ふわふわ。り
2017年06月20日

味の母

テーマ:■ブログ

みなさん、「味の母」は知っていますか??ウインク

 

味の母はみりんとして使える調味料です^^

↑こちらの右側。

 

埼玉県狭山市の味の一醸造株式会社の作る、醗酵調味料。

 

HPから抜粋すると、「味の母」と「料理酒」と「本みりん」の違いは、

 

種類  原料・製法
味の母 米と米こうじで「もろみ」を醸成し、糖化をさせて食塩を加える。
料理酒 日本酒と同じく、米と米麹を原料に糖化と醗酵を同時に行う。甘味は少ない。
本みりん 焼酎にもち米と米こうじを加え糖化させる(酵母による醗酵過程が無い)

 

とのこと。

 
みりんとお酒、両方を兼ね備えた調味料です。
 
わたしは、みりんは使わず、この味の母をみりんとして使っています^^
 
煮物などで、みりんとお酒と両方使うときは、レシピのみりんの量に合わせて味の母のみ使用。
 
ただ、酒だけを使うときは、代わりにならないので(甘みがあるので)お酒は別にあります。
 
そのまま飲んでも美味しい!
 
私は基本的に、調味料でお砂糖はほとんど使わないので、甘みはみりんがだいたいなのですが、
この甘みを味の母にお願いしちゃっています。
 
砂糖が絶対よくないわけではないのですが、食事に甘みってあまり必要ないなと。
砂糖がなくても、全然美味しいですよー!!
 
ここで糖質に関して少し詳しくウインク鉛筆
 
甘みは、糖質です。
糖質の最小単位は「単糖類」といいます。
主要なものとしては、ブドウ糖や果糖があります。
ブドウ糖・・・果物、植物の根、コーンシロップなど
果糖・・・果物、はちみつなど
 
単糖が2個つながったものを「二糖類」といいます。
砂糖(ショ糖)、乳糖、麦芽糖などがよく知られています。
ショ糖・・・果物、はちみつなど
乳糖・・・牛乳、ヨーグルトなど乳製品
麦芽糖・・・穀類が発芽するときにでんぷんが分解されて作られる
 
単糖と二糖をまとめて「糖類」とも呼びます。
 

単糖が3個から10個くらいつながったのが「オリゴ糖」です。

 

単糖の数が10個以上つながっているものを「多糖類」と呼びます。

 

多糖にはエネルギーを貯蔵する役割もあります。

穀類やいも類などの植物に含まれているでんぷん

動物の筋肉や肝臓などに存在するグリコーゲンがあります。

多糖には、単糖が1万個以上つながったものもあります。

 

この単糖がつながっている数が多ければ多いほど吸収に時間がかかり、(つながりが全部ほどけて吸収されるため)

単糖が少ないほど、早く吸収されます。

 

早く糖質が吸収される=血糖値が急激に上がる

ゆっくり糖質が吸収される=血糖値が穏やかに上がる

 

甘み、糖質は、日常生活では、できる限りつながっているものを摂るようにした方が、

血糖値の変動が穏やかになり、ホルモンバランスも安定することで、

集中力がアップしたり、情緒不安定にもなりにくいのです。

 

なので、お砂糖たっぷりのお菓子やケーキ、飲み物は、もちろん情緒不安定、そわそわ、

集中力が欠如・・・その上一気に入ってきた糖分を分解するためにビタミンやミネラルも一気に使われます。

 

調味料に関しては、ちょっとくらい砂糖を使った程度でホルモンバランスが崩れるとはいいませんが、

「甘い味」に慣れてしまうのは考えもの。

 

素材の味を楽しむためにも、適度に使ってあげるのが良いと思います^^

 

砂糖の代わりに使っている天然調味料に関しても、また記事にしたいと思います✨

あ、写真にうつってる醤油に関してもウインク

 

もちろん本物の本みりんもおすすめですが、

味の母は安くて、なんでもおいしくなるので、おすすめでーすニヤリ乙女のトキメキ

 

参考→味の母HP

   味の母1.8L

          味の母720ml

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

管理栄養士・スポーツ栄養士 園部裕美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。