膝の関節は立って止まっている状態では体を支える関節です。

 

 

ですが曲がれば曲がるほど、不安定になっていく、 運動時には体の動きをスムーズにさせる特徴を持つ関節です。

 

 

骨模型の画像を見比べてください。

 

向かって左は曲げた状態の膝の関節になり、かなり不安定な状態です。

 

 

 

「可能な限り、膝は意識させない。」

 

一般的なスクワットの指導では、股関節を折り曲げ、膝がつま先より前に出ないように指導されます。

 

 

※サッカー指導で一般的なところでは「腰を落とせ」、「体制を低くしろ」などイメージしてください。

 

 

実はこうして「膝がつま先より前に出ないように指導される」ことにより、ほとんどの選手は膝の動きに余計な意識が入ってしまいます。

 

 

その途端、膝の関節は動きの途中であったとしても関節を固定させる使い方が動きの中に入ってしまいます。

 

 

「動きの中に固定が入る」というのは、

 

固定は車で例えるとブレーキと同じなので、

 

アクセル(動き)とブレーキ(固定)を同時に踏んでいる状態です。

 

 

これがプレーの質の低下やケガに招く原因となります。

 

 

膝は結果として、曲がるように誘導することがポイントです。

 

 

そうすることで膝に意識が入らないので、膝の関節はスムーズに動き、体もスムーズに動きます。

 

 

 

 

関連情報

>>サッカー上達のヒント集

https://ameblo.jp/sporela/theme-10110801198.html

 

 

 

 

Sporela soccer school

 

サイトナビ