親業セミナー:「子は親の鏡」(1) | 情報発信ステーション【進学塾SPS】

情報発信ステーション【進学塾SPS】

教育のプロからの深~い情報


テーマ:

『けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる』

この言葉の意味をみなさんはおわかりでしょうか?

あなたのかけがえのない子供を、意味もなくけなしていませんか?

けなされた子どもは、あなた方、親に対して、反抗するだけでなく、他人をけなすことは、当たり前の行為だと認識するようになるんです。

血を分けたあなた方、親にことある毎にけなされていればね。

このように、子ども達の心に他人をけなすことは悪いことではなく、正当なことだと植えつけているのは、あなた方、親なんです。

そのあなた方、親が「他人のいいところを見て、ほめてあげるのよ。」と言って、子ども達が素直に聞くと思いますか?

答えは、もうおわかりですね!

私はあえて答えは申しません。

人をけなすという行為は、実は【満たされない欲求のはけ口】なんです。

自分の子どもが、思い通りにならないことへの苛立ちが、あなたのかけがえのない子どをけなすという、いわば、あなた方、親自傷行為でしかありません!

では何故?

このようなことになるのでしょうか

その答えはあなた方、親が素直にご自分の心と向き合って考えないと、得られません!

次回は動画配信致します。

それまで、じっくりお考え下さい!

では、また明日。

ipodfile.jpg 

進学塾SPSの公式HP http://www.singakujyuku-sps.com/




ペタしてね読者登録してね

進学塾SPS塾長&教育評論家:前田健二さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス