第100回全国高等学校野球選手権記念大会 6日目 レジェンド始球式 谷繁元信 | 星が語る『Star』~Astrology Cafe~
2018-08-10 14:15:41

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 6日目 レジェンド始球式 谷繁元信

テーマ:なんとな!
谷繁元信 1970年12月21日
 
 
射手座の太陽と乙女座の冥王星のスクエア。順風満帆とは言いがたいのかもしれないし、本人には、違うセルフイメージがあるのかもしれないが、ある種のカリスマには違いない。
 
乙女座のリリスを考慮に入れるならば、牡牛座の土星・乙女座のリリス・山羊座の水星のグランドトラインを貫く、牡牛座の土星と蠍座の金星のオポジションがあって、それは、カイトと呼ばれるコンフィギュレーションを形成する。カイトは、自己充足的で、それ以外に関心が向かわなくなるという面を持つが、フィールドの中で、他の8人とひとりだけ違う向きにいる捕手というポジションが、野球人としてのこのひとの位置であったことを考えると、なんとなく、理解できる。捕手は、扇の要なのだ。ひとり、マウンドに立って、視線を集める投手と正対していながら、前には打者、後ろには球審がいて、マスクに表情を隠して、全身、プロテクトしている存在。カイトの土星がこのひとのポジションであるならば、それは、まさに扇の要だ。義務と責任と不動というイメージで固定されているのだから。
 
 

Instagram

springwaltzさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス