ブログ更新718回目。

みなさんこんにちは。

 

1.神我は生もの

 

 神我は、永遠・久遠に生き続ける「生ける神」である。

 

 人類は、「永遠・久遠」ということを、実感しているだろうか?

 

 無形のものが「生きている」ということを、実感しているだろうか?

 

 創造主=神が、「永遠であり生き続けている」ということを、実感しているだろうか?

 

 形のないものが生きているということは、そこに「意識がある」ということである。

 

 神は、過去を知らず・未来を知らず今にのみ、「意識」がある

 

 これが、神意識である。

 

 その神意識は、幾つも、あるのではない。

 

 「唯一・たった一つの神意識」(=ユニティ)があるのみである。

 

2.天国

 

 天国とは唯一・永遠・久遠なる創造主=神が居られる裡なる最奥の宮」である。

 

 その宮は、建築物ではない

 

 高級霊・高級波動満たされた幕屋(ばくおく=テント)である。

 

 幕屋であるからには、移動も大きさも変幻自在に変えられる。

 

 一分の隙間もなく、常に、在り続ける、生ける神の幕屋、それが、「裡なる天国」である。

 

 それに対して、「地獄」は、分離・区別という「分離感」から生じる外なる世界」である。

 

 その、外なる世界に、裡から遍満し続けているのは、「天国」である。

 

 この「裡なる神・天国」と「地獄・外なるもの」は、天地一体として、地球上にも・太陽系にも・全宇宙に広がっている

 

 天地一体、である

 

3.天地一体

 

 天地一体ということが、真実心の底から理解(さとり)されたとき、創造主=神は、あなた方を通して、働き給う

 

 天地一体が、明想を通して体感された時、創造主=神は、あからさまにあなた方の願いを、実現して見せる

 

 天地一体ということが、「言葉ではなく、実際に、体感された」とき、あなた方は、創造主=神と共に居るのである。

 

 世の中の「天地一体」という言葉と、文字の上では同じである。

 

 ここで言う「天地一体」とは、遥かに高波動の内容なのである。

 

 徒に、言葉遊びをしてはならない。

文字の意味だけを追求しても、学者になるだけである。

頭ごなしに字面を覚えようとしても、やがて忘れる。

 

心底・魂の更に深い霊意識からの理解を要求しているのである。

 

4.まとめ

 

 神は、永遠・久遠に、「今」生き続けている。

 活発発・凛々として、衰えることを知らない。

 久遠・常在の神である。

 

 これらは、言葉ではあるが、生命の鼓動として受け取っていただきたい

 

 生命の鼓動として受け取ったとき、あなた方は、神を、外に顕すことが出来るようになる

 

 肉体を持ちながらにして神そのものを表現できるようになる。

 

 多くの人が、「神は、生ものだ‼」(=今にのみ、生きている)と気付いた、と祈る!