ブログ更新274回目。

皆さんこんにちは。

 

 今日は、アフリカ関係の会合に出席してまいりました。

 

 今年の8月28日~30日、横浜でTICAD7(第7回アフリカ開発会議)が開催されます。

 それに関連する、NPO団体の会合でした。

 

 出席されたほとんどの皆さんが、フリートークの時間に口々に語られたことは、「物質的な繁栄に対する危惧の念」でした。

 

 50~60名の人々が集まって、異口同音に「物質的繁栄の危機感」が述べられた光景を、今まで拝見したことはありません。

 

 同時に、世界の中の日本の位置づけについても、外国の識者のほうが、日本人より日本への期待を高めていることを、再確認しました。

 

 これらの発言をお聞きしていて、我が胸の裡に去来したのは言うまでもありません、『神の警告』でした。

 

 「早く、準備をせよ!」との声なき声にせかされて、一目散に家路につきました。

 

 渋谷の雑踏も耳には入らず、行きかう人々ともぶつからず、静かな心が足を速めるだけでした。

 

 こうして今、キーボードを叩いていても、『早く元の明想状態に戻れ』と、声なき声が呟いています。

 

 ことが起きてから泣き叫んでも、手遅れです。

 

 一刻も早く、各自が裡なる声に耳を傾けられる精神状態に移行することを、強くお勧め申し上げます。

 

 それに関連する小生の勉強会も、今月は、今週末開催します。

3月16日(土)、15~17時、四谷です。

 

詳細は、こちらのURL<↓>をご参照ください。

 

https://www.facebook.com/科学開発研究所-115360271875073/

 

 いずれにしても、ここ数年以内には、かなり厳しい天変地異・経済的困難などを体験させられるかもしれません。

 

 詳しくは、勉強会で触れることにします。

 

 多くの人が、『自分の裡なる声に耳を傾けることができるようになった』、と祈る!

 

 明想の大切さ・光の国の意味・自分は何者・人生の意味などに、答えを見出せないと、多くの困難を乗り越えることは難しいでしょう。

 

PS:これは、『脅し』ではなく、『警告』です!