こんばんは🌆

強風吹き荒れる上越市です。

昨日は赤倉観光パウダーを堪能したわけですが

燕温泉方面に落とすバックカントリーコースより。
膝上パウダーピーカン。



昨日は気温が高く日中融雪が進みました。

午後にはカリカリが始まります。

今日の朝

さすがに

カリカリの赤倉観光には行きたくなくて

試乗会にも参加するつもりで

野沢温泉へ。

2019-2020モデルスキーの試乗会。

ベクターグライドとアルマダ。

インプレッションを以下

独断と偏見で。


ベクターのブース、


朝イチから行ったので最初は乗り放題。

1  バターナイフカーボン。

僕の乗ってるバターナイフスタンダードの上位機種。

詳細スペックは成書を参照下さい。

センター130
長さ185cm

フラットベンドにノーズテールロッカー
昨日までバターナイフに乗ってた感覚のまま

今朝一番でカーボンを使用したので非常に差がよくわかりました。

イメージとして、
30パーセント軽くなり
30パーセント速くなった感じ。
良くも悪くもスタンダードのメローな感じは薄れて、突破力が上がってます。
ちょっと欲しくなったけど
スタンダードも捨てがたい。
僕より上手い人は、カーボン良いかもしれません。
僕レベルだと、バターナイフで十分なのかも。
とにかく浮力はありそうな。今日はスネ程度のパウダースノーだったので、ディープパウダーではかなり良さそう。

2  ジーニアスカーボン

ジーニアス同様センター130
長さ185

やはりバターナイフより重くて速い。どっしり感。ツリーランを難なくこなすバターナイフに比べて、速すぎて、僕は身構えないと気を避けられない。
オープンバーンをかっ飛ばすのはかなり良いような印象。

3. ジーニアス スタンダード  185
同様に、さらに重くなる。
カーボン、スタンダード共にジーニアスはどちらも速すぎて
差は分からなかった。
硬さも、スタンダードカーボン共に硬くて、今日のコンディションでは差を感じず。

やはり安定感はすごい。
スピード出しまくってもどんどん進む。
ロングターン気持ち良い。

買うか?
いや
やはり自分はバターナイフが合います。

アルマダのブースに移動。

コンパスハウス主催。

4.  アルマダゼロ  ARG2
187cm
センター133
ツチノコ型でサイドカーブなし
フルロッカー

これは
ディープパウダー以外では使い物にならないじゃじゃ馬。
一瞬あった面ツルでは圧倒的に浮いて旋回したけど
荒地や圧雪ではめちゃくちゃ滑りにくい。
曲がらない
安定しない

これは超特別な板でした。
リバティのミュータントを思い出しました。

5. アルマダゼロ
ARV JJ ultra light
185cm
センター116
これは最高に滑りやすい。
まず軽い
ノーズはかなり柔らかく
足元は適度な張りがあるくらい。
圧雪良し
スネパウダー良し
旋回性能良し
スイッチ良し
非の打ち所がない印象
ディープパウダーでどうかといえばバターナイフのが良いかもしれないけど
一本しか持たないなら、この板は超あり。

6. armada tracer118
185cm
センター118
ツアー向け

来期からスペック変更。
今期までのは少し硬いだけな感じの軽い板ってイメージだったけど
少ししなるというか雪面に張り付く感じになり
パウダーで気持ちよくカービングできた。
想像をはるかに超えた滑りやすさ。
スピードも出る。
ビンディングの位置もJJより後ろにあるためか、スピード出てもそれなりによく曲がり
スイッチランや飛びを度外視すれば、かなり欲しい。

以上。
ベクターグライドでは
やはりのバターナイフが好みで個人的にはリラックスして滑りたいので
今使ってるスタンダードタイプのバターナイフが

アルマダでは
総合力ならJJ UL
性格は違うが滑走性能単独ならトレーサー118も同格

といった総評。

試乗会は本当に楽しかった^ ^

好きだなー試乗会。
買う買わないは別にしても良い経験になる。

上野U大さんも一緒に何本か滑ってもらえて感動!

コンパスハウス最高っす!

野沢温泉に来たら是非お立ち寄り下さい^ ^

以上

また明後日雪山に入ります。
もちろん仕事の後ね(笑)


では、おやすみなさい😴