初めて自分が何か学んだ事・・・。

例えば子供の頃に両親に教わった事、教わった事数知れず・・・。

でもだんだん脳が衰えて来たのか言われた事、教わったこと、

すぐ忘れてしまいます。(大塚に「覚える気が無いからや!!」)

といつも怒られています。(-_-;)

 

先日、30年前に教わった事を思い出していました。

友達の紹介であるアメリカ人の男の子と友達になりました。

彼はとっても頭がよくスタンフォード大学に行っていて、

留学生として日本に来日していました。(確か京大に行っていたと思います)

 

ある日友人達と彼の家を訪れた時、

我が家には無かったパソコンが机の上に置いてありました。

さすがの私もパソコンの存在は何とか知っていました。

「これで何するの?」と聞いたら「大学の資料を作ったり、ノートの代わりだよ」と

言われました。あと彼が「なにより凄いのはね、世界中の人と会話出来るんだよ」

と私に教えてくれました。いわゆる”メール”です。

なんのこっちゃわからず、頭のええ人は考える事、やってる事が違うな~と、

思いながら話を聞いていました。

 

それからすぐ彼はアメリカに帰国しました。

私は高校を卒業し直ぐに社会人になってましたから環境は違いましたが

初めて仲良くなった外国人、時々手紙が来たりして5年が経ったある日

連絡が入りました。「えつこ!久しぶりに会わない?」と。

 

もちろん!という事で久々に再開、同僚のアメリカ人の人もご一緒でした。

彼はアメリカでもトップクラスのコンサルティング会社に就職。

私がスペースツーワンに再就職する4か月ほど前です。

 

お互いの近況報告私は絶対インテリア関係の会社に再就職したいと考えてる話、

同僚の方も、「こんなコンサルティングの会社なんて辞めて実は家具が作りたいんだ」

と一言。友人はインテリアの勉強をしていた私と、家具職人になりたいと言った

彼を会わせたかったそうです。二人で盛り上がっている中ふと友人を見ると

顔がとっても元気が無かったのです。やはりどうも仕事が合わず、

でもやりたい事が見つからない・・・。といった状況だったよう。

 

残念ながらそれ以来25年近く彼に会えていません。住んでいる所も何をしてるかも

わかりません。ただ日本がとても好きだった子なので、世界でもトップクラスの

アウトドアメーカーの日本代理店の社長秘書になった事は風の噂で聞きました。

でも結局教えてもらったEメールを一度も出来ずままでした。

 

Eメールをしていたら今も友達でいれたかも・・・。ふと思い出しました・・・。

 

貴志悦子