12:50、ランチを食べ終わってタ•ケウへ!

 

ここでも物を売りあるく子どもたちが。

 

 

「お土産に買ってよ!」と付きまとってくる女の子。

歩いている私が穴にハマると笑われ、一気に親しみが湧いた。

 

 

つぶらな瞳でカードを売る男の子も一生懸命。

 

 

観光客向けに一生懸命英語を勉強したんだろうなと思うと買わずにはいられなかった。

 

 

タ・ケウは、私が旅を終えて思い起こした時に、アンコール遺跡群の中で一番インパクトの強い遺跡。

 

 

この遺跡、とにかく階段だらけ!

行くならなるべく若い時に行くのがおすすめ!

上り下りの回数が半端ないよ!ゲロー

 

 

すごい急だし、一段一段の幅が狭くて、私の小さい足もはみ出すほど!

傾斜80度ってところか!?今は亡きスペースワールドのタイタンよりも急だ!!

 

 

下から見上げるとこんな感じ!滝汗

 

 

上から見下ろすとこんな感じ!!!ポーン

 

 

 

落ちたら大怪我間違いなし。

冗談だか本当だかわからないけど、救急車が来るのに5時間かかるってガイドさんが言ってた。

やば〜!!!チーンチーンチーン

 

 

そりゃ〜、Yちゃんも這いつくばって登るさ。

 

 

上に着くと壮観!

改修中なのがちょっと残念だったけど、ここは本当に来てよかった!

タ・プロームはあんなに人がいたのに、ここには全然いないのもよかった。

 

 

思わず羽ばたきたくなっちゃうぐらい。

 

 

遺跡を見ていると、女の子が「こっちこっち!」と楽な道を案内してくれた。

おみやげを売り始めたので、「いらない」と言うと、「道を教えてあげたじゃん!」と言う。

 

「教えてって言ってないも〜ん」と大人気なく返す私に「これが私の仕事なのよ!」と泣き真似をする。

 

 

隣にいたもう一人の女の子は、私が買った笛をとって、「吹いてもいい?」と吹き始めた。

 

 

笛を吹きながら「泣いてるよ?」と隣の女の子を指差して言うので「ごめんね」と言って立ち去ろうとすると泣き真似を止めた。

 

 

行きて行くためには女優になることも必要なんだねぇ。。。

 

でも、カンボジアの子どもたちは無邪気で、一生懸命で、子どもらしくてすごくかわいいデレデレ

これも私がカンボジアに魅力を感じる一因だ。

 

 

さあ、次はバンテアイ・クデイへ行きます!!

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!ドキドキ

 

 

よかったらクリックで応援していただけるとうれしいですドキドキ

メッセージやコメント、読者登録も大大大歓迎です!!

ブログランキング・にほんブログ村へ   にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村