逆上がり練習の盲点は | ゾノ先生の新しい運動教室

ゾノ先生の新しい運動教室

体育の家庭教師・運動教室のスポーツひろば代表のブログ

日本の体育指導を変える為に

日々指導に奮闘中!

理論とハートで教えます!!


テーマ:
こんばんは。
スポーツひろばの今村こころです。

8月も半ばを過ぎ

今月来月の運動テーマ

【鉄棒】

つまりは

【逆上がり】

に向けて頑張っております!

先日公園にて

逆上がり練習をする親子を見かけ

こんな光景が↓↓↓

****************

親「足を上に蹴ってー!」

子ども「ほぁぁっ!(手がびよーん)」

親「だからもっと勢いよく上にだってー」

子ども「やってる!蹴ってる!」

親「やってない!できてない!」

(バトル開始!!!)

****************

いくら足を上に蹴り上げても

手が伸びきってしまっては

回ることはできません。

【逆上がり】は

足を蹴り上げると同時に

実は

『腕で鉄棒を引っ張る』

という動作も必要なのです。

ということで、

1周目から取り組んでいるのがこの技↓
《ダンゴムシ》

これは腕力や握力がないから

という問題とは少し違い、

体幹や身体の使い方の問題です。

脇を締め肘を曲げ

身体をぐっと固めるのがコツ。

あとはこちらの技↓
《ぶたのまるやき→おさるのかごや》

皆さんご存知《ぶたのまるやき》から

脇を締めて肘を曲げて鉄棒を引っ張って

逆上がりの腕の動作が練習できます。

※感覚過敏で足の裏に鉄棒が当たるのが痛いというお子様は、《補助ダンゴムシ》やぶらさがりから始めるのがおススメです。


今回ご紹介した2つの技

《ダンゴムシ》
《ぶたのまるやき→おさるのかごや》

これらの技で

鉄棒の上まで顔が上がれば

逆上がりの資質は十分。

あとは足の動きを詰めれば

成功は目前です!


逆上がり練習の盲点🌀

腕の引き付け動作にも

取り組んでみてくださいね。


色んな方向から

逆上がり完成に向けてアプローチする毎日は

まだまだ続きます!!











スポひろさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス