ブログ更新736回目。

みなさんこんにちは。

 

1.創造の原理

 

 創造主=神が、被造物を創る時、それまでに創造したものを土台にして、新しい形態を創る。

 

 原初は、水に生ずる水素の先端(+)と、酸素の先端(-)から、疏水基と親水基とが出来て、細胞膜の原型に変化した。

  <この話しは、難しいので、途中割愛する。>

 

 わかりやすいのは、脊椎動物である。

 

 はじめに、小さなネズミのような脊椎動物を創った。

 次に、それを、象やライオンのように大きくしていった。

 やがて、二足歩行の人間に変化させていった。

 

 その創造の原理を差し置いて、形態が似ているからと、後付けで、「進化論」を仕立て上げたのが、人類である。

 

2.想念波動

 

 創造主=神が、被造物を創るとき、「想念波動」を発する。

 

 想念波動は、何かの思想や観念・思いではない

 

 想念波動こそ創造の原理であり、生み出し・生かすである。

 

 創造主=神が、ニワトリを想念(意識)すれば、瞬時にニワトリの形態が完成し、そこに波動(生命)が宿り即、生きるものとなる

 

 これが、創造の原理=想念波動の実態である。

 

 想念波動の力を理解するには、多くの明想時間が、必要であることを、付け加えておく。

 

3.「意識をあげる」とは

 

 「意識をあげる」という言葉があるが、何を上げるのか、考えたことがあるだろうか?

 

 全宇宙に意識はただ一つあるのみである。

 

 実在する「神意識のみが、あるのであって、人間は、どこにもいない人間は、非実在である。

 

 人間は、神意識を宿しているのに、未だ自我意識のままである。

 

 人間が、神を考え出すことは出来ない

神が親であり、人間はその子供である。

 

 人間が、神を創れるはずがない

 

 人間は、神の許に帰還することを考えればよいのである。

 

 通常は、神に帰還する努力を、「意識を上げる」というのであろう。

 

 しかし、上げなければならない、意識はない

人間という意識を消すだけである。

 

 人間意識が消えれば、そこには厳然と実在する、「創造主=神」のみが、おわすのである。

 

4.病気の原因

 

 人間が病気なるのは、神に一心集中していないからである。

 

 この栄養が足りない、あのビタミンンが足りない、乳酸菌も足りない、足りない足りないと騒いでいては、恐怖心ばかりが募る

 

 モノに意識が向いていては、「神への一心集中」どころではない

 

 「知足」といって、足ることを知ることによって、心の平安は保たれるのである。

 

 その平安な心で、神を意識すれば、想念波動が、働く

 

 「自分は完全」という想念波動が、出せれば完全な自分が、出現する

 

 その瞬間、病気は無い

絶対無病を体験するであろう。

 

 肉体意識が、残っていれば、その肉体意識が邪魔である。

 

5.まとめ

 

 あなたは、肉体でもない・人間でもない

 あなたには、ただ一つの、完全無欠な神意識が、内在しているのである。

 

多くの人が、人間はいないと理解した、と祈る!