週末トリップ_2018 盛岡 | S.L.B
2018-10-08 09:19:50

週末トリップ_2018 盛岡

テーマ:TRAVEL

 

岩手に引っ越した友人に会いに、新幹線はやぶさで盛岡へ。東京よりは肌寒く感じたが、青い空と澄んだ空気が心地よく迎えてくれた。
1日目は友人4人で小岩井農場、岩手手作り村、御所湖などを楽しむ事に。小岩井農場は東京ドーム640個分もの広さがあり、100年の森に行けるツアー、炭火焼バーベキュー、ミルク館でのソフトクリームと、大自然ならではの幸せと美味しい時間を満喫。芝生の美しさ、森の奥深さ、目の前にそびえる山々…春の新緑、秋の紅葉、冬の銀世界…四季折々の自然の風景を思い浮かべるだけで、東京とは違う人と埃の少ない地に住む友人が羨ましい限りである。
夜はイタリアンの「Gastro Sukegoro」へ。おしゃれな空間でほぼ満席の人気店。
4人で行けば好き嫌いも気にせずたくさんのメニューが頼めるので、海の物から山の物まで、色んな食材を色んな調理で楽しむことに。夜の終わりも早いかと思いきや、外の通りにはたくさんの人出で賑わっていて、魅力ある盛岡での再会に感謝して…おやすみなさい。

 

 

2日目は曇り空の下、世界遺産の平泉へ。駅前でレンタル電動自転車を手配して、中尊寺、毛越寺、達谷窟毘沙門堂磨崖仏、厳美渓を巡る事に。
駅に降りた時には観光客の少なさに驚いたが、要所要所では多くの人がツアーや車で訪れていて、ガイドさんから説明を受けてる中国人観光客も多かった。歴史に詳しくはないが、中尊寺の金色堂、毛越寺の大泉ヶ池、岩に食い込む達谷窟毘沙門堂と、古くからある建造物や祭られている仏様には観る者を引きつけ力があり、当時の様子を想像するだけで、その極楽浄土のスケール感と優雅で雅な世界に浸れて楽しかった。平泉駅周辺は道路も整備されていたが、厳美渓までの道のりは田んぼや畑が一面に広がり、稲穂や刈り終わった景色も美しく、自然が創りだす世界にはコンクリートにはない温かさが感じられた。
帰りの新幹線は一ノ関から乗車して、駅弁の平泉義経を食べ、翌朝は盛岡名物の福田パンでしばし旅の余韻を味わう事に…。

国内旅行も新鮮で見どころも満載なので、たまには週末トリップでリフレッシュするのも有りである。

スプラウトルーペさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス