日本のスポーツの課題 | SPORTS PLANET スポーツプラネット

日本のスポーツの課題

こんにちわ!


とぅでいです!
日々子供たちとボールを追ってすごしています。

いきなり本題に入りますが、みなさんは、日本のスポーツは現状のままで良いとお考えですか?それとも、どこかを変えていくべきだとお考えですか?色々なご意見があると思いますが、私は、多くの課題点を残しながらなんとか保たれているのが、今の日本のスポーツの現状だと考えています。

そして、私が今研修を受けている専門学校を運営している親会社の理念が「日本のスポーツを変える」ことです。


日本のスポーツには様々な課題があり、それを解決して、いい方向へ導いていこうという考えです。
では具体的に何が課題としてあるのでしょうか?スポーツの色々な観点から見てみたいと思います。

まずプロスポーツ
・プロなのに給料が無い
Jリーグやプロ野球といったメジャースポーツは給料はありますが、マイナースポーツに至ってはいかにプロといえど給料が無く、自分で稼いでスポーツを行っています。例を出すと、福岡の女子プロサッカークラブのアンクラスでは、レジのバイトをしながらプロとしてサッカーをしている人もいます。プロという位置づけで考えると、少しおかしな話ですよね。

・プロ選手のセカンドキャリア
よく引退した選手が、解説や芸能人になっていたり、華のあるセカンドキャリアを送っている人がいます(どこかのくせものとかその他諸々)。しかし、それはごく一部で、戦力外を受けた人や引退した人のほとんどのセカンドキャリアは保証されていません。プロの世界にいた人材、非常に素晴らしいものをもっているのに、プロにかかわりが無くなったらそれを発揮することが出来ない環境が今の日本のプロスポーツにはあると考えられます。

次に地域スポーツ
・体罰
これは言う必要が無いほど日本のスポーツの問題点です。体罰をされてスポーツをやる国は日本しかありません。厳しさはスポーツに必要ですが、暴力や暴言は決してスポーツに必要ではないと思います。

・やりたいスポーツができない
これは、部活動などによくある傾向で、中学や小学校、高校でやりたいスポーツが部活動としてなく、そこからスポーツ離れに至ってしまうケースも少なくないとか。これでは、スポーツをさらに盛り上げていくことは難しいと感じます。

・指導者が不在
これも部活動によくあるケースですね。指導者が不在で、そのスポーツをやったことの無い先生が顧問としている。これでは上手くなるわけが無い。もちろん先生が悪いわけではなく、部活動のあり方、スポーツの現状に問題があるという考えです。

・幼いころの怪我
幼稚園から小学校低学年の頃は運動は週に1時間が良いと言われています。あまりやりすぎると、体がついていかず、一生ものの怪我を負ってしまうことは多いです。そのため、泣く泣く大好きなスポーツをやめざるを得ないという状況になってしまいます。しかし、今のスポーツ環境は、ガチガチで週に4~5回もスポーツを行っている子供たちが普通になっています。それも、変えなければならない点ではあると思います。遊びでやるならともかく、ガチガチの練習はそんなに多くなくて良いのです。


大きく見ても、小さなところを見ても、これだけ課題があげられます。もちろん、課題はまだまだたくさんあり、数え切れないものです。その中でも、スポーツをすべての面から見ても一番の問題点は、


日本人がスポーツをサービスとして捉えられていない。


という点でしょうか。イマイチ、日本のスポーツは娯楽であり、それ以上のものではないという考えが浸透してしまっているのではないかと思います。もちろんスポーツが娯楽というのは素晴らしい考えではありますが、娯楽どまりでは、今後の日本のスポーツの発展はないのかもしれません。

最近では、スポーツをビジネスと捉え、行動している人も増えてきたようですが、世間一般では、スポーツはまだ「お金をかけて何かするほどではない」という概念の人が多いかもしれません。



どのようなこともお金をかけなければやっていけないのは世の常。スポーツもお金なくしてはやっていけません。スポーツをビジネスと捉え、日本全体がスポーツは娯楽でありビジネスという考えを持てば、スポーツの課題というのはどんどんと解決に導くことができるのではないでしょうか。


みなさんは、日本のスポーツの課題、何があると思いますか?
また、どのように解決しようと考え、どんな手法が最善だとお考えでしょうか?

たまに考えてみるのも、面白いかもしれませんよ。

今回は考えられる問題点を列挙させて頂きました。
読んで頂いた皆様にも考えて頂きたいということで、現状の伝達のみにとどめさせていただきますが、
機会があれば、私なりの解決策も発信していきたいと思っております。