ある、命式 | 星が語る『Star』~Astrology Cafe~
2019-02-11 22:55:12

ある、命式

テーマ:なんとな!

友人が、本日、妙なことを言い出す。

とある、占いサービスを提供する店で、占い師としての面接的なものを受けた時のこと。
 
その店のオーナーは、四柱推命をよくするひとで、そのかたから「傷官が三つもある!素晴らしい!」と絶賛されて、即時、採用された、と。そして、その店には、四柱推命を占術とするかたがたくさんいらっしゃって、みなさん、口々に「ええっ!傷官が三つも?素晴らしい!」とおっしゃるのだが、四柱推命について、さっぱりわからない私には、謎だらけなのだ。
四柱推命について、小学生のころ(苦笑)多少、かじった程度の私としては、本質的な面白さはわからないのだが、10ある通変のうちの1種類が、7個しかないポジションのうちの3を占めるとなると、そりゃあ、相当なことだわと、ニヤニヤする。しかも、傷官である。
 
傷官は、感受性が強くひとの心を見抜いてしまうところがある。他者を裁いて傷つけてしまうこともあるが、自分も傷つきやすい。壁に突き当たると弱いので、子どもの頃からスポーツなどをして精神面を鍛えておくとよい。直感力とインスピレーションの星でもある。特殊才能が伸び、印星と並べば学問芸能関係の才能が伸び、財星と並ぶと商才がある。傷官が悪く働くと怪我や事故運となり、或いは感情的でヒステリックとなり、果ては刃物沙汰となって刑傷刑罰や訴訟問題を招くこともある。この星(傷官)を持つひとは、優しい目でひとを見つめ、許しの心を持つことが出来れば、自分の心も平安なものとなる。
 
友人は、極めてすぐれたタロットリーダーなのである。さすが、傷官が三つもあるだけのことはある。
 
そんなことを言いながら、友人のホロスコープを観ては、ケタケタ笑っていたのだが。
 
 
 
ふと思いついて、命式を出してみたところ、さらに爆笑である。
 
7のポジションのうち、傷官が三つ、正官、偏官がひとつずつ、偏印がふたつ、である。
 
なんなんだ、この偏りは。
 
友人は、西洋占星術的な観点からすると、6ハウス・牡羊座の太陽と12ハウス・天秤座の月のタイトなオポジション、つまり、満月の生まれで、太陽と木星のコンジャンクション、月と冥王星のコンジャンクションによるオポジションでもあり、さらに、9ハウス・蟹座の土星によってTスクエアを形成しているという、烈しいホロスコープの持ち主なのである。これだけでも、相当な苦労性にして、カリスマでもあるのだが、1ハウス・蠍座の天王星、7ハウス・牡牛座の金星のワイドなオポジション、2ハウス・射手座の海王星と5ハウス・魚座の水星のスクエアというおまけつきである。
 
いやはや、相当、面白い。
 
「傷官が三つもある!」と絶賛される烈しい出生図のタロットリーダーを友人に持つと、私自身は異様なまでに、取り柄のない人間に思えてくる。
なんとなく、悔しい。
 
 

Instagram

springwaltzさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス