ナマステ~、Momoko ですほっこりハート

ご訪問ありがとうございますかに座

 

 

右差しこのブログを書く想い

右差しプロフィールはこちら


日本に帰ってきてからの日課は、

 

お茶を淹れて、和菓子を食べながらホッとすることですにやり

 

スーパーで買うのは、きなこ棒や塩ようかん…

 

夫に、「そんなんもうババアじゃんビックリマークビックリマークと突っ込まれるアラサーです。笑


さてさて、
 

今日は「飽きずにできることって、そんなに重要だったんだガーンビックリマークというお話です。


赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇

 

 

日課のお茶&和菓子ほっこりタイムを楽しみながら、

 

しぃくんのこちらの記事を読んで、

 

雷が落ちたような氣づきを得たので、シェアしますハート

 

 
 
商い=飽きない
 
 
これ、ものすごく面白くないですか!?!?
 
元日本語教師の血が騒ぎました。笑
 
やっぱり日本語って、言葉って、面白いな~ハート
 
 
 
皆さんにとって、「飽きないこと」ってなんでしょうはてなマーク
 
普段から自分の内側を見つめていないと、意外と分からないかもしれません。
 
当たり前すぎて、見落としがちビックリマーク
 
この機会に、ちょっと考えてみてはニコはてなマーク
 
 
 
私がこの「商いは飽きない」を読んで、
 
真っ先に自分の中で広がっていった感覚は、
 
精神世界の探求
 
自分の内側の探求
 
スピリチュアルに生きること…
 
これに飽きることは、絶対にないという確信。断言。
 
去年までの「やりたいことが分からない」ともにょもにょしていた自分から
 
明らかに成長が感じられ、嬉しくなりました。
 
 
神奈川にいても、
 
長野にいても、
 
ネパールにいても、
 
タイにいても、
 
はたまた世界の行ったところがないところに行ったとしても…
 
 
私がやっていることは、いつも同じ。
 
 
自分の内側を旅している。
 
 
ただこれだけなんですね。
 
そしてこの瞬間が、いつも最高に幸せな時間。
 
だから、どこにいても幸せ。
 
 
日常で起きる出来事、出会う人…
 
すべてから氣づきと学びを得て、
 
自分の内側の探求を深めていく。
 
 
だから人生で起きることに、失敗も恐れもないんです。
 
どうなっても、自分自身の探求に役立つと分かっているから。
 
だから、人生はプラスだけ。足し算だけ。
 
(偉そうに言ってますが、去年までは恐れまみれ、引き算ばかりでしたあせる
 
 
 
あなたが飽きずにやっていることはなんでしょうはてなマーク
 
それが、あなたの商いのタネですよむらさき音符



ピンク薔薇赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇ピンク薔薇


今日はしぃくんの記事のリブログでした~キラキラ

 

 

飽きないことから、商いのタネを見つけて、大きな花を咲かせましょうヒマワリハート

 

アップこれが、私がこれからやっていきたいことの核なんですね。

 

自分自身も、「飽きないことが分からない」人のサポートも。

 

 

今月から少しずつ、体験セッションの募集や、「お客様の声」のアップをしていく予定です。

 

よろしくお願いしますほっこりハート



最後までお読みいただき、ありがとうございますお願いキラキラ

 

 

赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇

 

 

こっそりメルマガを始めましたビックリマーク

 

「自分を知る」ための7つのワークが付いていますほっこりハート

 

ご登録は右差しこちらからどうぞ。

ナマステ~、Momoko ですほっこりハート

ご訪問ありがとうございますかに座

 

 

右差しこのブログを書く想い

右差しプロフィールはこちら



今日は「誰かの‘初めて’に寛大でいたいね」というお話です。


赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇


先週滞在していたタイのホテルで、私たちは緑の多いお庭で

 

毎日自分と向き合っていました。笑

 

ブログを書いたり

 

メルマガを書いたり

 

実現ノートを書いたり、、、

 

どこにいても、それしかしてない。笑

 

 

このお気に入りのお庭で、

 

とっても素敵な出来事があったので、

 

今日はそれをシェアしますね。

 

 

このお庭で私たちが作業していたのは、カフェでした。

 

アップ写真の、屋根がある建物。めちゃくちゃ素敵なお庭だと思いませんか!?

 

ただ5日間の滞在中、スタッフがいたことはなく、

 

誰もカフェとして使っていませんでした。

 

それが、私たちの滞在最終日にビックリマーク

 

英語圏の貴婦人がラテを頼もうとしたのです。

 


スタッフが誰もいなかったので、しばらくウロウロされていたところ、

 

反対のレストラン棟にいたタイ人のスタッフが氣づいて、

 

カフェまで来てくれました。

 

そして

 

 

貴婦人 「ラテを注文したいんだけど…」

 

スタッフ 「ラテですね…

 

作ったことないけど、たぶん作れると思います」

 

 

こう言って、コーヒーマシンを動かし始めました。

 

 

コーヒーマシンを扱うのが初めての彼女、

 

試行錯誤していたので時間はかかっていましたが、

 

最終的に、無事にラテが出来上がったよう。

 

 

スタッフ 「できました~ビックリマーク

 

貴婦人 「やったわね~ビックリマークおめでとうビックリマーク

 

 

2人が一緒になって喜んだ後、

 

 

スタッフ 「140バーツです。」

 

 

としっかり代金を請求、

 

貴婦人が支払っていました。

 

 

ちょうどその時に、貴婦人のパートナーと思われる男性が合流しました。

 

 

貴婦人 「この子が、人生で初めてのラテを淹れてくれたのよビックリマーク

 

紳士 「そうなんだビックリマークそれは、おめでとうビックリマーク

 

 

 

なんと平和で、温かい光景でしょう…

 

 


自分と向き合う作業に没頭していた私ですが、

 

あまりに素敵なやり取りで、

 

一字一句が耳に自然と入ってきました。

 

そして大切なことを教わった氣がしたので、

 

こうしてシェアすることにしましたクローバー

 

 

 

このやり取りをそばで聞いていて、

 

「初めて」のことに挑戦するときの心持ちが、

 

このスタッフの子と私では、ぜんぜん違うな~と感じました。

 

(今の私というより、同じ年代の頃の私)

 

 

大学生の頃からつい最近まで、私は「失敗」を悪いことだと捉え、恐れていました。

 

だから、「初めてやること」を極度に恐れるようになっていました。

 

特に、バイトなどで、お客さんに何かを提供するときはガチガチでした。


でも、今思い返してみると、それって私が勝手に思い込んで、

 

勝手にガチガチになってただけなんですよね。

 

実際、すごい失敗をして、現場が大混乱になった記憶もないですし。

 

まさに、独り相撲状態だったみたい…ショック



世界は思っているより優しいし、開かれている。

 

「初めて」にも温かい。

 

 

 

年齢が浅いうちは、そんなことは綺麗事にしか聞こえないかもしれないけど、

 

会社を辞めて、日本を出て、

 

視点を変えてみると見えてくる景色が変わってきます。


大学生くらいの若い子には、心配せず「初めて」にたくさん挑戦してほしいし、

 

誰かの「初めて」に出くわしたら、あの貴婦人と紳士のように、

 

盛大に祝福をしたいなと思いましたほっこりハート

そして私自身も、前向きに、もっとたくさんの「初めて」に、挑戦したいと思いましたビックリマーク




そんな学びを与えてくれた、心温まる出来事でしたほっこりキラキラ


ピンク薔薇赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇ピンク薔薇


今日はタイのホテルで出会った、素敵な貴婦人と紳士、そして「初めて」に挑戦したスタッフのお話でしたブルー音符


最後までお読みいただき、ありがとうございますお願いキラキラ

ナマステ~、Momoko ですほっこりハート

ご訪問ありがとうございますかに座

 

 

右差しこのブログを書く想い

右差しプロフィールはこちら



今日は「初めてのタイで、コムローイに参加してきたよビックリマークというお話です。


赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇


少しタイムラグがありますが、

 

先週、日本に帰国する前に、

 

タイに寄り道してコムローイに参加してきましたブルー音符

 

タイでは「イーペン祭り」「イーペンランナー」「ロイクラトン」と呼ばれていましたが、

 

日本人には「コムローイ」で知られているのかなはてなマーク

「塔の上のラプンツェル」の舞台になったことで、有名だそうです。


私はこのお祭りについてぜんぜん知らなかったんですが、

 

夫の「人生で行きたい場所リスト」に随分前から入っていたようで、

 

帰国のころと時期が合ったので、

 

行くことになりました。

 

 

実際に行ってみて感じたことは、

 

行く価値ありビックリマーク

 

ですかね。

 

「ランタンが一斉に上がる、その一瞬」のために、行く価値があると感じました。

 

 

私たちがツアーで行ったのは、メーリムという場所。

 

5,000人でランタンを上げました。

 

 

ランタンを上げる前に、川に灯篭を流します。

 

この灯篭を、クラトンと呼ぶそうです。

 



真ん中に刺さっているのは、お香ですクローバー 

 

優しい、いい香りでしたほっこり

 

 

1人1つ、好きな色・形のクラトンを選んで、川に流します。


夫が左のハート型を選び、私は太陽みたいなオレンジを選びました。

 

ガイド曰く、クラトンはすべて、天然の素材でできているそうですビックリマーク

 

 

お願い事とともに、川に流します。

 

私はなぜか、、、

 

 

世界が平和でありますように

 

 

と願っていました、、、

 

普段そんなことまったく考えてないのに、、、笑

 

 

 

綺麗な色のクラトンに、柔らかい炎…

 

それを見ているだけで、なんでか分からないけど泣けてきて、

 

泣きながら世界平和を願ってました。笑

 

 

その後、タイの伝統的な踊りを鑑賞し、

 

僧侶の読経に合わせて瞑想を行い、

 

ランタンに火をつけ、空に放ちました。

 

 

 


白く輝いているのは、満月さんです満月キラキラ

 

 

 

ランタンは1人2つ用意されていて、

 

自分で火をつけて、放ちます。

 

ただ大きいので、すべて1人でやるのは難しく、

 

2人で1個ずつ上げる感じでした。

 

 

どんどん上がっていく無数のランタンはもちろん綺麗なんですが、

 

やっぱり自分たちの手で、

 

1つ目のランタンに火をつけ、

 

浮力が十分になるまで待って、

 

放つ…

 

その瞬間が最も、美しい瞬間でした。

 

武者震いなのかはてなマーク 

 

手足がガクガクして、涙がブワッと出てきました。

 

 

あまりに綺麗だから、

 

お願い事もちっぽけなものを口にするのが憚られ、

 

というか、自然にデッカイことを言いたくなり、

 

夫は、「みんながハッピーでありますように」

 

私はまたもや笑、「世界平和ビックリマーク

そんなデッカイことを、ランタンに乗せて放ちました。


赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇


綺麗な部分だけを伝えると、こんな感じでしたが、、、

 

実際はか~な~り、カオスでしたよ。笑

 

ランタンに火をつけるのが、まず難しい。

 

丁寧に係の人が来て、火をつけるのを手伝ってくれるわけもなく、

 

各々四苦八苦しながら火をつける。

 

でもこの火も危なっかしい。

 

なぜなら、ランタンが紙でできているから。

 

実際、あちこちで紙に火がついて、家事寸前アセアセになってるところもあせる

 


写真じゃ分かりづらいですが、轟轟と燃えてます。

 

 

私たちの後ろは小さな子ども連れのご家族でしたが、

 

子どもたちが火を見て大号泣、

 

しかもアップのような燃えたランタンからの火花が飛んで、

 

お子さんの顔にかかりそうになっていたり、、、アセアセあせる

 

 

お子さん連れは本当に、ランタンを上げるどころじゃなくて、

 

早々に退避しないとあせるという状況でした。

 

私たちも、もし子どもが一緒だったら、絶対それどころじゃなかったです。

 


 

響き渡る司会のマイク音、

 

頭上には満月と無数の美しいランタン、

 

近場では轟轟と燃え盛るランタンの残骸、

 

泣き叫ぶ子どもたち…

 

 

カオスそのもの でした…笑

 

 

 

それに、日本人には有名になりすぎたお祭りのようで、

 

とにかく日本人が多かったです。

 

全体の7~8割くらいはてなマーク

 

 

また押し寄せる旅行客のために、食事なども用意されていましたが、

 

プラスチックのパックに、プラスチックカップ、紙皿など、、、

 

排出される膨大な量のごみが、私はかなり氣になりましたショック

 

自然環境にはかなり負担をかけていると感じましたぐすんあせる



ピンク薔薇赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇ピンク薔薇


そういえば、予約が完了している安宿から、

 

満室になったから予約をキャンセルするように言われ、

 

別の宿を予約し直した話ですが(過去記事右差しこっちのほうがいいんだよ。Momoko ver.」)

結果的に、

 

めちゃくちゃ良いお宿でしたビックリマーク

 

 

小さなゲストハウスで、お部屋も広くはないんですが、

 

お庭がとっても素敵でした。

 

 

 

 

風が氣持ち良くて、いい氣が巡っている感じがしました。

 

毎朝、甘~いインスタントコーヒーを飲みながら、

 

お庭で願望ノートを書くのが至福のひと時でしたほっこりハート

 

 

宿の主はおじいちゃんで、片言の英語だけでコミュニケーションを取りました。

 

payはてなマーク (お金払って)

 

taxiはてなマーク (タクシー呼ぼうか)

 

free coffee, cookie. (無料だから食べていいよ)

 

 

最初は「部屋が狭い」「ベッドが硬い」(確かに硬かったw)と文句を言っていた夫も、

 

あまりの心地よさに、

 

「なんかずっとこの宿でいい氣がしてきた…」

 

と言うほど。

 

2人して離れがたい氣持ちになりました。

 

 

このおじいちゃんとの出会いのために、

 

私たちはこの宿に呼ばれたんだと思いますほっこりハート

 

また会いたいなぁむらさき音符


赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇


長くなりましたが、今日はタイでのコムローイ参加、

 

そして急遽泊まることになったお宿の報告でした~ニコクローバー



最後までお読みいただき、ありがとうございますお願いキラキラ

 

良い日曜日をお過ごしくださいほっこり