【1月開催レポ】お手本があるレッスンは苦手ですか? | 兵庫・神戸*筆文字さとちゃんと三兄弟の徒然なる絵日記*転勤族妻

兵庫・神戸*筆文字さとちゃんと三兄弟の徒然なる絵日記*転勤族妻

キモチを伝える代筆屋*筆文字教室開催中*三兄弟(8歳+5歳双子)絵日記*転勤族妻*まーいっかでゆるりと活動*新藤里恵(さとえ)


テーマ:
 
筆文字レッスンってどんな感じなのかなー?
お手本通り、キッチリ書かないといけないのかな?


久しぶりの開催レポです。

毎月(第2月曜三宮、第3土曜西宮)で開催しているのですが、写真撮り忘れたり、作品撮り忘れたり、で。

皆さまの作品に見惚れちゃうんです。


2019.1.19土 西宮レッスン


今回は4名様(初めての方1名様)

会場が最大8名様なので、

ゆっくりした雰囲気で開催しました。



初めてご参加のE様もあっという間に仕上がり!
「楽しい〜」とニコニコ。

2回目ご参加の仲良し美人親子様の作品


コースターやコーヒーフィルターにもチャレンジ(*^^*)

「コーヒーフィルター、滲みやすいですねーー」
とのことでしたが、雰囲気ある仕上がり!



「あなたに」を薄墨で囲ったり
「逢」の字を赤でアクセントをおいたり
アイデア満載

印も小さな頃持っていたハンコ持参で。



いつも身体いっぱいで「楽しい」を表現してくださるA様の作品。
こちらは丸型コースターやミニ色紙にチャレンジ。

金、白、パステル、と
色んな画材で楽しんでいる姿に
皆さま「すごい!」「素敵!」と
ワイワイ盛り上がりました(*^^*)



2019.1.21月 三宮レッスン


今回は7名様(初めての方3名)


初めての会場でしたが、
なんとか皆さまたどり着いてくださいました。
(三宮駅徒歩5分と近くなりましたよ)



皆さますてきな作品がたくさん!
なのですが、魅入ってて撮り忘れました…残念。


YouTubeなどで描き方を勉強したり、
いろんなアレンジを試したり、と
心から楽しんでくださるK様。

赤ペンが無かったから、紫ペンをチョイス

「こうでなくてはいけない」ではなく
「じゃあどうしたらいいかな?」を
すぐに表現できるってステキですね(*^^*)



お手本を見た瞬間
「えぇ〜」
と文字の多さに叫ばれてましたが
ポストカードでしっかり仕上げられてました。

パステルを使ったカラーバージョンと
薄墨のみで描かれたシンプルバージョン

同じ文字だけど、雰囲気が違う仕上がりになりました。

「この文字数がハガキに入るんですねー」
「どちらもステキ!」


レッスンの最後に作品の見せ合いっこをするのですが、これがまた盛り上がります。笑

「その色好き!」
「そんな風に色をつければいいですねぇ」

私も学ばせていただいています。



お手本があるレッスン


筆文字智書(さとりしょ)では

智ちゃん先生(林田智子家元)のお手本を使用しています(*^^*)


斎藤一人さんのお弟子さんである

家元のお手本は、心がまーるくなるものばかり。

2時間の中で文字と言葉に触れることで

「瞑想してるみたい」という感想もいただきました。



お手本は型にはめる

個性を抑える


というものではありません。


家元から教えていただいた

書家 武田双雲さんのブログより



書道教室の子供たちは、
とにかくお手本を見ない。

見て。

と何度伝えても、なかなか見ない。

それはなぜか。

お手本を見るのは、とても面倒だから。
自己流でぱっぱっと書いた方が早い気がするから。

書の世界において、見るということはとても重要だ。

見るというより観る。

観ることを深めていくと

線のこまかい部分だけでなく、書き手の息づかいや心の動きまで見えてくるようになる。

お手本という存在は、自分を新しいいざなってくれるもの。

自分流でぱっぱっとやると
やはり限界はすぐやってくる。

このことは書の世界でなくともすべてにおいて言える

あらゆることをお手本とし、

見る。観る。観る。

そして

真似る。応用する。

しかし、なかなか素直になれず、自分のやり方に固執する。

観よう。

新しい自分と出会うために。




双雲@いかに自分が、観ていないか、見えていないかを受け入れることからはじめます





「見る。観る。観る。
そして
真似る。応用する。」


はじめての画材、はじめての筆ペン
「できるかなー」「難しいなぁ」
そんな気持ちが顔をのぞかせること
ありますよね。

でもいきなり「完璧」に仕上げなくていいんです。

まずは、見てみる。
観てみる。

きっと手がプルプル震えたり
思うように動かなかったり。

でもそこで

「できなーい」
「難しーい」
「ムリー」

で終わっちゃう方が簡単です。


一番はなぜ、描きたいと思ったのか。

「誰かに伝えたい想いがある」

ことが大切です。


本当にありがたいことに
色んな世代、色んな感性の方が
筆文字レッスンに来てくださいます。
 
お手本
一緒に同じ時間を過ごす方達

「わ、それいいな」
「その描き方好きだな」

どんどん「みて、真似っこ」していきましょう(*^^*)

 
人と比べず
良いところを真似っこ

比べたくなったら
過去の自分と今の自分を見てくださいね。
 

また新しい自分に出会えます。
 

キモチを伝える代筆屋
新藤里恵
 
 

筆ペン一本で心を伝える癒しの筆文字

「カンタン!楽しい!幸せ」
*小倉南レッスン
 林田智子家元レッスン
 
 

筆文字レッスン開催依頼

作品依頼など各種相談は

 

 
 
問い合わせメール返信が未着の方へ

 

問い合わせ&参加申込頂き、ありがとうございます。
 
3営業日以内に全て返信しておりますが、未着の場合はお手数ですが、再度「お問い合わせ」よりご連絡いただけると幸いです。
 
併せて、迷惑メールフォルダも確認してみてくださいね(*^^*)
 
当日、お逢いできることを楽しみにしております。