当社では以下取り組みを実施しております。

 

1. 出勤販売員については、普段からの、栄養・水分・睡眠を十分取り、体調管理、健康観察を行い、勤務当日は自宅での「検温」を実施しております。当日の体温については、勤務報告書に記入し、売場担当者様と情報を共有しております。 万一、37.3℃以上の発熱がある場合には、出勤を取り止め代替員にて対応致します。

 

2. 以前より、手洗い・アルコール消毒の徹底とマスク・ビニール手袋を着用をしておりましたが、引き続きこまめな手洗い・消毒とマスク・ビニール手袋の着用を徹底致します。

 

3.お客様用として、試食台へのアルコールまたは除菌ティッシュの設置をしております。

 

4.試食提供について、個別容器の準備に対応をし、ラップ・蓋にて空気への接触に配慮しております。

 

今後も、お客様と販売員の安全と安心を第一優先に考え、新型コロナウイルスの感染拡大予防のため取り組んでまいります。

 

以上

おうちの冷蔵庫に使い切れずに眠らせている、はちみつとマスタードはありませんか?

この2つを使って、お野菜にもお肉にも合う万能調味料が作れちゃいますブルー音符
ハニーマスタード調理第二弾チョキ
 

 

アップじゃがいものハニーマスタード炒めの手順アップ

 

材料》

・じゃがいも・・・8個

・オリーブオイル・・・大さじ4

 

A

・粒入りマスタード・・・大さじ4

・はちみつ・・・大さじ2

・醤油・・・大さじ2

・酒・・・大さじ2
 

 

 

 





<調理器具等を良く消毒しましょう>

<調理はビニール手袋・マスクを着用しましょう>

<キッチンペーパーを購入しましょう>

 

 

①油をやや多めに使用するため、指示された裏の作業場で電源の確保。

 

 

②じゃがいもはよく水洗いして皮を剥き、芽を取る。

※新じゃがであれば、皮は剥かずにそのまま、芽を取るだけでOKです。

 

 

 

 

 

③8等分にカットして、水から茹で始め、沸騰してから10分程茹でる。

※電子レンジが使用できる場合、耐熱皿(ボウル)に入れて、ふんわりとラップをかけ、電子レンジ600W5分程加熱する。

※多めにカットしたもの、もしくは多めにレンチンしたものをタッパに入れて冷蔵庫にストックしておくと効率が良いです。

 

 

 

 

 

④【A】の調味料を混ぜ合わせておく。

 

 

 

 

 

⑤鍋にオリーブオイルを引いて熱し、200度程度(中火~強火の間)に設定して、じゃがいもを時々転がしながら全体に焼き色がつくまでよく焼く。鍋のサイズとじゃがいもの量を見て、2~3回に分けて焼いて下さい。

※油が多めなので、そっと投入して油はねに気をつけて下さい。

 

 

image

 

 

 

⑥余分な油をキッチンペーパーで拭き取り、じゃがいもを全て鍋に戻し、【A】をよく混ぜてから加え、全体に絡ませながら煮詰める。

 

 

 

 

 

 

⑦大皿に盛り、試食台にセッティング。売場で試食皿に取り分け、フォークを添えてトレーに並べて勧める。

 

 

 

 

※はちみつは、裏面を確認してただの「はちみつ」表記のものを使用。該当がなければクセのない「アカシア」、「レンゲ」を使用して下さい。

 

 

バゲットに乗せて食べても美味しいです♪

 

ソースに合うその他の食

トマト

アスパラ

オクラ

いんげん

人参

ソーセージ

チキン

・・・などなど。万能です。

 

 

 

 

フォローしてね…

 おうちの冷蔵庫に使い切れずに眠らせている、はちみつとマスタードはありませんか?

この2つを使って、お野菜にもお肉にも合う万能調味料が作れちゃいますブルー音符

 

 

 
 

アップミニトマトとブロッコリーのハニーマスタードソースがけの手順アップ

 

材料》

・ミニトマト・・・適量

・ブロッコリー・・・適量

・塩・・・一つまみ

 

A

・粒入りマスタード・・・大さじ3

・はちみつ・・・大さじ1

・マヨネーズ・・・大さじ1

・醤油・・・小さじ2と1/2

 

 

 

 

 

 

 

 

<調理器具等を良く消毒しましょう>

<調理はビニール手袋・マスクを着用しましょう>

<キッチンペーパーを購入しましょう>

 

 


①【A】の材料を全て混ぜ合わせ、ソースを作る。

 

 

 

②茹でる場所を確認してお湯を沸かす。

 

③ブロッコリーは茎下2cm程は切り捨て、つぼみは試食皿に乗るサイズの小房に分け、茎は皮を厚く切ってサイコロ状にしてからもみ洗いする。(茎は半分程度で可)

 

 

 

④沸騰した湯に塩一つまみ入れて、3分程茹でる。

※客足が早い時は、鍋から穴あきお玉ですくい上げ、残りを湯で続けて茹でる。(2回迄は可)

 

⑤ざるに上げてよく水を切り、粗熱を取る。

 

⑥ミニトマトはヘタを取ってから水洗いし、櫛形1/4にカット。

 

 

 

⑦それぞれ大皿に盛り、ソースをかけて試食台にセッティング。売場で試食皿に取り分け、フォークを添えてトレーに並べて勧める。

  

 

 

※写真では見栄えのために大きめにカットしていますが、実際の試食では「試食皿に乗るサイズ」を優先してカットして下さい。

※はちみつは、裏面を確認してただの「はちみつ」表記のものを使用。該当がなければクセのない「アカシア」、「レンゲ」を使用して下さい。

 

 

バゲットに乗せて食べても美味しいです♪

 

ソースに合うその他の食材

アスパラ

オクラ

いんげん

人参

じゃがいも

ソーセージ

チキン

・・・などなど。万能です。

 

 

 

 

フォローしてね…