いちご第二弾!自社主催の青果市を開催しました①いちご

 

 

4/2(金)・3(土)

草加駅前のロータリーにて、第二弾!自社主催の屋外青果市を開催しましたアップ

 

今回は青果店というより、産地PRを前面に出したイベント特化型の売場作りを目指しました。

 

題して、

「知ろう!食べよう!広めよう!福岡青果市」

 

 

また、2回目ということで前回の反省を踏まえ、以下の点を改善しました。

 

 

(1)品目数を絞る

今回仕入れた商品は、

 

①博多万能ねぎ

②博多なす

③博多トマト

④福岡キウイ

⑤博多あまおう

 

の5品目です。前回の18品目から大幅に絞りました。産地限定のため訴求のしやすさもポイントです。

 

 

(2)人通りの多い場所で実施

 前回は、最寄り駅から少し離れたマツキヨさん軒先スペース(駐車場)をお借りしての実施でしたが、今回は、より集客が見込めそうな場所として駅前ロータリーを選択しました。

 

 

(3)集客のための工夫

 多くの人が行き交う賑やかな場所なので、イベントらしいディスプレイや参加型キャンペーンで注目を集める必要がありました。

 

●アイキャッチとして、イーゼルに看板設置。

 

●SNS投稿プレゼントキャンペーンの試み。

撮影スペースに用意したJAのはっぴやかぶり物を着用して撮影し、指定ハッシュタグを付けて投稿すれば、トマト1個となす1本プレゼント!という企画です。

 

●撮影スペースには、背景としてあまおう柄のシートを利用。

 

●いちご甘酒の試飲を実施。

通行人に足を止めてもらうきっかけとして、あまおうと甘酒(米麹)を使ったいちご甘酒を配布しました

 

●もちろん、BGMも♪

 

 

(4)少人数運営(経費縮小)での効率化

 当日は、仕入れから設営、接客、撤収まで、一日通して2人体制で臨みました。

 

 

(5)陳列の工夫

 前回、開始時にはトラック荷台に商品を陳列していましたが、立ち寄りにくい、回遊しにくい売場構成になってしまったため、結局前面に下ろして直置き、という経緯がありました。今回は、商品数が少ないこともあり、シンプルに長机に仕入れ時のケースごと並べました。

 

 

 さてさて、今回のイベントは成功したのか?!お客さんの反応は・・・・・・??

 

 次回に続きますDASH!!!

 

 

フォローしてね!