新月 | 星が語る『Star』~Astrology Cafe~
2018-11-08 01:02:00

新月

テーマ:なんとな!

 

天王星が牡羊座へと逆行のままサインイングレスした後で、木星が射手座へとサインイングレスする前のタイミングでの、蠍座での新月。

 

何か、めでたいことがあるようにも思われないが、めでたいとか言っているひとびとは、いったい何を期待しているのだろう。

 

蠍座の新月は、3ハウスで起こる。商取引や通信、情報に関する問題が焦点化しやすい。確かに、ハンドメイド価格論争が日本テレビ『ヒルナンデス』発信で起きていて、相当な波紋が広がっているようだ。さらには、同じ日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』でのラオスの「橋祭り」は、日本側からの持ち込み企画ではないのかという疑惑も報じられている。月は、ハンドメイドや祭りという日常性や習慣・慣習に関する問題を焦点化させることになる。

 

3ハウス・蠍座の木星と、6ハウス・水瓶座の火星・リリスのコンジャンクションとのスクエア。外国人労働者、七十歳定年制と年金、そして、病気の問題が、急激で過激に拡大し、焦点化することになる。病気は、風疹やインフルエンザ、ということなのだろうが、突然の熱発に悩まされるタイプである。

 

2ハウス・天秤座の金星と、8ハウス・牡羊座の天王星のオポジション。財務・税務・収支や外国経済に関する問題が焦点化しやすい。

 

3ハウス、あるいは、4ハウス・射手座の水星と7ハウス・魚座の海王星のスクエア。外交は見通しが立ちにくいことはまちがいない。石油に関する問題が生じるのは、サウジアラビアやイラクとの関係性の不透明感を反映しているということかもしれない。

 

 

Instagram

springwaltzさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス