないかな、いいオトコいないかなと、血眼になっている女性って意外とモテなかったりしますよ。。。ソウルメイトを探すことが目的じゃない。出会った男性をソウルメイトにすることです。それは、女性のウデ次第ですよ。と、私は思うんだけどな。色んなカップル見てて。「そうですか。。。でもね、私趣味もないし、取柄もないの。」そうかなあ。。取柄って自分が決めることかなあ。取柄がない女性に男性が見向きもしないかなあ。じゃあ、いまの仕事で輝けばいい。「事務職なんですけど。。」どうして?いいじゃん。誰よりもコピーを取らせたら抜群に早い、とか電話応対が抜群、とか字が綺麗で御礼状の代筆するとか事務職でもスキルは何だって磨ける。部署内で誰よりも、感じよい挨拶が出来るとか。。今いる場所で輝こうと思ったら、いくらでも輝ける。輝いていれば、輝いている男性が必ず見つけてくれる。「なんか元気出ました。ありがとう。」D子さんが、素敵な男性をゲットできることを祈ります。親友も、ライバルも、師匠も、そして伴侶も探して見つかった人間関係じゃないんですよね。出会わなければならない人が必ずいるんですよ。いつもお読みいただきありがとうございます。応援クリックを頂けるととても嬉しいです!スピリチュアル ブログランキングへ

      107
      テーマ:
  • 24 Jun
    • 豊川稲荷東京別院③・・・金運とダ枳尼眞天

      赤坂豊川稲荷②の続き・・・です。最後です。御稲荷さまといえば、現世ご利益が有名。確かに、生きているのは 「今」 だから、死後もいいけど、 「今」 を何とかしてよ。という人間側の要望を受け入れてくださる。下の写真は弁財天さま。仏教の弁財天は、インドからお越しになった仏様で弁天様とも呼ばれている。神道にも、弁財天がおられますね。写真は、光が女優ライトのようになってて肝心の弁財天さまが光しか写ってない。(>_<)豊川稲荷の弁天様は、仏さまですよ。音楽や芸術などにご利益あります。もちろん、金運も授けてくださる。弁財天さまといえば、やはり水が近くにある。神道もそうですよね。よくお金は水もの、というけれど、水商売もそう。反論がいっぱい来そうだけど、私個人としては、スピリチュアルの仕事は水商売だと思う。人気が収入に比例する。カリスマと呼ばれる人が、 「売れる」 。水商売ですよ。芸能界と同じ。ここでは、お金を洗えます。銭洗い弁天です。近くにある、ザルにお金を入れて洗います。よく財布の中身全部を出して洗っている方をお見受けしますが、そうじゃないらしい。銭洗い=自分の財産を洗う。ああ、なるほど、政治家のマネーロンダリングと同じなんですね。わかります。→ 違います。自分の財産を浄めるということです。 だから、わざわざ濡れたら困る札束を洗わなくても大丈夫らしい。お寺の方に伺ったら、「硬貨で充分」 と仰ってたので、小銭を洗えばいいみたいです。お金=自分のエネルギー だそうだ。だから、たとえ1円玉1個であったとしても、その1円玉が、持っている人のエネルギーを象徴している。私は、いつも500円玉1枚をしゃぶしゃぶ洗う。慈善事業とか寄付行為に、惜しみなく出すというのが一番金運上昇に効果があるといわれるというけれど、確かに金持ちほど寄付をする。ビル・ゲイツとか松下幸之助とか。。※見返りを期待して行う寄付行為は意味ないです。下の写真は豊川稲荷といえばここ!という名所。融通稲荷さま。実は私は、一度も融通して頂いたことがない。 でも趣旨は何とも面白い。写真の右に小さく写っている黄色いポチ袋に10円玉が入っている。この黄色いポチ袋を、 「お借り」 して日々財布に入れて過ごす。1年後、礼金として 「お返し」 する。つまりですね。御稲荷さまから融通して頂いた 「お金」 を元手にして大きく増やし、増えた 「お金」 を御礼に返すということ。ほう?面白い。いつも、お借りしようと思うんだけど、借りたことがない。でも、こちらにお参りし、融通金を「お借り」して商売繁盛したり、出世したり、玉の輿に乗ったり、金持ちになった暁には、何百倍ものお金を寺へお返しできた人がいるってこと。いいですね。ぜひ借りてみてはいかがでしょう?狐さんがいっぱい。私は、このお寺を勝手に 「狐ワンダーランド」と呼んでいる。この雰囲気が苦手な方も・・・いる。そして、奥の院へ。豊川ダ枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)さま※HPと同じ表記にしました。がおられる。正確に言うと、奥の院のさらに奥の赤い本殿におられる。靴を脱いでお上がりください。拝殿内の写真はNG。こちらで、ゆっくりダ枳尼眞天さまとお話できる。ところでなぜ、金運のご利益があると言えるのか。実は、私もお願いが叶った経験者だ。いえ宝くじが当選したわけではありません。身内の話なので、詳細はご容赦ください。去年のことだった。どうしてもお金が必要になった。で、ダキニ天様に切々と訴えまして、○月にこれだけ入らないと本当に困る。私にはどうしようもない。お金が融通できましたら、必ず御礼に参ります。とずっと訴えた。30分後位だったか、次の方が入ろうとしたので、そこで帰った。そして・・・翌月、連絡が入った。なんと、お願いした金額以上に入ったのだ。凄いかも・・・しかし、私のためにお願いしたわけでなく妹一家をはじめ親戚とか、いろんな人々がからんだ話だったので、本当に良かった。もちろん祝儀袋に壱万円を入れて、御礼参りに伺った。よく宝くじが当たらないかなあと、漠然とお願いしている方がおられますが、そういうのは無理みたいです。贅沢したいから、「億万長者にしてよ。(^◇^)」というより、「○○のために○○円必要です。頑張りますので、あと一押しお願いします。」というのが、奇跡が起きる秘訣だそうです。そう、神も仏も、私たち人間の覚悟を見てるんですね。下の写真の話。もともと、この豊川稲荷さまは、あの名奉行の大岡越前宅に祀られていた。大岡越前は、赤坂に住んでいたので、現在地に移ってきたときに、御分霊としてダキニ天様にお越し頂いたとか。なので、境内では、大岡越前へ御線香を御供養としてお納めできる。私は、ひとんちのお墓には参らない主義だが、ここは別。大岡越前のおかげで、いま参拝できてますので、御礼もこめて御線香を上げる。下の写真は、愛染明王。このお寺で唯一の恋愛運・結婚運の仏様。縁結びはもとより、この仏様は、愛欲を仏の悟りに変えてしまうとか。まあ、確かにこの世のトラブル・犯罪は愛欲がらみが多い。本来の良きご縁を仏様が応援してくださる。この裏側には、縁切り稲荷もある。出会いと別れってワンセットなんですね。絵馬もハート型 💛。私は、お願いしたことないので、どれだけのご利益があるかは不明。こちらの境内には、本当に多くの仏様方がおられる。私が好きなのが、下の写真の子宝観音様。私は、今生の人生では結婚しないという選択をしている。だから子供も産まない。でもね、子供が欲しくて欲しくてたまらないご夫婦が大勢いる。子供は宝だ。そんな、女性たちにお子さんが授かるように、私は、お参り時にはいつもこちらで祈る。私が産まないから、産みたい女性を応援したい。優しい観音様です。子供を抱き慈悲の眼差しで包み込んでくださる。聖母マリアのような雰囲気もありますね。どれだけの女性たちが、こちらに来たのだろう。全部の仏様方が書ききれないほどです。ぜひ、お越しになってみてください。大都会の中の御稲荷さまです。いつもお読みいただきありがとうございます。応援クリックを頂けるととても嬉しいです!スピリチュアル ブログランキングへ

      117
      テーマ:
  • 23 Jun
    • 豊川稲荷東京別院②・・・狐ワンダーランド♪

      赤坂豊川稲荷①の続き・・・です。今回は、赤坂にある豊川稲荷東京別院を書いています。お祀りしているのは、ダ枳尼眞天(だきにしんてん)さまです。(公式HPと同じ漢字表記にしました。)スピ系ブログで、既にご存知の方も多いと思われますが、御稲荷様はキツネではない。神道でいう御稲荷様は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)が伏見稲荷で、どーんと 「神」 としておられる。伏見稲荷の神様は、全国の稲荷神の泣く子も黙るラスボスです。狐は神の遣いといわれている。仏教でいう御稲荷様はダ枳尼眞天(だきにしんてん)を祀る。元はインドからお越しになった神様らしい。インドの女神様はとても荒っぽい神様なのに、仏教で伝えられる、ダ枳尼眞天は善神である。この女性の仏様は、稲穂を担いで狐に乗っておられる。狐に乗ってるんですよ。こちらのお寺にも、そういう絵(イラスト)がある。なんというか、これがホウキなら魔女。御稲荷様はコワいとか、祟られるとか余りいいイメージがない人がおられるが、仏法を守護する尊い仏様だ。狐に祟られるとか、狐が憑いているとかそのテに関しては、霊能者やその関係の方々にご相談ください。本来の御稲荷様の神様・仏様は、人に祟ったり憑いたりしないと思う。実は、私は今まで生きてきて、本当に何かが憑いているという人を見たことがない。(近くにいたのかもしれないけど)変わってる人には何人も遭遇したけど。笑霊的な問題を抱えることというのは、それは選択というか、スイッチというかクリックが押されるというか、チューナーを合わせるというか・・・好きで合わせてしまうと、向こうからやってくる。向こうから合わせてきちゃう。なので、どんなにツラくても、しんどくても本来の神様・仏様に波長を合わせましょう。なぜなら、祈りと呪いは表裏一体だからである。何度も書いているが、スピリチュアルなんて信じていない人は、何かに憑かれるなんて信じてないで、明るく生きているからだ。信じた人に、信じたモノと縁が出来る。だったら、神様・仏様と御縁ができたほうがいいじゃないですか。(^-^)ここの豊川稲荷東京別院は、私が勝手に「狐ワンダーランド」 と呼んでいる。もういっぱいいる。おなかいっぱいになるくらい。狐がメリーゴーランドに乗っている状態。(違います)上の写真は、霊狐塚。信者がお納めした狐を祀っているうちにこんなに増えてしまった。今では、スペース上置けなくなっちゃったのでお炊き上げ後に地下へ納められている。伏見稲荷の赤い鳥居みたいですね。人懐っこい狐もいれば、気高い狐もいる。優しい狐もいれば、厳しい狐もいる。御眷属のみなさん。仏様のサポートチームです。うまく言えないけど、私はいつも大歓迎される。・・・ここでは。うまく言えないけど、境内に入ったと同時に「わーい、タカコじゃタカコじゃ💛」と言ってるのかどうか、ワラワラ周囲に目に見えない存在たちが取り巻いてくる。某神社の御稲荷様のように、ぞっとしたり鳥肌が立ったりということが全くなくて、顔が思わずほころんでしまう。私は、ここの境内はいい雰囲気だと思いますよ。下の写真は、叶稲荷。叶姉妹を祀ってるんですね。わかります。→ いいえ、違います。願いが叶うから、叶稲荷。特に、 「縁切り」 が有名。ストーカー行為で悩んでいる女性が多く祈っている。私もここでお願いしていた。こちらは、きりっとした仏様だ。まあね、縁を切るとか、心願成就とか結構ハードなお願いを担当している御稲荷様なので、優しくはないです。厳しいです。だから、正面から写真を撮るのを遠慮した。下の写真は、三神殿。神仏混合のなごり。こちらは、神様がいらっしゃいます。向かって左が、源七郎稲荷さま。人間関係のお願いはここで。中央に宇賀神王さま。商売繁盛のお願いはこちらで。太郎稲荷さま。健康に関してはこちらで。肩こりにもいいんですって。ほ~ら、お伺いしたくなったでしょ?笑霊感がある方は、すぐ気が付くと思いますが、こちらの境内に入ると狐がずーっと付いて来る。憑いて、、じゃあないです。付いて、、来ます。どの狐か、どういう意味があるのかそこまでは判らないのだが、とにかく何匹(?)か付いて来る。つまり、「狐コンシェルジュ」 がいます。笑あ、でもコワがらないでください。コワがる人には、たぶん付いて来ない。御眷属だろう。例えば、奥の院に上がりたいな、と思ったときに他の人が、ずーっと中に入って祈ってて、入りづらいなあと思ったときに、心の中でお願いすると、すんなり空いたりする。空席を用意してくれるのですよ。ほ~ら、コンシェルジュでしょう?笑大丈夫です。このコンシェルジュは、境内を出るときに離れます。山門を出た途端に、今まで纏わりついていた「何か」 が、すーっといなくなるのが分かる。こちらを出ると、とても清々しく楽しい気分になっている。しかし、そういう御稲荷様は少ないかも。そういう意味でも、御稲荷様アレルギーの方でも安心して、お参りができる。そうじゃなかったら、こんなに参拝者が多くないと思う。それもリピーターが多い。しばらく来ないからと言っても怒られない。ただし、遠方に引っ越しとかで二度と参拝できなくなるのであれば、ご挨拶されたほうがいいかと思います。(個人的な意見です。)狐ワンダーランドへようこそ! (^O^)/いつもお読みいただきありがとうございます。応援クリックを頂けるととても嬉しいです!スピリチュアル ブログランキングへ

      97
      テーマ:
  • 22 Jun
    • 豊川稲荷東京別院①・・・赤坂の御稲荷様

      数あるスピリチュアルブログの中からこちらへご訪問頂きありがとうございます。赤坂にある、豊川稲荷様へお伺いした。 大好き。月に1回はお伺いしてる。豊川稲荷東京別院の公式HPでは豐川稲荷は正式名を「宗教法人 豐川閣妙嚴寺とよかわかくみょうごんじ」と称し山号を圓福山えんぷくざんとする曹洞宗そうとうしゅうの寺院です。と、記載がある。当然ながら、お寺です。いや、ときどき賽銭箱前で二拍手されてる方がおられますので・・・ごっちゃになってたとしても有難いことに、こちらの仏様は意に介しません。ときどきこちらでは、そういう参拝者に出くわしますが、怒~~・・というエネルギーというかオーラというか全く流れてこないんですよね。狐さんたちも、他の御稲荷様より干渉しない。「あら、そう?」みたいな感じ。愛知県豊川市の豊川稲荷様には、お伺いしたことがないので、はたして同じなのかが分からない。淡々とした感じは、東京独特なのかな。。でも大好き。あの狭い境内に、仏様方がギューッとすしずめ状態になってても、空間が広く感じる。私達がいる三次元では、ギューッとしてても仏の世界では、広々とした境内なのかも。下の写真は山門。 こんにちは。一礼して境内へ。右は稲荷会館。御朱印や御祈祷申込みはこちらで。 赤坂豊川稲荷といえば芸能界。御稲荷様がいかに水商売にご利益があるのかいい例ですね。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川さんが色々寄進されているとか。だからジャニーズは儲かるのね。 でもSMAPの提灯はなかった。あと、堂本光一さんの提灯はあったけど堂本剛さんはなし。剛さんて、天河弁財天へ参拝されて以来、曲作りの才能が花開いたという噂あり。過去記事で、芸能人とスピリチュアル という記事を書いたけれど、芸能人の中には、スピリチュアルな感性を持ってる人が多い。水商売には最高のご利益と書きましたが、芸者さんとかホステスさんとか外見だけですが、そうだろうなあという方も見かける。あ、でもホストは見たことない。きっと彼らは、花園神社のほうに参拝かな。(花園神社は新宿にあります)手水で浄めます。龍がカッコイイ。 有難い100円玉両替機。ここのお寺だけでなくて、規模の大きい神社仏閣にこの両替機があれば嬉しいんだけど。 私は、いつもここで蝋燭をお納めします。 御本殿。豊川ダ枳尼眞天さまを祀る。ダがカタカナでHPにて記載されているので、この記事も公式HPと同じ記載とさせていただきます。 ここの赤坂豊川稲荷さまは、ダ枳尼眞天さまの他に仏様方がオールスターキャストで、ずら~りとおられます。好きな仏様へ通う方々もいます。わかる。好きな神様・仏様には、引き寄せられますよね。大黒天様。 福禄寿さま。 摩利支天さま。 布袋さま。 養老さま。 恵比須さま。 お昼時間になると、近所のサラリーマン・OLが休憩に来てる。混雑が嫌いな私は、この時間帯は避けている。(^^;以下、これは私が実際に体験した話。以前、会社の上司の御使い物として御礼の品に「とらや本店」 に和菓子を購入に来た。(現在・リニューアル工事中)「とらや本店」はお寺から見て、道路を挟んだ向かい側にある。店を出たらゲリラ豪雨。雨が降りそうだと思ってたから、もちろん傘は持参していたが、スゴイ雨だったので、スタッフに、「タクシーをお呼びしますか?」と聞かれた。(こういうところが老舗らしいですよね。)そうだなあ、お菓子が濡れたら先方に失礼だな。と思い、少し店内で雨が小降りになるまで休むことにした。店の奥の喫茶でお茶し、会社にも電話して、ゆっくりさせてもらって、それから店を出た。ビビった。。。赤坂豊川稲荷周辺だけ振っていなかった。向こう側の道路を歩く人とか、山門を出る人々が傘をさしていなかった。こちらはゲリラ豪雨で水浸しになってたのにお寺とか両隣のビルとか、2区画くらいはほぼほぼ振ってなかった。もちろん晴れていた訳じゃないので、奇跡というまでにはいかないけど、でもね小雨だった。地面の濡れ方が全く違う。ほとんど振ってなかったのだ。見送りに出たスタッフに私は言った。私 「御稲荷様だけ雨が降ってないんですけど。」スタッフ 「本当ですね。でも何度かあります。」スタッフ 「誰か、重要な方がいらしているとか。」((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル伊勢神宮では皇族がお見えのときは晴れるとか出雲大社では、あの千家さんと皇族の典子様の結婚式では、そのときだけ晴れたとか、珍しい話じゃないけど、豊川稲荷さまもそうなんだ。。と、いうわけでこちらの仏様は、なめたらいかんぜよ。晴れる仏というより、不思議な力をお持ちの仏様だと思う。この体験話は本当です。いつもお読みいただきありがとうございます。応援クリックを頂けるととても嬉しいです! スピリチュアル ブログランキングへ

      113
      テーマ:
  • 17 Jun
    • 常陸国一之宮 鹿島神宮④・・・要石&御手洗池

      鹿島神宮③の続きです。最後です。この拙いブログにご訪問頂きまして、ありがとうございます。m(_)m 平安時代では、「神宮」を名乗っていいのは、伊勢神宮・香取神宮・鹿島神宮の三社のみ。鹿島神宮の創建は、神武天皇まで溯り、歴史的にも紀元前までいっちゃうくらい関東きっての古社である。縄文時代からシャーマンが儀式を行っていたという説があるくらい聖域だった。大和朝廷は、東へ東へ勢力拡大を行っており制圧後、タケミカズチを神宮の御祭神とした。この広大な森は、手つかずの天然記念物だ。私が個人的に思っているのは、お宮だけにどーんと神様がおられるのではなく、聖域全部を覆うように 「神」 の自然エネルギーが存在していて、人間にも良い気を与えてくれるということだ。参道を道なりに進むと奥宮に突き当たる。 この奥宮は、ああ日本の神様がおられるな、と自然に頭が下がる雰囲気がある。実際、具体的なお願い事項はこちらでどうぞ。でも、鹿島の神様は武神ですので、恋愛・結婚には、ちと弱い。得意分野は出世・合格・抜擢・名誉・・・etc一番得意なのは、「勝負」 運だ。また、鹿島立ちという有名な言葉がある。これから新しい環境・人生に向かうときに一番の力を発揮してくださる。猿田彦大神様も新しい門出に力を添えてくださるが、鹿島の神様は新たに 「勝負」 に出るときに、スゴイ力を出してくださる。アスリートとか囲碁・将棋など、勝負の世界の方々がよく参拝に来られます。餅は餅屋。 しんどいときに生き抜く力を与えてくださいます。あーん、私って可哀想・・(ノД`)・゜・。という、悲劇のヒロイン症候群という不治の病に憑りつかれている方は、鹿島の神様に自分の言い分を訴えてみてください。そのときは分からなくても、「あら???」 と変わらざるを得ない状況とか心境の変化とか、立ち上がる勇気とか与えられる。ほんとです。(神様がおられることを前提に書いています。) 奥宮を斜め後ろからパチリ。ここら辺での人気スターが下の写真の木。御神木ではないがファンが多くやって来る。私もこの木が大好き。奥宮の裏。私は辛いとき、よくこの木に訴えて泣いてました。御神木には近寄れないが、この木はいつも参拝者を包み込んでくれる。優しい木です。でも木の根元は踏まないでください。 御手洗池へ参りましょう。 足元に気をつけてくださいね。段差があります。此の先は急な坂。 坂を下る。行きはよいよい帰りはしんどい・・・坂です。 坂。 更に坂を下りると、一休みできる茶屋がある。 御手洗池(みたらしいけ)へ。こちらの池は、正月に大寒禊の場として大勢の男性たちがふんどし一丁で池に入る神事で有名な池。 物凄い量の神水がこんこんと湧いていて、池の底が透けて見えるほどの美しい池。ああ、ここにも神がおられるなあと思う。こちらの神水は頂けます。茶屋で空のペットボトルも購入できます。自分で持参しても可。 私はエビアンのペットボトルに入れて持ち帰った。笑 鯉がいる。元気そうです。水が綺麗ですもんね。ところで、大勢が入る禊のときは鯉はどうしているんだろう? 茶屋で一休み。 ペットボトルが買える。 御団子と甘酒。甘酒やお茶やコーヒーは、神水で煎れたもの。美味しい。 これもど~ぞ、と頂きました。古代米で炊いた一口ごはんとお茶。一人で来ているのが私だけだから、ご苦労様と思われたのかな。 旅先で、人と人との交流。お遍路とかもそうだと思うけど、信仰心からくる旅人への思いやり。心が温かくなる瞬間。こちらへお越しの際は、ぜひ寄ってね。なんでも美味しいですよ。(^O^)/要石(かなめいし)へ向かいます。 森。 森で迷子にならないように道標がちゃんとあります。 さあ、要石へ来ましたよ~。鳥居の向こうにあります。 この関東に地震を起こす大ナマズを押さえてくれている石。 要石(かなめいし)。香取神宮は凸型。鹿島神宮は凹型。 二つでワンセット。最近、熊本が揺れると鹿島・香取地方も揺れる。数時間とかタイムラグの後で起きる・・・断層が繋がってるんですね。往古から、人々は要石に祈りを込めた。地震から、この国をお守りください。 小林一茶が、ここで詠んだ一句。 小林一茶に、ちょっと親近感。同じ場所で同じように要石に向けた想い。数えきれない人々の大きな祈り。人間の力ではどうしようもできない、自然の驚異に人々は謙虚に頭を下げた。もしかしたら、現代人は謙虚さを忘れてしまったのかな。。。要石は、人間を謙虚にさせる。 もちろん祈ることだけでなく、危機管理意識をしっかり持っていきましょう。さあ、帰ろう。参道を戻ると、人出が増えていた。 茅の輪のほかに剣や柔道など武道を神に捧げる神事も行われます。下の写真は、不二流体術奉納式の舞台。なんだろう、観たかったけど帰ることにした。 鹿島の神様、また参ります。鹿島神宮駅で高速バスに乗る。 鹿島アントラーズの試合が無ければ余裕で座れます。(^_-)-☆ 高速バスで2時間~2時間半。無事に帰宅できました。古代の信仰エネルギーが生きている聖地へぜひお越しください。元気になりますよ。いつもお読みいただきありがとうございます。応援クリックを頂けるととても嬉しいです! スピリチュアル ブログランキングへ

      92
      テーマ:
  • 16 Jun
    • 常陸国一之宮 鹿島神宮③・・・奥宮&元祖!鹿

      鹿島神宮②の続きです。。東国三社の鹿島神宮にお伺いした。ここは広い。そのため、4回シリーズになっちゃいました。よろしければお付き合いください。m(_)mいや、別に1回だけで書こうと思えば簡単です。でも、愛するお宮を書こうとすると、あれも・これも・あ~あれも知ってほしい、と次から次へと出てきてしまい長くなります。伊勢神宮シリーズほどは長くなりませんが。笑私のブログを縁あって読んで頂けた方々に、ぜひ参拝にお越し頂きたいと心を込めて書いています。下の写真は社務所など諸々に使う建物。御朱印はこちらで。↓下の写真は仮殿。2代将軍の徳川秀忠が、今の本殿を寄進した。そのため、本殿が完成するまで神様がここにおられた。人間もそうですよね。家の新築時に、仮住まいしますもんね。下の写真は、宝物殿。300円お納めすると、スゴイ刀が見られます。写真NGなので残念。刀マニアの方はぜひお越しくださいませ。目の保養になります。さあ、奥参道へ!参道の両端から向こうは手つかずの森。こちらの森は、茨城県指定天然記念物だ。色々な植物が混ざっている。公式HPによると、生育南限・生育北限が混ざっているとのこと。ああ、確かに茨城県て東北ではないし、植物生育の南北の境目なのかも。あの整然とした伊勢の森とは、ちと違う。少し歩くと見えてくる。鹿園。鹿園というのは、鹿の遊園地ではありません。鹿が飼われている場所のこと。奈良の春日大社の鹿は有名。奈良といえば鹿。鹿といえば春日大社。春日大社といえば鹿島神宮。あれ?繋がんない?そうです。。。春日大社の鹿は、ここ鹿島神宮の鹿がご先祖なのです。(神社ツウには有名ですが)その昔、称徳天皇のとき(767年)に、春日大社の御祭神として、武甕槌大神をお迎えしようということに決定した。春日大社 「神様、ぜひ平城京へお越し下さい。」武甕槌大神 「わかった。では参ろう。」武甕槌大神 「では参るぞ。スタンバイはいいか?」白鹿      「マジっすか?・・・遠いなあ。」・・・で、白鹿は神様を乗せて、はるばる奈良へ旅立った。それ以来、春日大社と鹿島神宮の絆は切っても切れぬものとなった。平成の世でも、春日大社の重要な神事では、鹿島神宮の神職が、茨城から出向いて参加する。そうです。神鹿の元祖は、奈良ではなく鹿島だったのです。鹿島という名も香島だったのが、神様の遣いの鹿から頂き鹿島に変わったという説あり。鹿島神宮の鹿は、放し飼いにされていなくて、網越しに見ることが出来ます。上の写真は、係の方が来たのでエサかな??と色めきだった瞬間。鹿島神宮のシンボルである鹿の角は、いまはサッカーの鹿島アントラーズのシンボルマークに描かれている。(画像が無くてすみません。)奥参道へ戻る。歩くと、NHKBSのドラマのロケ地であるとの看板がある。確か主演は堺雅人さんでしたな。森の中を歩く。すると奥宮が見えてきます。奥宮こそが、本来の鹿島神宮の姿。ここまで森の中を歩いてくると、かなり魂が浄められて元気になってくる。この奥宮の前で、じーっと佇んで祈られる方が多い。魂が喜びます。私の個人的な意見として書かせて頂くと、鹿島神宮って、森全体を覆うように神のエネルギーが存在しているように思う。(霊能者の方の異論は当然認めます。。)小さなお社ひとつに、神がおられるのではなく、鹿島神宮全体が 「神」 だ。今回、鹿島神宮①で楼門の写真に眩しい光が入ったけど、ここは毎回光を感じる場所が異なる。拝殿でじっくり祈祷して頂くのも大賛成だし、神事に参加されることも大賛成だが、この奥参道をゆっくり歩きながら、「神」 へ心の中で話しかけていると、あるところで、ハッとする。心の中にメッセージ OR 気づき OR 感動が深いところから上がってくるのである。その大きな 「神」 のエネルギーは要石に向かって大きく強くなっていく。できれば、大勢と参拝したとしても一人一人で静かに内面と向き合いながら奥参道を歩くことをお奨めします。歩きながら瞑想できます。神様となんか、繋がれるわけないじゃん!!と信じているアナタ。そんなことありません。人間はもともと自然と共に生きてきたのです。その原始的な感覚にふと気づくことがある。そんな体験をさせてくれるお宮です。④へ続きます。いよいよ要石~御手洗池へ伺います。いつもお読みいただきありがとうございます。応援クリックを頂けるととても嬉しいです!スピリチュアル ブログランキングへ

      72
      テーマ:
  • 15 Jun
    • 常陸国一之宮 鹿島神宮②・・・拝殿&茅の輪

      鹿島神宮①の続きです。。東国三社のひとつ、鹿島神宮へお伺いした。ここの拝殿って、なにかの雰囲気に似ていると常々思ってた。・・・そうだ。戦国時代の戦の本陣だ。武将が中央に座ってる、あれですよ。幕のせいなのかな?大河ドラマに出てきそう。ちょっと待った!まず最初にこちらへ。高房社。知ってる人は知っているというお宮。拝殿の向かって左側に、こじんまりと鎮座。御祭神は、建葉槌神(たけはづちのかみ)。もともとこの地域は大和朝廷が勢力を伸ばす前に強い豪族によって治められていた。天香香背男(あめのかがせお)という神様と、星を信仰していた非常に結束力の強い豪族だった。でもそんなことで大和朝廷が諦める訳がない。出雲の国譲りで大活躍した武甕槌大神(タケミカズチオオカミ)が、制圧に乗り出したが、なかなか降伏しない。強かったのね。。そこでタケミカズチはヘルプを呼んだ。それが建葉槌神(たけはづちのかみ)だった。この神様は凄い助っ人で、豪族もひれ伏した。つまり大和朝廷にとって、この鹿島の地域を手に入れた最大の功績がタケミカズチとタケハヅチだったのだ。・・・で、タケハヅチは神様としてこの高房社に祀られた。それ以来、鹿島神宮では現在にいたるまで、拝殿に詣でる前に高房社に詣でる習わしが続いてきた。なので、まずはこちらに参りましょう。こちらの神様に最初に御目通しをすることは、ご利益があります。「おっ?そなた順番が分かっておるな。(^-^)」と喜ばれます。下の写真が、高房社。そして、拝殿へ。ちょうど御祈祷が始まったばかりでしたので、そっと遠くからパチリ。あのドーンドーンという太鼓の音がいいですよね。写真を撮ったあと、賽銭箱前でご挨拶の後、そっと右へずれて御祈祷を拝見する。このときは、10名以上の大人数だった。下の写真は、心願の剣。絵馬もいいけど、さすが武神が御祭神ですね。お願いが神様へ刺さりそう。笑下の写真は拝殿、右が御本殿。2代将軍の徳川秀忠が寄進した。重要文化財。4棟でできているお社なんだけど、正面が拝殿で後ろにずら~っと並んでいるので、横に入って2棟をパチリ。右側から入って後ろの本殿を拝見すると一番御神気を感じますよ。ところで、私は今回茅の輪をくぐるために来た。6月と12月には、茅の輪(ちのわ)という神事が各神社にて行われる。半年間の身の穢れを祓い、あと半年を無病息災で過ごすための神事である。本来は、地元の氏神様とか一之宮で茅の輪をくぐるのがベスト。しかし、この数年私は都内からここまでお伺いしている。混雑が本当に苦手なので、千葉や茨城までお邪魔している。都内からやってきても、鹿島・香取の神様は、「そうかそうか、遠くまでよく来たな。」とwelcomeな感じが伝わってくる。大好き。遠くてもトコトコ会いに行く。茅の輪のくぐり方は、最近英語でも解説されている。なんか訳が分からなくなって、ぐるぐる回って困っている方達がいた。笑確かに、パッと見て訳わかんないもんね。自分の名前を書いて申し込む。例・鹿島優作さん 24歳 の場合。 ↓ なぜ優作? 太郎じゃないんだ。笑人形(ひとがた)の紙を一枚いただき、名前を書く。自分の気持ちで、お納めします。(香取神宮など金額が決まっている神社も多い。)さあ、これでアナタも大丈夫!人形の紙にフッと息を吹きかけてというのは陰陽師が行う陰陽道でもありますよね。無病息災の祈りも、呪いも、表裏一体。。。さあ、鹿島神宮最大の見所。奥参道へ参りましょう。いつもお読みいただきありがとうございます。応援クリックを頂けるととても嬉しいです!スピリチュアル ブログランキングへ

      67
      テーマ:
  • 14 Jun
    • 常陸国一之宮 鹿島神宮①・・・大鳥居の奇跡

      鹿島神宮にお伺いした。香取神宮・鹿島神宮・息栖神社で東国三社といわれる。平安時代の頃は、「神宮」 と名乗っていいのは伊勢神宮・香取神宮・鹿島神宮だけだった。朝廷から見て、すごーい田舎だった関東の香取・鹿島の二社がどーして伊勢と並ぶほどの格を認められたのかは諸説ある。なんせ創建が神武天皇まで溯るほどの古社。縄文時代からシャーマンが儀式を行っていたんだろう、という説あり。関東の聖地だ。平安時代でも平成でも、共通しているのは聖地って都心から遠い・・・。でも広いんですよ。公式HPでは、東京ドーム15個分の広さと記載がある。しかし、神宮に限らずどうして色々なものを東京ドームで比べるのだろう?東京以外の人とか、私みたいに都民でもライブや巨人戦に行かない人間は、・・・広いんだ。くらいの感想だろう。私にとっての東京ドームは、地上に出た丸の内線から見える遊園地の一角だ。鹿島神宮は、その通り広いので、4回に分けて記事を書かせていただきます。よろしければお付き合いください。m(_)m大好きなお宮💛です。参拝客誘致の心を込めてお送りします。(鹿島神宮からは何も頂いてませんよ。笑)下の写真は、鹿島神宮駅。初詣だったり、鹿島アントラーズの試合があったりすると大騒ぎになる駅。ふだんはひっそりとしている。パスモもスイカも使えない。そのため、香取神宮から鹿島神宮へ回る客のため香取神宮最寄り駅の佐原駅では、「鹿島神宮駅ではカードは使えません。」との掲示がされている。切符を自販機で購入して電車に乗りましょう。1時間に1本。ただしお昼の時間帯は電車…ないです。注意。神社仏閣回りをするようになって、時刻表をアプリで確認するようになった。改札口は自動改札機ではありません。なんか懐かしいレトロな雰囲気です。駅から徒歩10~15分くらい。坂を上り、左へ曲がると参道。(看板出てます)そのまま直進すると、大きな鳥居が見える。この日は晴天だった。暑い。今の鳥居も立派だけど、私はやっぱり前の白い石の鳥居が好きだったな。下の写真が、今の木製の鳥居。以前は、国産の花崗岩で作られた大きな鳥居だった。白くて立派で遠目からでも太陽光に反射してそれはそれは綺麗だった。あの東日本大震災までは・・・。2011年3月11日。震度6の本震でヒビが入り、30分後の余震で倒壊してしまう。ここからが、有名で不思議な話。巨大な石の鳥居は境内の入口に建っていた。鳥居の目の前は土産物店や民家がある。余震で避難している人々も大勢いた。そのとき・・・鳥居は人がいない参道側へ倒壊した。まるで何かに引っ張られるように、きれいにそのままの形で後ろ倒しで参道に倒れた。そのため、怪我人は一人も出なかった。神職一同・氏子一同は、奇跡だと泣いた。上記の写真は、鹿島神宮公式ホームページからお借りしました。http://kashimajingu.jp/category/about/私もその話を聞いたときは涙が出た。やっぱりアンビリーバボーな話は実在する。下の写真は参道から見た、おニューの鳥居。旧鳥居は、地震で手前に向かって倒れた。参道に入ると右側に御稲荷様がある。私は、ここの御稲荷様は好き。いつも歓迎されているように感じる。最初か最後に伺うかは、そのときによるけど今回は、最初にお伺いして写真を撮る。至近距離は遠慮しました。参道の木。別に御神木じゃあないけど、なんか好きな木。つっかえ棒で支えられている。関係ないけど、人間関係も同じだなと思う。人はみな知らないところで支えられている。下の写真は手水舎。お金を入れないで、って書いてあるのに、どうしてもご利益が欲しくて入れる人がいるので、仕方なく、今は右下に賽銭箱が置いてある。手水舎の水で、口もすすぐので、お金を入れるのは止めてくださいね。ここにお金を入れても、ご利益とは関係ないかと思います・・・楼門。不思議だ。シャッターを切る前までは、そんなに眩しいと思ってなかったけどな。(他にも撮影者いたし)不思議だ。なんかねえ、スサノオ様のような迫力を感じた。ブルーの光。「おう!よく来たな。」 の感じ。タケミカヅチの神様は似ているようで似ていないからとても不思議だ。なぜ、ここでスサノオ様??(末社にはおられるけど)下の写真は、手水舎の左側におられる摂社・末社のみなさま。沼尾神社・坂戸神社の遥拝所。末社 津東西社。末社 祝詞社。末社 須賀社。摂社・末社にお参りされない方は多いですが、鹿島神宮のこちらのみなさまは、かなりのエネルギーがあります。ところで、熊野社を撮り忘れた。。大変申し訳ございません。m(_)mけっこうなパワスポですよ。知ってる人は多いんですね。いつも誰かが、お参りしてます。お参りする人数が多いと、神様も元気になるんですよね。下の看板は香取神宮にもありました。ドローンは持ち込みしないでね。お願いします。さあ、拝殿に参りましょう。(BSジャパンのグレースオブジャパン風)いつもお読みいただきありがとうございます。応援クリックを頂けるととても嬉しいです!スピリチュアル ブログランキングへ

      70
      テーマ:
  • 11 Jun
    • 下総国一之宮 香取神宮③・・・雅な戦いの神

      香取神宮の3回目です。最後です。千葉県香取市に鎮座される香取神宮にお伺いしました。最初に要石~奥宮にてご挨拶の後、拝殿へ向かいます。下の写真は、隋神門。 奥宮から徒歩2分~3分。階段を上がると境内。右に見えるのは総門。奥宮に寄らずに、参道をまっすぐ歩いてくると、鳥居~総門になる。コースはお好みで。(^_-)-☆いつも掃除が行き届いていて清々しい。 手水舎。 木母杉。水戸光圀公が名付けた。ここら辺にある全ての杉の木の母だ、という意味。老木だったんですな。 隋神門。 神額。 境内。あら~茅の輪があるう♪ 6月だなあ。 茅の輪越しに見た拝殿。相変わらずシックで美しい。 拝殿側から見た茅の輪と隋神門。朝早いので誰もいない。。。 御祭神は、経津主大神(ふつぬしのおおかみ)あの出雲の国譲りの際に、武甕槌大神(たけみかづちおおかみ)と一緒に「ねえ、国を譲んなさいよ。」 と交渉した神である。古事記や日本書紀の記述では、けっこうすんなり出雲がアマテラス側に国を譲ってくれたが、その功績が認められたのかどうか、この二柱の神は、武神として有名になった。確かに、柔道とか合気道とか剣道とか、武道の稽古場には、「香取大明神」 とか「鹿島大明神」 という掛け軸がたいてい下がってる。あの漫画やアニメや映画のヒット作、るろうに剣心でも薫の父親の道場に、掛け軸がかかってましたよね。かっこいい神様である。この拝殿・本殿は、黒漆塗の檜皮葺(ひわだぶき)。各所に鮮やかな彩色が施されていて本当に美しい。剣の神様にしては、本当に雅なお宮である。 アップで拝殿をパチリ。 拝殿前へ。賽銭箱の隣に募金箱。 被災地では、阿蘇神社をはじめ多くの神社が被害を受けた。神社同士で助け合い。みんなで助け合いましょう。関東だって明日は我が身。。でないことを祈る。本殿の裏側に摂社・末社がある。末社。櫻大刀自神社。木花開耶姫(このはなさくやひめ)日本書紀ではこの漢字を使うようです。 こちらは香取の大神様の親神様。摂社 匝瑳神社。 下は摂社 鹿島新宮。(鹿島神宮とは表記しない。)鹿島の神様、これからそちらへお伺いします。m(_)m 香取神宮では、本殿の真裏に祈る場所がある。ここは混んでいないので、マニアはいつもこちらで祝詞を唱えている。 出雲大社と同じく、正面より裏のほうが御神気が強い。 斜め後ろから見ても美しい。屋根、いいですよね~ エレガントで品がいい。 平成25年~26年にかけて修復工事を行っていた。建物は重要文化財なんだけど、屋根が新しくなりまして、今おニューの綺麗さ。出雲大社もそうだけど、宮大工さんたちの芸術的なスキルにはいつも感動する。 御神木。大らかな優しい御神気。人間が触れないようになっているからか、とてもお元気そうだ。これからもお健やかであられますように。 御御籤。いつもブログにはアップしないんだけど、なんか心に沁みたのでパチリ。過ぎたことを思い悩んだり、将来のことを案じずただ今日を面白楽しく、神様を念じて正しく生きていきなさい。 とのこと。はい。m(_)m 隋神門の横にWiFiが繋がるところがあります。(コンセントはありません。)なんかいいですね。KATORI FREE だって。 香取神宮で、神様に存分に構ってもらって元気が出たので、次に鹿島神宮へ。総門の向こうに鳥居が見える。 いつも思う。こちらの神様は剣の神様で武神なのだが、どうしても女神じゃないの?と思ってしまう。男神ですよ。でも、雅な雰囲気だけでなく御神気は女神を感じる。私にとっては、香取の神様が女神、鹿島の神様が男神だ。(異論認めます。)ぜひお越し頂いて、鹿島神宮との御神気の違いを感じてみてください。関東民だけでなく全国から来てほしいな。いつもお読みいただきありがとうございます。応援クリックを頂けるととても嬉しいです! スピリチュアル ブログランキングへ

      94
      テーマ:
  • 10 Jun
    • 下総国一之宮 香取神宮②・・・護国神社~要石~奥宮

      香取神宮①の続きです。。今回は、護国神社~要石~奥宮の記事です。大鳥居から入って参道を少し進むと、左側に要石道という目印がある。なんかオリエンテーリングみたい。(^◇^)道案内ありますよ。左側へ進むと石段がある。ハイヒールだとコケそうなので、歩きやすい靴でお越しください。石段を上がりきったら、右側の石段へ。コワがらせるつもりはありませんが、ヘビや虫に注意。。(^_^;)護国神社。明治以降の戦争などで殉じた御霊をお祀りしています。気配を感じてパチリ。・・・あ、いらっしゃいましたか。。護国神社にご挨拶して進むと要石がある。お向かいは御稲荷様ですが、なんか撮らないでよというオーラが出ていたので写真はなし。(機嫌を損ねたくないので)下の写真が有名な要石。(かなめいし)昔から、関東は地震が多い。なので、香取・鹿島の神様が大ナマズを上から石棒でグサッと押さえつけた。(痛い)そのナマズが動けなくなった理由が要石らしい。ということで、鹿島&香取の要石はワンセットでこの関東を地震から守ってくれている。あの水戸光圀公が1684年(貞享元年)に香取神宮にやってきて、要石を見たときに下がどうなっているのか興味が出て黄門さま 「あの石を掘り出せい。」家臣   「マジっすか?」黄門さま 「マジじゃ。」家臣   「御意!!」・・・で、石を掘り出そうと頑張ったが、深くて石が全部出てこない。黄門さま 「ダメじゃん。諦めた。」家臣  「御意!!(だから言ったのに・・)」ということで、今に至っている。これが全部掘り起こせなかった要石。実はですね。けっこうなエネルギーがあると思うんだよなあ。要石。。。なんだろう?昔々の誰か霊能者が、なんか入れたかな?バチは当たらないと思うけど、物を投げたり長い棒とか傘みたいなもので触ったりとか、そういう失礼なことはしないほうがいいです。香取神宮の要石は凸型。鹿島神宮の要石は凹型。ふたつでワンセットです。東日本大震災のとき、鹿島・香取地方は他に比べて被害が小さかったのは要石のおかげだという。信仰です。要石を出て左側へ下りて、さらに突き当りを右へ。民家の私道を進みます。(下の写真)掃除が行き届いていて、両脇に花も植えられていて地域全体で参拝者を迎えて下さっている気がする。道路に出たら左へ。30メートルくらい進む。左側に入る。(下の写真)剣聖と呼ばれた方のお墓がある。しかし、私は人んちのお墓参りはしないので、一礼だけして右へ進む。奥宮へ到着。わーん、嬉しい!!!なんかワクワクしてときめいてしまう。奥宮LOVE💛鳥居をくぐり、まっすぐな道の奥に、お社が見える。香取神宮の御祭神。経津主大神の荒御魂がお祀りされている。このお社は、昭和48年の伊勢神宮御遷宮のときの古材で作られた。御遷宮のときに解体された古材は、このように全国津々浦々の神社で活かされている。無駄遣いはしないんですよね。本当はねえ。あまり記事に書きたくないのが本音です。だって混んだら困る。いつもここに30分以上佇んでいるので、ゾロゾロ来られると困る。しかし、書きます。ここには神がおられます。ほんとです。霊能者じゃなくたって、ここがパワスポだと判ります。色々と想いを伝える。。。m(_)m感覚が研ぎ澄まされていくので、ここにはワイワイ大勢で来ないで、おひとりでゆっくり参拝されてみてください。伊勢神宮もそうだけど、荒魂の神は、お願いをきいてくださいます。(神がいることを前提に書いています。)下の写真は、お社から見た参道と鳥居。こちらでゆっくり魂が洗えます。さあ、御本殿へ参りましょう。(BSジャパンの グレースオブジャパン風)続きます。。。いつもお読みいただきありがとうございます。応援クリックを頂けるととても嬉しいです!スピリチュアル ブログランキングへ

      82
      テーマ:
  • 09 Jun
    • 下総国一之宮 香取神宮①・・・大鳥居~参道

      数あるブログの中から、このブログにアクセス頂きまして、ありがとうございます。(^O^)/6月になりまして、茅の輪くぐりの季節になりましたので、香取神宮・鹿島神宮にお伺いしました。6月と12月は必ずお伺いしております。(気が向けばそれ以外でも)ウチの近所の氏神様では茅の輪を置かないんですよ。大宮氷川神社や大國魂神社は混むし。なので、都民のくせになぜか鹿島・香取の神様までお伺いしてます。で、今回は3回に分けて(いつもすみません。)香取神宮の記事を書きます。 東国三社といわれるお宮は、香取神宮・鹿島神宮・息栖神社。。である。この三社を回ると、ご利益があるといわれている。しかし、私はいつも鹿島・香取の二社のみにお参りしている。息栖神社には、お伺いしたことがない。私は、車の免許を持っていないので、公共交通機関だけで三社を回るのはしんどい。いつかは息栖神社にもお伺いいたします。・・・で、まずは香取神宮へ。下の写真、なぜか青い光が写りました。天気が良くて、太陽光の角度が織りなす奇跡。ねえ、偶然でも嬉しいですよね。歓迎されているみたいで。 私はいつも香取神宮~鹿島神宮の順にお伺いするので、香取神宮ではいつも朝日だ。下の看板は、時代だなあと思う。ドローンは持ち込まないでね。お願いします。 私が公共交通機関のみで、鹿島・香取と両方にお伺いするコースは、東京駅発 エアポート成田乗車。↓成田着。JR成田線 銚子行き乗車↓佐原駅着。タクシーで10分。 香取神宮着。香取神宮出~佐原駅までタクシー。佐原駅発 JR鹿島線 鹿島神宮行き乗車↓鹿島神宮駅着。 徒歩にて鹿島神宮着鹿島神宮駅発 高速バス乗車(京成orJRバス)↓東京駅 日本橋口着。これだと、朝東京を出て夕方には帰宅できる。注意事項としては、鹿島神宮駅ではパスモ・スイカは使えません。私はいつも佐原駅で切符を買います。もし、ICカードで乗車しちゃったら駅の窓口にて清算となります。気を付けてね。参道。 大好きな参道。私の好きな参道は、伊勢神宮の内宮・外宮の他に宇佐神宮・熱田神宮・白山比咩神社・大神神社そして、この香取神宮と鹿島神宮である。木々の木漏れ日が神々しい。水と緑と太陽の光。ああ、日本の神々がおられると思う。西洋の聖書の神とは異なる自然精霊信仰。今の夢は熊野古道を歩くこと。ああ、そうだ三峰神社もお伺いしなくては・・もう!この今世でお伺いしたいところがいっぱい!・・・私は海外旅行に行かないんですよ。(^^;飛行機が嫌い、ということもあるけどまず日本で行きたいところに、お金と時間を使いたい・・香取神宮の参道も本当に魂の洗濯ができる。 神池。 ゆる~い角を曲がり、神池を両方に見ながら歩くと、次の鳥居が見えてくる。 下の写真は総門。この日は誰もいなかった。(朝早いし)初詣は大騒ぎみたいですよ。 この上に手水舎~楼門があります。・・・が、私はいつも最初はここまで来ない。いつも最初に護国神社~要石~奥宮~楼門~拝殿の順に回る。今回は、ブログ用に参道を撮りました。明日は、要石や奥宮を書きます。いつもお読みいただきありがとうございます。応援クリックを頂けるととても嬉しいです! スピリチュアル ブログランキングへ

      86
      テーマ:
  • 05 Jun
    • 浅草神社・・・三社をお祀りする神社

      このブログにご訪問頂きありがとうございます。毎回、気ままにスピリチュアルや神社仏閣を書いています。今日は、浅草神社です。これがですね、浅草寺→せんそうじ浅草神社→あさくさじんじゃと呼び名が異なる。せんそうじんじゃ、ではありません。(知ってるよ! ( ー`дー´)キリッ)・・・すみません。 浅草神社は、浅草寺境内の横(?)隣(?)に鎮座されている。創建は浅草寺と同じ位とするのは、ちと無理があるようで、公式HPでも平安時代頃ではないかという説が記載されている。前記事の浅草寺でも書いたが、漁師だった兄弟の檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)と、郷司だった土師中知(はじのなかとも:名前には諸説あり)の三名を三社としてお祀りした神社である。兄弟が今の隅田川で観音様を網で拾い上げ土師中知が、「これは観音様じゃん!やばいよ!」(注・オリジナル現代語訳)と、いうことで後々観音堂が出来た。つまり、この兄弟が網にかかった観音様を「チェッ、食えないし売れないし、いらん。」と捨ててしまっていたら、浅草寺は無かった。また土師中知が、兄弟から相談を受けて「たいしたことないよ。お宝でも何でもないよ~ん」と、粗大ゴミか燃えるゴミ(飛鳥時代は無いか笑)で、捨ててしまうか、誰かに二束三文で売っちゃったら、浅草寺は無かった。偉大な三名なのである。この三名がいなかったら三社祭はなかった。時に歴史は無名の人間をヒーローにする。今では神社の 「神」 として祀られている。時々、ネットでも 「神」 が降臨するが、ネットの神々は神社に祀られないもんね。(ネットでもスキャンダルで○○祭りするが。。)下の写真は、鳥居から見た境内。こじんまりとしている。狛犬さんたち。ここの狛犬さんたちはファンが多い。前髪パッツンで可愛いの。手水舎。シンプルなデザインですが、綺麗に掃除が行き届いていて、お気に入り。拝殿。光の玉が写りました。御神気が凄い。私はこちらの拝殿前で感覚を合わせながらいつも思うのだが、「・・・三社だけか?」ということ。私は霊能者のように、神や仏や霊の具体的な声とか聞こえないので、はっきり言えないけど昔話で読む、三社の方々だけではない気がする。昔からここにおられた土地神様方ではないか。そこに1000年以上も、人々の信仰のエネルギーが加わって、「神」 として存在しているのではないか?という仮説だ。プラス三社のみなさんが共におられるのではないか、と。なぜかというと、ここで感じる 「神」 はとても愛情深い面倒見の良い神様だからだ。仏の慈悲に近い。神仏混合の影響もあるだろう。山や川や海や滝とか、自然信仰の 「神」 とは御神気がちと違う。ここの神様は、お伺いすると「よく来たね~」感があるのである。上から目線じゃないのである。だから私は、仏に近いなと思うのである。ぜひ、ご自分で拝殿の前で感じてみてください。あ、霊能者の方の異論も当然受付いたします。第三者の厳しい目で精査をお願いいたします。m(_)m (旬な話題は必ず入れます。笑)上の絵馬は東日本大震災のときもあった。もう二度と見なくてすむ日本でいて欲しかったがまさか熊本の件で必要になるとは思わなかった。少しの金額だが協力させていただいた。がんばれ日本!!!では、楽しい話題を。。ここの神社のパワスポをご紹介。縁結びで有名な狛犬さんカップルである。ここの狛犬さんたちに会いに、津々浦々から女子たちがやってくる。(男子も)ほ~~ら、LOVE LOVEでしょ!💛東京大神宮が混んでて、並ぶのがしんどかったアナタ。浅草神社は並ばずにお願いできます。ここの神様は面倒見いいです。なんせ浅草の人々をはるか昔からずーっと見守ってきた愛情深い神様ですよ。ぜひ来てね💛いつもお読みいただきありがとうございます。応援クリックを頂けるととても嬉しいです!スピリチュアル ブログランキングへ

      101
      テーマ:
  • 04 Jun
    • 浅草寺③・・・影向堂・名物おみくじ他

      浅草寺②の続きです。最後です。写真は、宝蔵門から見た五重塔。浅草寺は広い。全部を回ろうと思ったら、多分1時間~2時間位予定を入れておくと悔いのないお参りができます。私は混雑が始まるとサーっと帰ってしまうので、全部廻れないこともある。どんだけコミュ障なんだ・・・人混みがダメなんですよ。本堂を出たら左側の影向堂へ。素敵な名前ですよね。観音様が説法されるのに協力している仏様方を影向衆(ようごうしゅう)と呼びみなさま勢揃いで、私たちを迎えてくださる。なんというか、会社でいうところの観音プロジェクトメンバー。観音様が救おうとしている衆生を、最強プロジェクトメンバーで干支ごとにリーダーとなって守護してくださる。仏は有難い。中は写真NGなので、ここまで。浅草寺にいらしたら、ぜひともお越しください。中央に聖観世音菩薩がどーんといらして左右にずら~っと干支の守り本尊がおられます。ご自分の干支は、どの仏様が守護してくださっているのかは、説明書きが出てますのでご確認を。(私の干支は内緒。笑)御朱印もこちらでいただけます。下の写真は阿弥陀如来像。江戸時代は阿弥陀三尊だったのに、現在は一体のみ。こちらの阿弥陀様は、下から見上げるようになってますが、不思議なことに左右から見てもなぜか視線が合います・・・メッセージを頂く人も多し。六地蔵石灯籠。下の写真は、六角堂。日限(ひぎり)地蔵尊がお祀りされている。日にちを決めて通い祈ると叶うとか。何日だとOKとは書いてはいないので、お百度参りとは違うようです。とても古く都指定文化財。昔からどれだけの人々が通ったんだろう。下の写真は、薬師堂。浅草寺の中でも古建築のひとつ。ここは、なんか呼ばれた気がしてパチリ。やっぱり何かがいる気がする・・こちらの仏様は強いかも。下の写真は一言不動。(ひとことふどう)何か願い事を一つに限ってお願いすると叶えてくださるとか。そういうシンプルな考えは大好き。確かに人間相手でも、グダグダ言うよりきっぱりさっぱり文章短めで、要望書を記載した方が印鑑も早くもらえる。いま知舛添事がグダグダやってますが、一言きっぱり認めて都民に謝れば、こんなことにならなかったのに。。。下の写真はお社です。(神仏混合)左が金龍権現さま。右が九頭龍さま。龍LOVEの方はぜひともお参りください。下の写真は、三峯神社。こちらも神仏混合のなごりです。私は秩父にお伺いしたことないのだが、いつもお伺いする神社仏閣に、さりげなく三峯の神様がおられる。いつかお伺いいたします。。。m(_)m二尊仏。下の阿弥陀如来様の前で、ひたすら祈っておられる年配のご夫婦がおられた。浅草寺って、仏様方があちこちにおられるので、御贔屓の仏様ができることもある。往古から人々は、人生の辛苦や岐路で仏に救いを求めた。私が好きなのは、下の写真の母子地蔵尊。母が子を想う心は、この世もあの世でも存在する。私の今世は、子供を産まない人生を選択したけどここに立つと母を思い出す。全ての母たちへお地蔵様は慈悲を注いでくださる。浅草寺での名物は凶が出るおみくじ。30%くらいの確立で凶が出ます。笑でも昔はどこでもこれぐらいは入っていた。昔ながらのおみくじ。私も凶。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \結びませんよ。持ち帰りました。・願い事叶わず・待ち人も来ない・病も長引く。いいわねえ! ドMになりそう。笑で、まとめですが。1000年以上、市井の人々の信仰が捧げられた浅草寺へ、是非ともお越しください。今は外国人ばっかりですが、まずは日本人にこちらの魅力を知って欲しいなあと心から思います。明日は、浅草神社をアップします。いつもお読みいただきありがとうございます。応援クリックを頂けるととても嬉しいです! スピリチュアル ブログランキングへ

      73
      テーマ:
  • 03 Jun
    • 浅草寺②・・・観音様の昔話

      浅草寺①の続きです。。早朝にお伺いしたので空いている。お水舎。なんか暗く写った。。こちらで浄めて本堂へお伺いします。手前で御線香をお供えしますが、大勢の外国の方々が立ち昇っている煙をお互いでかけあっていて面白い。写真は断念。(;・∀・)本堂の階段を上がる。。。中の写真は遠慮いたしました。あの独特の香りと共に観音様に会える喜びでニコニコ上がる。浅草寺では、宗派関係なく先祖への回向ができる。私みたいに、母が再婚先の墓に入っていたり、父の墓がどこにあるのか全く分からない私にとってこちらの回向は有難い。お彼岸やお盆など、こちらへ伺えば先祖に回向できる。先祖に会えた気がする。当日申込みでOK。住所を記入するので、次回からは浅草寺から「お彼岸回向」とか案内がくる。顧客管理がしっかりしてます。。。五千円で、他界した身内ひとりを回向できる。でも、まとめちゃえ!ということもできますので、そういうときは、○○家で申込みもできる。独身なら、五千円×2で両家分できるが、既婚者は、実家+嫁ぎ先=4枚申込みするとカンペキです。(計弐萬円)御線香か砂糖がもらえます。私は両家分で一つ御線香を焚いて、一つ頂いた砂糖で小豆を煮ます。私がぽつんと一人で回向してること、絶対に他界した両親にも先祖にも、伝わってると確信してるので楽しいです。(^人^)本堂の中は靴を脱いで上がれます。正面に座って何時間でも心の中で、観音様に話しかけていると飽きない。定時法要は、6時・10時・14時。。です。ところで、こちらの参道には歴史を展示している。ガラスを写したので光って見辛いのですが、(すみません) ここでまだ浅草寺にいらしたことのない方々へ。<観音様の昔話>注・オリジナル現代語訳昔々、飛鳥の時代の推古天皇の御代のころ江戸という片田舎に、仲のいい兄弟がいた。名を檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)といい、今でいう隅田川で漁をしていた。3月のまだ寒い春の朝、いつものように網を川へ投げたところ、「おや?何か、かかってる。」引き揚げたら、何と木彫りの像ではないか!(ガラスにビルが写ってます)兄弟は、これが何かが判らなかったが、郷司(ごうじ)土師中知(はじのなかとも:名前には諸説あり)はこれを見て、「やばい!これは聖観世音菩薩さまじゃん!」と、驚いた。彼は自宅を寺にして、(スゴイ) 観音様に帰依し一生信仰を捧げた。大変なものを見つけたおかげで、人生って変わっちゃう。。。これをご縁という。。。大化元年(645)、勝海上人(しょうかいしょうにん)がやってきて、浅草に観音堂を建立した。人々はこぞって見に来たが、ある夜夢の中に、「この本尊は秘仏としなさい。」と、なぜかケチな(失礼)指示がありまして、それ以来、浅草の観音様は秘仏として誰も見られない御本尊となった。「え~、観音様が見られないなんてひどいじゃん」と、どんどん増えた参拝者たちが言ったかどうか秘仏は永遠に見せてもらえないけど、御前立は作ろうということになり、慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)さまが御前立のご本尊を謹刻された。良かったね。淺草の観音様は、信仰の中心となり、武将も祈願にやってきた。平公雅も手厚く加護をした。源頼朝は、平家を討ちに行く前に、この浅草寺で祈願をした。徳川家も参拝に来た。そして、1400年経った今では、日本のインバウンドの中心地として、海外からも多くの参拝客が来るようになったとさ。めでたしめでたし。。2016年の今、境内から東京スカイツリーが見える。歴史ですね。長くなりましたので、また続きます。。いつもお読みいただきありがとうございます。応援クリックを頂けるととても嬉しいです! スピリチュアル ブログランキングへ

      71
      テーマ:
  • 02 Jun
    • 浅草寺①・・・都内最古のお寺

      このブログにご訪問頂きありがとうございます。 お久しぶりに浅草寺にお伺いした。下に英語。さすが日本のインバウンドの中心地。たまに日本語の会話が聞こえてくるとなんかホッとするくらい日本人が少ない。観音様って、本当に時々お会いしたくなるのですよ。たま~に魂が観音不足に陥る。(私だけ?)観音様には会いたいが、外国人観光客には取り囲まれたくないので、早朝にお伺いする。(差別ではありません。大歓迎です。)私は典型的日本人だと思うのだが、なぜか平気で英語で道やら何やら尋ねてくる。銀座や六本木ならわかるが、鎌倉の長谷寺でも、白人6名に取り囲まれて何か(解らなかった笑)いっぱい聞かれて逃げた。。・・・お寺の人に見えるのかな?先週お伺いしたのだが、なんと雷門はリニューアル工事中。観光客のみなさんが残念そうに中を覗いてた。2016年6月末まで工事中。あら残念。じゃあ仕方ない。ブログにご訪問いただいた皆様には、去年の写真で。リニューアル工事後はどうなるのかな。。そんなに傷んでなかったような記憶なんだけど。この雷門の提灯は、言わずと知れた松下幸之助さんの寄贈。お金持ちは本当に寄付とかは気前がいい。欧米の上流社会ではチャリティーを行うのは当然。お金は回す、ということを金持ちは知っている。参道を歩く。(混んでたので写真はなし)宝蔵門の手前右におられる仏様。あら~、紫の光が入りました。💛 嬉しい。こういうのって偶然でも嬉しいですよね。下の写真は、久米平内(くめのへいない)堂。剣の道に優れた人だったのだが、「やばい・・・俺はこんなに人を殺してるし。。」と、反省し罪を償うために、自分の姿を石に刻み人通りの多い仁王門の近くに埋めて「踏みつけ」にされるようにした。罪悪感て人をびっくりさせるような行動をさせる。ところが・・・踏みつけ・踏みつけ・ふみつけ・文付け・・・と、なぜか江戸時代に変換されて、どういう訳か恋文の文付けにいいということで恋愛成就の仏様として有名になった。。。うーん、なんかね・・・女性が多く参拝してます。私はここでじーっと感覚を研ぎ澄ませても、どうしてもそんな仏様を感じない。温和な仏様は感じる。優しいからかな。すみません。m(_)m感じる霊能者の方がいらっしゃったら訂正をお願いいたします。宝蔵門。下の写真は提灯の下の龍。雷門の提灯の下にも龍がいる。大人の女性なら手が届く高さ。この龍に触るといいと言われている。私も触りましたが・・・。そうかなあ?ご利益あるかな?それよりも直近で見てください。このカッコよさ!!惚れちゃう💛いつもしばし見惚れる。。下の写真は宝蔵門の巨大な草履。「やばい!こんなでかい草履を履く奴がいるんだ!」と、魔が逃げてしまうように作られている。あ~確かに逃げるかもね。(^^;大きさより、そこに込められた人間の念の強さのほうをいつも感じる。出雲の注連縄と同じ。人の心の強さ。さあ、本堂に参りましょう。・・続きます。いつもお読みいただきありがとうございます。応援クリックを頂けるととても嬉しいです!スピリチュアル ブログランキングへ

      83
      テーマ:

プロフィール

takako

性別:
女性
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
オーラソーマ英国認定スクール PPSコース、レベル3修了。 長年勤めた会社を辞めてフリーになりま...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。