天河から戻っての、リモートによる誘導瞑想。

 

やってみてわかったことは、

エネルギーの幅も強さも変わった。

ということ。

 

ライオンズゲート~天河~ライオンズゲート(笑)

のセッションの仕上げを、誘導瞑想にした。

 

誘導瞑想自体は、各人で、多分違う。

これをやる!

とは決めていない。

 

流れだから。

 

誘導のイメージを決めて始めたら窮屈。

それぞれの今に必要なものも違うだろうし。

 

細かい内容は言えませんが、

最後に、天河のエネルギーとつながり、

クライアントさんに向けて、

わたしを通して、そのエネルギーを、

手加減なく(わたしを導いた人の弟子だからっ!(笑))

流した。

 

わたしを通して、彼にエネルギーをお伝えください。

 

という感じです。

 

で。

自分の内側がめちゃ熱くて、

 

「体の内側に熱が宿り、その熱が外側に向けて拡がってゆきます」

と。

そう言おうとした瞬間に。

 

「あっつ・・・」

 

と、彼が先に、わたしの誘導より先に言った。

 

思わず口から出たらしく、

今まで誘導瞑想中に彼が言葉を発したことはない。

 

そこからは、トークになったが。

 

「自分の内側が熱くなったのは初めてで。

体の外側が熱くなることは今までもありましたけど、

内側に熱を感じたのは。。。

やぁ。。。びっくりしました」

 

熱いよねーーー。

わたしも熱くてさ。

誘導で、それ言おうとした瞬間に、

あなたが熱いって言ったのよね。

 

さすがじゃーーーん!(笑)

※順調に育ってますよ!先生っ!

 

かなりのエネルギーだったみたい。

ちゃんと伝わったんだな。

と、実感した。

 

旅行記でも書いたけど、

熱いのよ。

強くて、熱い。エネルギーなの。

 

女神とかいう優しい雰囲気のそれじゃーないの。

もちろん、今回、弁財天様。とは、限定していない。

天河でいただいた、そのエネルギーは弁財天様ひとつのエネルギーではないから。

 

わたくしがいただいたエネルギー。

という捉え方をした。

 

なので、お礼も、

弁財天さまをふくめ、わたくしを通してエネルギーを送ってくださったみなさまに御礼申し上げます。

という感じです。

 

これね。

喜ぶところじゃないのよ。

恐れを抱くところ。です。

 

 

これ書いてる時に、札幌の友からLINEあったが、

※ナイスタイミング!

 

「なんか、ブログ見てたら汗ひいた。

鳩尾、気持ち悪くなった。

ちょいと重いっス」

※役行者堂だっけ?かなり鳩尾にガツンとくるしね。

 

と。

ああ、そーかもなーぁぁぁ。

と思った。

 

エネルギーの坩堝だものね。

 

 

天河は民宿に泊まって!

と。

数十年前に、天河で足元からエネルギーが駆け上がるのを感じた友は、わたしのブログや写真を見ただけで、その感覚が蘇ったそうで、涙が出たそうだが。

それは、既にそのエネルギーに触れているからだものね。

 

かなりエネルギー強めだなぁ、とは思っていたが。

なので、ブログは割とおちゃらけて少し和らげたつもりなのだが。

 

そう。

喜ぶところではなくて、恐れを抱くところなの。

畏怖というやつですね。

 

まかりまちがったら、大変な目に遭いますので。

力の使い方間違ったら、やられます。

という領域に、確実に足を踏み入れた。ということ。

 

 

曲がっちゃならねーのっ!!

 

みなさまの、優しい御心(みこころ)で、

見守ってくださいね!

「おい!!その道でいいのか?行くのか?」

テキニ(笑)。声かけてねー!

 

互いの声かけ運動は、大事です。

 

 

ついでに。

「ブログのどれかで、

容赦なく?遠慮なく?エネルギーを送った。

みたいなのがあったと思うんですけど、

それって、人によって、力の加減が違うってことですか?」

 

と、つい先日訊かれた。

そう。流すエネルギーは、人によって違います。

一度、本当に起きられなくて、トイレまで両脇を抱えられて行った人もいる。

あら、やりすぎたかしら・・・。

 

という経験もあり、厳密な定義?はないけれど、

よきよーに。という感じで、その人にとってよきよーに!

エネルギーが流れるように、最初にそう決める。

という感じなのだけれども。

 

今回の彼のように、加減などいらないよね?

って人には、限定解除(笑)する。

 

ブログもいくつか持っていて、

●おふざけのみ(笑) 別名

●パスワードつきの限定ブログをいくつか

 

おふざけブログは別として(笑)、

なぜ限定のブログを持つかというと、

情報が過多になるとあまりよろしくないから。

 

基本、この一般公開用のブログは、

まあ、誰が見ても差しさわりない内容を心かげてます。

 

不必要な情報は毒ですから。

エネルギーもそうだけれども、強すぎると毒だから。

 

パスワードつきの限定ブログは、

もっと濃い内容になってます。です。

 

 

わたしがやめたことの一つに、

自分の気持ちとして、その人をリモートで、

支える?エネルギーを送る?祈る?邪気を払う?

みたいなことをしていたりしたが。

きっぱりと!やめた。

とっくにやめた。

大きなお世話だからだ。

 

まあ。でも、数少ない友(笑)には、

勝手に送られていたりも?する(笑)

これは、自覚のないところだから、仕方ないし。

必要だったんだろう。と思うし、こちらもいつも助けてもらっている。

だから、そのくらいはお礼の内だ。

 

LINEやら、トークやらを普通にしてても、

エネルギーは勝手に流れるしね。

それで、ゆるんだり、心が楽になるなら、別にそれでいいし。

イヤで対応していない。楽しいしいいのよ。

 

ただね?

よくあるのは、セッションやらにお金は出したくない(笑)。

けれども、何か情報は欲しい。

と、買い物に連れてってくれたり(わたし車ないの)、

ランチに誘ってくれたり。する人はいる。

で、なにげに、質問してくる。

 

その場合、絶対に、アンテナは立てないっ!!(笑)

これは、意図的に、絶対に立てない。

そりゃ、そーだろ?

ちゃんと申し込んでくれる人がいらっしゃるのに、

クライアントさんに失礼だ。

 

で。

普通の朗らかなレディなだけなのでね。

なんだ、役に立たないじゃん。

と思われたのなら幸い!

ありがとう!とこちらが言う必要もなくなるのだもの。

 

わりと、とんだ失礼!に、気づかない人も多い。

まあ、縁は切れていくが。

 

最高のあげまんではあるが、

エネルギーが強すぎてね(笑)

元旦那は干からびていった。。。

あなたじゃなければ小さな会社の社長くらいにはなれる人だったのにねぇ。

と言われたことがあるっ!!

離婚して、肉付きも良くなった。らしい(笑)

良かったね!

 

なので、わたしの横に立つ人は、

エネルギー強めの人じゃないとあきまへんのやーーぁ(笑)。

でないと!あげまんは発動しないっ!!
 

あはは。

 

その点、うちの息子君は、

多分、一見そうは見えないだろうけれども!!

かなり強い。です。かなりです。

龍との縁は私より深くて、強いしね。

 

あのさ。

本当に強い人は強さを見せないのでね。

だって、別に人にどう思われるかは関係ないから。

力というものに執着しない。

ゆるゆると見えるものです。の。

じゃないなら、とっくにあたしに潰されてます(笑)。

 

龍と仲良しさんなので、

本当に!晴れてくれないと困るときは、

息子にお願いするもんね。

 

前に、台風でね。

たしか関東に向かう予定だったが、

まあ、豪雨だったのね。ずーーっと豪雨の予定。

「ぜったいに!!晴れさせろよっ!」

と、半ば脅して(笑)

豪雨の中の道行を、我々が向かうちょっと前には、雨が止んで、太陽がっ!

あっ!富士山まで!!

みたいな快適なドライブとなったことが、あったなぁぁぁ。

 

本当に困った時には、時々お願いする。

まあ、そんなにね?困ることないけども。

雨くらい降るからさ。雨も恵みだしね。

 

何の話だっけ??

 

ああ、そうなの。

エネルギーも強くなったし、ちゃんと遠隔でも届きます!(笑)

※もともと!届きます(笑)

 

 

11月11日は、

事前に行くところをちゃんとリサーチして、

龍泉寺(役行者)も外さないっ!のだ。

 

ちなみに、~2月末まで、

いまなら。キャンペーン+(ぷらす)やってますよ!奈良。

宿代半額です!

 

どう??天河(笑)。

 

※これの前の記事3つは、天河弁財天社への旅行記です!

 

というわけで。

めずらしく、連日のアップでした!!

 

やっと。

最終章まで書けそうだ。

とにもかくにも!これを最優先させようと思います!

 

これは続き物なので!

読んでいない方は、先に下記の記事からお読みください。ませ。

 

 

 

 

 

 

 

さて。

2日前の大豪雨から始まり、通行止めも厭わずに!!

突き進んでの!天川到着。

そして、やっとこ一日目を、終えようとして眠れずに。

 

それでも朝はやってくる。のだ(笑)

 

2日目は、

111(1:11)

555(5:55) 前日い続いての5:55

から始まった。

 

もうね。

こっち来る前の予想では、雨だったのよ。

昨日も今日も。

 

結局!晴れるよね(笑)。

 

18度の釧路を30度にした!と言われた女だからね(笑)。

運動会が雨にならないかと、毎回祈ったりしたけどね。

逆さのテルテル坊主も作って、お腹出して(腹痛を望む)寝たけどね。

毎回ピーカンさね(笑)。

 

らいが行くと気温が上がる。

と有名だしね。あはは。

 

そんなわけで、晴れましたね。

 

 

いい感じのバス停でしょ??

 

 

 

 

 

こちらが、昼間の天河弁財天社の鳥居です。

橋も、そんなに怖くないよね。

 

朝拝が始まる直前で、拝殿へ。

もう、30人くらいが座ってらした。

 

やーーーー。

すんばらしかったのよ。

素晴らしかった。

 

宮司さんも神主さんも、お声がね。

素晴らしく通るというか、朗々と響くのよ。

力があるのね。

今までで一番感動したかも知れない。

 

やや目線を下にしながら、少し頭を下げながら居りましたが。

響きます。

ガンガン!ダイレクトにハートに、丹田に響きます。

 

わたしは、自分の産土の神の一柱が、弁財天さま(市杵島姫命)と存じ上げたのが!ほんの5年くらい前。

という罰当たり者。

ひたすらに無礼をお詫びするところから始まりました。

いや、ほんとに。

 

神社。とか言っても、ひとくくりに神社。

としか思っていなくて(笑)。

日本の神様の名前は覚えられないし。

と、勝手に思い込んでいたし。

※今ではスペシャリストでしてよ?(笑)

 

そういえば、千歳神社ってどなたが祀られてるの?

とググったのがその時だからね。

 

この道に導いてくれた方に、

弁財天が後ろにいらっしゃる。と言われていたが、ピンと来てなかったですし。

 

まあ、鉄壁の守りで、

たとえるならば、

七福神×3くらいの守りです。と言われたのもその人でしたが。

ピンと来てなくて。

 

えっ??

なのに??なんで??こんな人生??

とか思ったものね(笑)

ははは。

 

などと思い返しながら、生まれた時からずーーーっと。お守りいただき、ありがとうございます。数々のご無礼をお許しください。

と、本当に、素直に手を合わせておりま

 

そうしたらば。

イメージの中で、弁財天様が(お顔はもちろん!見えないのよ)舞台の上で、舞っていられるのですが。

まあ、美しい事。美しいこと。

あの、あれよ、袖がめちゃ長ーーーいやつ。

あれを自在に操られて、クルクルと舞っていらっしゃる。

技芸の神でもいらっしゃいますものね。

 

天河弁財天社は、能とも縁が深くて、実は拝殿の向かい側には、能舞台がありますの。

 

エネルギーは、ガンガン響いて参りますし、ひたすらにカッコ良いエネルギーでして。

心酔とはこのことか!と思いました。

なんでしょう。あの力強さ、熱さは。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

そんな感じで、30分ほど。

皆様、シャン!となさっておいででした。

だらっと出来るはずないです。

圧倒されまくりました。

 

拝殿の様子は、載せられませんので、

みなさま、ぜひ!!足を運んでくださいませ。

 

で!

実は、相方のSちゃんが、

宮司さんがご神体に向かっていらっしゃる時に、

白い鳩が、宮司さんの近くに舞い降りたのを見たのだそうです。

わたくしは、見ておりません。

 

その鳩、飛び去るのを見た??

と訊いたら、

「そういえば、降りたのは見たんですけど、

飛び去るのは見てないです」

と。

 

それ、きっと。

実体のない鳩だと思うよ!!!

 

なんんか、良い事起こるわね。

 

 

朝拝が終わり、みなが、参拝の列に並ぶわけですが。

まあ、最後の方でした。

 

わたくし、鈴は鳴らしません派なので(笑)。

普通にお参りをさせていただき、

一度階段を下りました。

 

「あれ?昨夜、ご主人が、あちら側(拝殿の入り口とは反対側)に、何かあるって言ってませんでした?」

と、そういえば!!

 

ということで、拝殿に戻りましたら。

行者さんが数人、朝拝にいらしてたらしく、

宮司さんと何やらお話をされていて。

 

どうやら、拝殿に向かって何やらをなさる許可をいただいたようで。

そこからっ!!

また素敵な体験をさせていただいたのです。

 

ほら貝が鳴る中、太鼓が響く中、

マントラやお経を朗々と唱えるのです。

 

えーーーーっ!!

嬉しい!!

 

わたくしどもも、後ろに控えながら、その場に居合わせていただきました。

このね、声もね、通るのよっ!!

 

最後は、般若心経で、ぎゃーてーぎゃーてから、クライマックスでして。

わたくしも、そこからなら!わかるので(笑)

※般若心経は、どういうわけか覚えられないのです。

唯一覚えられない(覚えようとしたものの中で)

毎日半年ばかり唱えましたが、覚えられない。

ぎゃーてーぎゃーてーからなら、完璧ですが(笑)

 

本当に!気持ちよかった。

心からの感謝です。

 

役小角ともゆかりがあるわけですよね。

そう。

そのあちら側の階段を下りた先には、役小角が祀られているのでした(役行者堂)。

 

 

なんか、鳩尾(みぞおち)にガツンときますよね。

 

 

そして戻ってからの。

 

五社殿

 

手前より、
●龍神大神 弁財天の化身なる龍神の神
●大将軍大神 八ツつの杜の内森本神社ご祭神
●大日霊貴神(おおひるめのむち) 天照大御神の御別名
●天神大神 菅原道真公
●大地主大神 琵琶山の地主守神
 




4つの天石の一つ(内3つが境内に祀られている)


この地は、「四石三水八ツの杜」と言われているそうです。
   四つの天から降った石

   3つの湧き出る清水
   八つの杜
に囲まれし処とされ、神域をあらわす

とありました。
 

 

感激の天河弁財天社からの戻り道。
本当は、韋駄天社や聖天社(船岡神社)なども詣でたかったのですが。
それは次回!!ということで、10分ほどの場所にある鎮魂殿(禊殿)へと急ぎました。
 

 

鎮魂殿(禊殿)

 

 

 

 

 

●天之常立大神
●国之常立神
●宇賀御魂大神
●経津主大神
●天之安河大社大神(天河大辨財天大神)
●百柱御神霊

 

 

あっ!
肝心のっ!天河弁財天社のご祭神をっ!お伝えしてなかった。。。

 

 

天河弁財天社

 

●市杵島姫命(弁財天)
●熊野坐大神
●吉野坐大神
●南朝四代天皇の御霊
●神代天之御中主神より百柱の神

 

 

 

突然の!アンケート(笑)

 

さて。
結構な暑さの中。
禊殿がちょっと遠かったのよね。

髪の毛が、首にマトワリつくし、
なんかやけにワイルドな感じになり(笑)
ジェルもオイルも何も髪に塗ってなかったので、ひどいことに。

「切るね。もう、無理だね。切るよねっ!」
 

と宣言??(笑)

ああ、今、知り合いにアンケートとってます。
 

 

①ショートも似合ってたよ!切ったら?

②いやいや、今の感じも好きよ!切ったら後悔しない?
 

 

二択ですっ!(笑)

確かにね。確かに!切ったら伸ばすのは時間かかるのよ。
んでもね。カッコいいのは、ショートだしね。
息子はショートの方が好き(わたしの髪型ね)だそうで。
カッコいい方が好きかも?ということらしい。

まあ、そんなわけで!
投票よろしく(笑)

 

 

  エンジェルナンバー事件再び(っ(笑)

 

もうこっちの話を先にしておきます。

 

限度ってものがあるんですよ。。。

あなた!
エンジェルナンバーもね、そりゃ、楽しいですけどね。
限度ってものがあるんです。よ(笑)。

限度超えてますからね。

最初ね、昨晩仕入れた、エンジェルナンバーにはミラーナンバーとかいうものもあるってよ!というわけで、ミラーナンバーも記録していたのです。


が。。。

あまりのことにですね、止めましたね、途中で。
ゾロ目が最終的に王者なんだから。キングだけ数えようよ!!
というまっとうな考えに落ち着いたのでした。

※単数時も意味が大きいから単数時もカウントしました。

 

まっとうな考えに落ち着いたのですが。

 

連続技はルール違反だと思います!

ほんとうにね。連続で来るのですよ。
本当に!
3台続けて!
間なしで、本当に続けて!!

手がね、追いつかないのね。
とか言ってると、また来るわけですよ、連続で。
なので、追いつかなくて、かなり間引かれています(笑)

それでも。
こんなことになりました。

 

 

111(時計)
555(時計)
88
5555

222
33
222
55



666


11
8888
9999
111
55
77
2222

8888
22


222
666
222

333

888
55


444
888
888
111
2
111
3
22
55
33
9999
1111
55
9999
1111
6
4
111
1111
8888
2222
5
88
2222
7
2222
111
9
8888
9
888
7
88
33
3333
888
555
8888
8888
33
222
77
666
9999
3
666
999
11
8888
1
44
22
11
111
3
7
88
222
7
22
3
7777
33
22
444
6
111

 

8888に続いて、8888が来たりするのですよ。
なんか、遊ばれてる?感じです。
後半は、もう、いいよね。という雰囲気で、二人とも、見てもスルーすることが多くなりました(笑)。

もう、十分だろ。。。と。

 

 

天河に近いほどエンジェルナンバーが多い件

相方が言いました。
 

らいららさん。行きも帰りもなんですけど、
天河に近い方がエンジェルナンバー多くないですか」


確かにっ!!
天河に近い方が、間断なくエンジェルナンバーなのよね。
隙間があまりないの。

離れていくと、ゆるゆる~っとなっていく。のよ。

また石川に入ると多くなるんだけど、天河ほどじゃーない。

もしかして。。。

 

エンジェルナンバーじゃないと、天河に入れない??(笑)

我らの、車の名前わからないけど(笑)、キュート号も(仮に名付けよう)、1818なの。
これも!エンジェルナンバーなのよね。
あたしが決めたんだけども(笑)

1818 豊かさを受け取る権利があります
だった。
知らんかったけど。

いーわいーわ!
というゴロで決めただけだから。ははは。
まあ、結果オーライということで(笑)

なんとなく。雰囲気と直感。がいいのよ、そもそもね。
こだわりすぎてもね。
遊び心が大事なのよ。

エンジェルナンバーじゃないと天河に入れない説!!
を、都市伝説的に広めようか?
などと大笑いしたりして。

ここからの妄想がね、いい感じなのよ。

もっぱら、あたしの妄想ですけど(笑)

 

 

エンジェルナンバークラブという秘密結社

どうせならさ。
エンジェルナンバークラブとか作ろうか?(笑)
各地に支部を置いたりして。

エンジェルナンバーの人しか入れないの。

ちゃんと!
支部長が、直々にナンバープレートで確認しないといけないわけよ。
これはね、個人情報のなんちゃらで、ネット上では確認しないの。
まかりまちがって、ハッキングとかされたらヤバイから。



ここはね、本気でちゃんと管理する体制じゃないと。
信用が大事だし(なんのこっちゃねん(笑))。

「で。何するんですか?」
 

ああ。

そこね?そこ!

 

そりゃ、ただのちょっとした優越感に浸るわけよ。
その程度だから、いいわけよ。
メンサとかじゃないんだから。

でもね!
会員同士の小さなクラブも出来たりするわけ。
エンジェルナンバーって、ようは、数字じゃない?
ってことは、これ、数秘術に繋がってるのよね?

ってことは、

数秘術を研究する部活みたいなのが立ちあがたりするの。
何年かに1回、その研究成果を発表するわけ(笑)

 

ロト7攻略法とか、夢の万馬券攻略法とか(笑)

あとは、ビックリ企画部みたいなね?
まあ、全国に展開している会員全員が集うことはないだろうけど。
時々、意味もなく集まって。
エンジェルナンバーが連なって(笑)、ただ、走るの(笑)
みんなにラッキー!をばらまくわけよ。
エンジェルナンバーのオンパレードよ。

いいことあるんじゃない??(笑)

まあ、意図的ではあるにしてもね。
楽しいじゃない?



このクラブには、厳正なる階級があって(笑)
ここはね、厳正なの。

まず、わたしたちは無条件でトップなんだけども。創設者だから(笑)

総長だね、総長。

総督とか呼ばれてもいい感じよね。

まあ。これは後で決めるとして(笑)

 

一番上は、もちろんゾロ目4桁。
でも、全国にするとかなり多くなるから。。。

うーーーん。

あのさ、抽選とかじゃなくて、たまたま。本当にたまたまゾロ目だったんだよね。
っていう人と、抽選でゲットした人の違いって、どっかでわかる??

「ナンバープレートでわかります!」

じゃあ、それよ!!
偶然ゾロ目のナンバーをゲットした人が!
最上位のダイアモンドクラスに入れて、
ダイアモンドクラスに最大の権限があるわけよ。
牛耳るわけ。

まあ。。。
その権限がなんか意味あるのか?っていったら、別にないんだけどもね。
遊び心ってやつね(笑)。
これを、大の大人が本気で遊ぶからいいの。
意味なんていうつまらないものはいらないの。

ダイアモンドクラスは、もう、会員全員の羨望の的だからね!!
わたしたち?は、羨望の的から外れるのかも知れないが。。。(爆)
いいの!創設者だから。
なんか、言い呼び名さえつければ、それなりにカッコいいから。

秘密でも何でもない秘密結社みたいで楽しいじゃない?
会員同士でしかわからない合言葉とか、合図とかも作らないとね。

とね。

まあ、そん時に話してない話も織り交ぜておりますが(笑)
盛ってます!!
なぜなら!

わたくし、ストーリーテーラーだからです。あはは。

まだまだ、これ、掘り下げること出来るんですが。
今回は、このくらいにしておきましょう!

もっとちゃんとしたのを??(笑)煮詰めて煮詰めたやつを、またの機会にブログに書きますわぁ。

これ、面白いもんね。

とりあえず!

エンジェルナンバー引き連れて、天河に行きたいよねーーー!
うふふ。

さてさて。
先にエンジェルナンバーの報告を済ませまして!
いよいよ本題です!

 

 

  伏線回収 369(ミロク) と 1111(11月11日) ①

 

結局迂回道路だよね

昨夜相方は、帰りの道筋をどうするか。。。
と、Google先生?と相談していた。
私には、発言権などないっ!!
生粋の地理音痴、方向音痴だからだっ!(笑)

行きは、福井で通行止めで、かなりの迂回となった。
昨夜も、通行止めが解除になってないかなーぁぁ??
という淡い夢を抱いたりもしたが、はかなく霧散した。

まっ。そーだよね。

ということで、来た時と同じく、白鳥IC経由で戻ることに。
行きも、結局は白鳥ICを目指し、そこから天川村まで、という道程だった。

なので。

我々は、白鳥ICまでの道は、来た道を戻るのだと!!
信じていたのだった。

 

帰りに給油しようと目をつけていたガソリンスタンドに寄れるはずだと信じていたのだ。

案外近かったのよね。

 

 

少しだけ寄り道 円空仏に会いに行こう 栃尾観音堂

車で10分ほどの場所に円空仏で有名なお寺があるということで、まずはそちらに行った。

道が細いのよねー。対向車通れるの?テキナ。

 

 

これ、素敵すぎますよね。

わたし、基本、輝度も彩度も全く!あげません。

なので、加工とかしてません、どれも。

自然光じゃないと嘘っぽくてあまり私の好みではないので。

暗かったら暗いなりの美しさがありますでしょ?

それで!良いのです。

 

こちらも、11月にもう一度訪れる予定です。

 

 

なんでーーーーっ!!

我々は、白鳥ICまでの道は、来た道を戻るのだと!!
信じていた。のに。。。

 

どうやらナビは、違う道を示したようで。
なんか、やたら細い道へと促す。

えっ?なに??
一方通行じゃないの??
対向車来たら、これ、どーすんの??

 

どーするかって??

そりゃ、バックで下がるのさーー(笑)

 

というのは一度きりだったが、

まあ、どちらかが道を譲るしかない。

 

これが、かなーーり長い事続くの。

ガソリンスタンドもないしっ!

 

やっと大きな道に出たねっ!

と喜んだと思ったら、また延々と細い山道。

 

やめて!

お願いっ!!

細い道、やなのよ!!

 

エンジェルナンバー?それ、いいからさ!

細い道だけはやめてよね。

 

なんでなのよっ!!

イジメですかーーーっ!!天っ!!

 

感謝の気持ちはどこ行くの??

ほんとうにね。

お恥ずかしい限りなのですよね。

 

あなた、感謝して、反省もしたんじゃなかったかしら??

行きに、あなた言いましたよね??

 

もう、疑わない。

とかなんとか(笑)。

 

本当に何かを突き抜ける時は、

お試しもあるし、ネガティブに見えることが起こる。

とかなんとか。

今回それが、本気でわかった。

とか?

言ってらっしゃいましたよね???

ねっ!!(笑)

 

そう。

いい加減に、疑うことをやめるわぁ。

かなんか、言ってたわけですよ。

 

ところが、なに??

ちょいと、細い道を延々走ったからといって、

ぶーたれるわけ??(笑)

 

はぁぁぁぁ??

みなさんも、一緒に突っ込んでやってっください!

この女、困ったもんです(笑)

 

この後、大反省会をまたやることになります。

ほんとにね、良い言い方をすると!!(無理やり)

お茶目さん!!(笑)

 

まあ。でもねー。

運転してるのは相方なわけでねーー。

わたじゃないんだから、苦労とか何もしてないわけなのよね。

 

勿論、相方も

「やだっ!またですか~~ぁぁぁ」

とか言ってたけども。

それはほれ、運転してる本人だものね。

あたしとは立場が違うわけですからね。

 

そんなこんなで。

かなり長い事、細い山道、たんぼ道を走ったのです。

 

 

  伏線回収 369(ミロク) と 1111(11月11日) ②

やっと。

細道地獄から本当に脱出した。らしい。

 

ホッとする二人。

 

これも、まあ、旅のだいご味だよね。

かなんか、調子いいことを言ったりして(笑)

 

そうしたら。

 

「らいららさん!!ミロクですっ!!」

 

えっ??

何が??ミロク??

 

相方は、もう興奮して、きゃーーっ!とか言ってる。
 

「これ、369号線ですっ!!」

 

いや、行きに通ったのは309号線だったし、

309じゃないの??

 

「また看板出ますから、見てください!」

 

証拠写真も撮ってください!

 

ということで、スマホ構えました。

 

 

ああああああああ!

そーゆーことーーーーっ!!

 

天は時々オシャレなことをする

 

今回、二日前に災害レベルの豪雨が直撃したり、

福井で通行止めがあったり。

クーラーが一度機能しなくなったり。

お試しから始まった旅。

 

二人とも行かないという選択肢は浮かばなかった。

どちらかが揺れていたら、行けなかったと思う。

 

福井で、高速も下道も、全面通行止め。

でも、どこか、行ける道があるに違いない。

予定の到着時間など、宿に電話すればいいだけ。

別に、コンビニのおにぎりで良い。

 

目的は、天河弁財天社。

 

本来、通行止めがなかったら、わたしの家から天河弁財天社まで、奇跡の369(ミロク)キロ!

のはずだった。

多分、もう、こんなことはない。

だから、楽しみも、倍増だった。

 

少しだけ。

369キロの道のりではなかった。

という少しだけ。残念が残っていた。

 

ほいでも、エンジェルナンバーの嵐での祝福。

歓迎されてはいるらしい。

まあ、それで十分だ。

と思っていた。

 

帰路、おもいがけず、ナビが示した道は、田舎の細い道。

ほんとうに、やーめーてーーっ!と思った(笑)。

なんで?来た道を行かないの?

と。

 

その答えが、369号線。ミロクだ。

 

ちょっと。感動した。

いや、今。大分感動している(笑)。

 

ちゃんとミロクだった。

ちゃんとミロクが用意されていた。

 

天が、遊んでくれた。

ナビが示した通りの道を通らなかったら369号線は通らなかった。

行きは309号線で、おしいっ!とか笑ってた。

 

ああ。

もういいな。

疑うのはもういいよな。

と。

思った。

 

ネガティブな事柄(自分にとっての都合が良くない)が、悪いわけではない。

必要なことが起こっているだけなのに。

イヤだいやだ。と言う。

 

もう、いいよね。

 

過去を振り返ってみても、

本当に、ネガティブの嵐の中を進んできたけれども、

自分の未熟さすら、愛おしい。

本当に、愛おしい。

無駄なことなど何一つなかった。

辛くて苦しくて、胸を叩きながら泣いたこともある。

申し訳のなさで、滝のような涙を流したこともある。

誤解をとこうと、必死になったことも。

 

どれもこれもが、愛おしい。

 

ちゃらけてる私も。

妄想大爆裂で(笑)、おふざけが過ぎる私も。

嘘ばかりついていたころの私も。

甘えることなんてできなかった私も。

凛とした譲らない部分を持っている私も。

優しくて優しくて、自分をおざなりにしてきた自分も。

勝ち気で、絶対に負けたくない!と、勝ち負けにこだわっていた自分も。

生まれてきた意味が知りたくて知りたくて、もがいていた自分も。

おもいがけず人を傷つけたこともある自分も。

お前の笑い声は人を楽にすると言われた自分も。

まだまだ。未熟で、浅はかで、でも、賢くて、前に進み続ける自分も。

 

可愛くてたまらない。

 

愛おしくてたまらない。

 

ありがとうございます。

と、天に告げたい。

見捨てないでくださって、ありがとう。

と。

 

 

上の写真、気づきました??

実は、369の看板と一緒に写っている車のナンバー。

1111なのです。

 

これは、知らなかったのね。

11月11日に再度、天河に行くと決めて予約したのが先。

 

そうだ!PCに369の証拠写真をダウンロードしよう!

と思い、改めて見たら、1111。

 

大正解!!

と、天から言われたのだと知った。

 

思い立ったら即決!即行動!!

いまのあたしは、これです。

 

あんなに、臆病で、石橋をたたき壊して安心していた私がね(笑)。

人は、変わるのよ。

というか、自分へと戻っていける。還ってゆける。

 

 

11月11日の天河も、素敵な旅になることと思う。

龍泉寺も行かねばっ!!

 

突き抜けた先の、

銀河へと参りましょうか。

 

ありがとうございます。

 

まずは、

 

 

を!読んでない方は、先にご覧くださいね。続きです。

 

※今日のヒーリングセッションで、

続きを楽しみにしていると言われたーー!

そう!「ネタバレを聞きたくないので我慢します」

ということで、早く書き上げねばっ!(笑)

 

 

さて。

そんなこんなで、宿に到着。

 

最後の信号まで、割と距離あるよね?

テキニ、信号ないのよね。

 

着いて知ったが、横が「天之川」という川。

天河で天の川。まあ、そーゆーことだもんねぇ。

 

当初、天河弁財天まで1時間半くらいのところに宿泊予定だった。

市街地だよね。

 

それをLINEグループで話したら、

「あら、らいさまっ!民宿がありましてよ。

わたし、随分前に一人旅で行ったことがあるのだけど、

ぜひっ!夜と早朝の神社にも詣でていただきたいわ」

とのことだったので!

 

調べた。民宿。徒歩圏内で。

 

幾つかあったのだけど、

割とお高め?だったのね。

別に豪華な料理とかも必要ないしなーぁ。

と。

 

まあ、オートキャンプ場もありましたが(笑)

虫嫌いだし(小さければ小さいほど×)。

 

で!みっけた!

 

素泊まり専門の宿 Well

 

直ぐに電話。

後から折り返しお電話をいただいた。

 

上のサイトからも予約できるのだけれども

駐車スペースがあるか聞いてほしいと言われたので、電話にした。

 

とても親切なご主人で、色々と説明も頂き、予約完了!!

でしたの。

 

到着後、直ぐに銭湯やら禊ぎ場などを歩きながら教えてくれて。

宿が天の川の横で、神域の手前。

基本、川が神域との境でもあるから。

 

ぉおおおおおっ!

と、テンションが密かに上がる(笑)

川の横の宿はここだけだーーーっ!!

 

そして。

その川の手前に、祠。

お祭りの時の写真パネルが掲示されている。

 

「実は、この写真に

空海さんと地蔵さんが写ってはるんです」

 

ぉおおおおおお!!!

 

地元の方が何気にお祭りの写真を撮ったらしいのだが、

空海さんとお地蔵様が写っていらっしゃる!

ということで、これはお祀りしなくてはっ!

ということだそうです。

 

 

ちょいと脱線しますが(笑)

オタキングの岡田斗司夫が、小さいころ観たテレビ番組で、
心霊写真とかをやっていて、別に怖くもなんともなかったのだけれど、
唯一背筋がゾッとする写真があった。
 

霊能者が、その写真を観た瞬間にその写真を伏せ、
「これは絶対に二度と観てはいけない。
紙か何かに包むか何かして神社でちゃんとして貰いなさい」
というようなことを言ったそうだ。

何が写っているのですか?
という問いかけに、とても言いにくそうに
「神が写っています」と。
これにはなぜか背筋がゾッとしたと語っていた。

そう。
正しいのね。
写って喜ぶものではないのです。

 

見てはならない存在。

立ち入ってはならない場所。

あるのです。

 

だいたい、本当の聖域と言われる場所は、

エネルギースポットとかいう、清々しい場所ではなくて、

おどろおどろしい雰囲気を備えていたりする。

 

なぜなら、人が侵してはならない神域だから。

基本、日本の神は、間違うと祟り神になる。

ということを知っていた方が良い。

 

だいたい、行ってはならない場所は、

道もないようなとんでもないところにあったりする。

地元の人は絶対に踏み込まない。

それを、人の勝手な思い込みやおせっかいで

踏みにじることは許されない。のよ。

 

チャネリングとかいうものも、

光か闇か??

みんな自分は光からのメッセージだと思い込むけれども。

たいがいは光る闇だったりする。

本当の光は光る必要がない。ということを忘れないで欲しい。

光らなくても存在そのものが光だからだ。

 

何か光るものを見た時、

自分の心が上がる、高揚するのならば、間違いなくそちらだ。

なぜって?

自分が力を欲している証拠だから。

力を、能力を欲しているからこそ、自ら手を伸ばし、

その手を光ではないものが掴む。。。

 

 

人は容易く思いあがる。

わたしもきっとそう。

だから、気をつけねばならない。

 

自分になんぼの力があるのか??

思いあがってはならない。のです。

 

そして。神との約束は履行しなければなりません。

その意味はご自分で味わうことになりますから。

※脱線が長くなった(笑)

ゆえに!
この天の川の橋のたもとに祀ってあるお写真は、正しくお祀りされているのです。

素晴らしいです。

 

そういえば、道中に丹生(にう)トンネル?だったかな。

トンネルだったような気がするが、目にした。

 

あれ?丹生??

丹生都比売?(にうつひめ)?

空海?

何か関係ある??

と思ったのだったな。

 

正解!!

と後で知るのだった。

 

 

ちなみに。

前のブログで使った写真。

 

 

相方に言われるまで気づかなかったが(笑)

これ、下の方にグリーンの光が入っている。

 

竹生島に続いてのグリーンの光。

 

気づかないのよね、ちゃんと見てないからさ。

こーゆーとこ、行ったんだよねー。

という友向けと記録的な写真だから、後から見返してない。

いつも、だから、人に教えてもらう(笑)

 

竹生島の写真は、こちら。

 

 

 

この2枚目は、

上の写真で見えている、一枚目から上に上った先の鳥居のところの写真。

 

 

 

たとえば、

下のような、こーゆー写真は多いよね。

太陽の光が、逆光で輪みたいになる感じの。

逆光だから、どこ写してるんだか、本人もわからないけど(笑)

 

 

これもさっき気づいたのだけど、

拡大すると実は、右斜め下のところにある複数の光の線とは逆向きの線が真ん中より右側に大きく(薄いけど)写っていたりもする。と、今気づいたが(笑)

 

 

切り取ってみたが、右下のもただの光でなかったねー。

薄っすらと左斜め下から右上への線も写ってるのよ。

 

これはーーー。確か東国三社の香取神社か???

黒の神殿がカッコいい。

 

 

ついでに、これも香取だけれど、いいよねーーー!

これもちょっと良すぎるよねーー(笑)

どちら向きの光も写ってて、ねー。

 

 

そうそう。脱線が過ぎるが(笑)

あれらのグリーンの光は、太陽のなせるわざではないから。

と例に挙げた写真も、なかなか普通の光の加減とは違ったね(笑)

まあ。いずれにせよ。

何かウエルカムな感じがしてちょっと嬉しい(笑)。

写してはならないものではないし!!

 

もう一枚あるのだけど、それはその場所の話の時に!!

 

で。

話は戻って。。。

※まだ宿にも入っていない(笑)

 

お風呂の場所も、神社の場所も、禊ぎ場も教えてもらって、

いよいよ宿に!!

 

だいたい、18時ころかな?

天の川温泉の受付が19時半とのこと。

 

受付を終えると、

「こちらは初めてですか?」

から始まって、パンフレットなどを使って、ご主人のレクチャー。

 

ただ!

天河弁財天!!としか思って来てないので、

色々な話で盛り上がる。

ほら、あたくし、初代歴女ですし(笑)。

 

実は、空海や役小角(えんのおずぬ、えんのおずの)ともゆかりの地。なのだ。

そうか、丹生だものね!空海だ!

 

空海が高野山を開くときに、場所を探していて、

その時にかの地にて、丹生都比売に導かれ、

高野山を開くご許可をいただいた。とか。

 

その空海や、修験道の祖である役行者(えんのぎょうじゃ=役小角)ともゆかりの地だと知った。南北朝の時代の南朝とも縁が深い。

歴女の魂がくすぐられる(笑)

めちゃ!楽しいっ!!

 

空海の時代をも少しさかのぼると、

天武天皇が、壺中天の故事にならって、現在地の坪の内に社宇が建立したのだとか。

ここらへんの歴史も好きだから、身を乗り出す(笑)

 

円空仏で有名なお寺も車で10分ほどの所にあるとか。

今回は帰りにここには寄って行こう!と提案→快諾。

 

ご主人のお話を聞いていると、近隣の行きたいところが沢山出て来て(笑)、今回だけでは無理だよね。と。

絶対に!また来よう!と盛り上がる。

 

なんと!!!

地元の政策により、来年の2月末まで宿代が半額というスペシャル!!

えっ??2,500円以下で泊まれるんですか???

 

ちゃんと、あれですよね?

残りの半額は後から行政から戻るんですよね??

 

ワクチン接種3回が条件ではあるが。

今年中に!秋に来ます!!

と断言(笑)。

 

※実は今日予約した。11月11日(金)から。

せっかくだからね。エンジェルナンバーの日に(笑)

111しか4桁にならないし。有給とってもらうのだ。

 

※実は。。。この1111も覚えておいてね!

369の伏線回収と同時に!クライマックスを迎えます(笑)

これは、さっき!気づいたの。

そのミロクの伏線回収の証拠写真をPCにダウンロードした時に。

えっ??って感じです。

 

 

少しだけ、お風呂間に合うかな??と思いつつ、

ご主人の話が面白くて、席を立てないっ!!

 

そうしたら。

ご主人が一枚の葉書を手渡してくれて、

ここに何が描かれているかわかりますか?と。

それは、絵!!

お客さんの一人が、描いてくれたそうです。

 

「天女??」

と言ったのは相方(笑)

 

それは天女だったのね。

 

実は、ご主人が子どもの頃に、友だちと夜に神社を訪れた時に、

「キャッ!キャッ!キャッ!」

という少女たちの笑い声が聞こえたそうだ。

 

えっ??

誰がいるんだろう?

と思い、その声の方に目を向けると。

なんと童の天女たちが、こちらには気づく様子もなく、輪になって走りながら笑い声をあげていた。

友の一人もそれを目にしたそうだ。

 

本当に一度きりの邂逅。

不思議な体験など、それっきり。とおっしゃっていた。

 

子どもって純粋なんですね。

と、なんか、トトロやもののけ姫の世界だわぁ。と思ったりして。

 

普通の営みの中で、普通に生きている中で、

時々子どもの純粋さは、意図なく、望むことなく、

異界を、異世界を垣間見るのかも知れないよね。

 

で。

とりあえず!!天野川温泉へっ!!

今はオンシーズンで、温泉はイモ洗い状態ですから。

と言われたが、汗を流せれば十分なので。

 

確かに人が多くてね。

洗い場も(体洗うとこねー)狭いというか、8人くらいか?使えるの。

んでも、わたしが先に空いてる場所に座って、両隣も埋まってたし、空きがなかったけど、スッと左隣が空いて、相方もすんなり隣に座れた。

 

露天も室内も、混みあうことなく、イモ洗いにはならずに浸かれて。

我らが出るころに、激混みしてきて、ポカリと空いた隙間だったらしく。

ラッキー!と笑顔で宿に戻った。

 

土日は近くの飲食店はやっていない!(笑)

という、普通逆ですよね?

が、天川村なのよっ!

なんか素敵じゃない??

観光客相手に別に商売してないからーぁぁ。テキナ。

 

早く着いていたら、車で20分くらいの所に

いい感じのところがあるそうで、

そこに行く予定だったけども。

到着が遅かったので、もう、コンビニでいいよっ!

と、コンビニで買って行った。

 

なので。チューハイで乾杯して夕食。

 

「お食事終わりましたか?」

とご主人が声をかけてくれて。

そうしたら!!

 

茶粥をごちそうしてくれたーーっ!!

 

 

お腹いっぱいに!食べたのよ。

入る隙間ないはず!なのよ。

でも、サラサラっと入るのよ(笑)

冷たい茶粥。

美味しすぎです!!

 

 

それが21時くらいかなぁ?

 

「神社行きますか?」

 

ということで、ここから真っ暗な!

ほんの横に異界の入り口が開いているに違いない。

と。

そんな、道行(みちゆき)となりました。

 

街灯もポツンポツンでして、

本当に足もとすら不如意(ふにょい)なの。

スマホのライトつけてみたけど、あまり意味がない。

が!少し意味がある(笑)

 

真っ暗で。

自分らの足音と川の音と、カジカカエルの鳴き声。

昼間はそうでもなかった場所が、うすら怖い。

 

これはーーぁぁぁ。

神隠しにあっても不思議じゃないよな。。。

という雰囲気。

 

夜の神社といえば、お祭りだけど。

そんな賑わいなど当たり前にないし。

 

 

怖いですよね。

あの、橋がなんともいえずに、怖いですよね。

完全なる神域に入るわけですから。

 

「撮らせていただきます」

という気持ちです。まっこと!そうです。

 

※うちのスマホ、勝手に夜景モードになるので、嬉しかった。

夜景用のアプリを入れていたが、そのままいけた!

 

なんか、写真みてるだけでも、

あのエネルギーが伝わって来る。。。

びっくりするくらいのエネルギー。なのよ。

 

民宿に泊まるのが良い!と力説してくれた友は、

一人旅で天河を訪れて、夜も双調も詣でたそうだが。

天河弁財天で、足元から何かがグワーーンと身体を突き抜けるような体験をしたそうだ。

彼女が見えない世界について知った最初の体験。と言っていた。

 

 

ピリリッと張りつめた空気感。

こちらの身もシャンとする。

 

一歩一歩が、軽いのだが。

けれども、違う意味の重みを感じる。

 

拝殿は、正面からの撮影は禁止。

正面以外からは良いが、SNSなどへの投稿は禁止。

神事を行っているところは、撮影も禁止。

 

※ところが、堂々と!!

全てをやってのけているブログがあった!!(笑)

いや、怖いもの知らずって言うの??

いや、ダメだし!!

あなた。。。弁財天リストからは、絶対的に消されてますよ。。。

と、思う。

 

 

拝殿の前に立つ。

地震か??

足もとが揺れる。

どうやら、私だけらしい。

 

昔、札幌の滝野公園の滝の前にかかっている小さな橋の中央で、同じ体験をしたことがある。

友と連れ立って行ったが、私は、橋の中央で橋が揺れるので、落ちる!!と思って、しゃがむ体制になった。

が、友は普通だった。

それ以来の揺れ感だ。

 

地面が揺れて、エネルギーが足元から入って来る。

そう、足元からだった。

もちろん!手を合わせた。

 

弁財天さま=市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)=女神=優しいエネルギー。

と勝手に思っていたが、

いや、今までで一番強い。

というか、多分、自分との縁が深いからだと思う。

 

竹生島も弁財天さま。

わたしの産土神(うぶすなの神=生まれたところの神)は、豊受大神(伊勢の下宮)。そして、市杵島姫命(弁財天)。

 

この頃、弁財天さまに呼ばれる。

ご縁なのだろう。

龍とも縁が深いし。

 

境内の五社殿(後ほど紹介)には、弁財天さまの化身の龍もお祀りされている。

まあ、天の川は龍だろうし。

 

と、調べたら。(写真に由来を撮ってあった)

大峰弥山を源流とする清流が天の川にそそがれ、坪内(壺中天)で蛇行し、その形は龍をしのばせる。

とあった。

 

なんか、調べれば調べるほどに、背筋がピリリとする。

合点がいくことばかり。です。

 

深々と頭を下げて、宿に。

「夜の神社は一人だと私でも怖いです」

と、ご主人が。

うん。

 

わたし、多分、真っ暗だし、方向音痴だし(笑)、ちゃんと行けるかも疑問。です。

近いとはいえ、真っ暗なのよ。

 

宿に戻り、女子トークに花を咲かせ(笑)、

翌日の朝拝に参加するために、6時半に起きようということに。

 

夜は寒いくらいですよ。

とおっしゃっていたが、確かに。

網戸だけにして寝たら、川のせせらぎの中で眠れるのだが、虫がね。

虫がねーーーっ!!あかんのです(笑)。

 

わたしは、小さければ小さいほど!

相方は、蛾とかそういった大きさのが苦手らしく、本当に逃げるのね(笑)。

わたしは、逃げるほどではないが。

 

なので、しっかりと!窓は閉めて寝た。

 

が。

眠れない。のよ。

 

目を閉じたら、瞼の裏に、鮮やかな、色とりどりの光!!

目を開けたら、ただ真っ暗なだけ。

閉じると、また賑やかに光が躍る。

ので、それを見てることにした。

 

今度は、優しいエネルギーに包まれる。

マントラとか唱えながら(笑)、静かな時間を過ごしたが。

 

眠れない。のよ(笑)

 

仕方ないから、エンジェルナンバーについて勉強(笑)。

ミラーナンバーとかいうのもあるんだぁ。ふむふむ。

 

1:11

5:55(前日に続いての555)

 

3時半くらいにうとうとして、4時半には目覚めたから、1時間くらい寝たのかな。

 

早朝に起きて、身支度を整えて、朝の天河弁財天へ。

この時に、橋の手前で、天の川というやつを撮ったのだった。

 

 

というわけで、今回はここまでにします!

今日中にアップしたいので。

 

次で終わらせる予定ですっ!!

明日!最終章をアップしたい。のだ。

 

↓をクリック♪

 

第3章 ~神様はとってもオシャレ~ へ続く

 

その日

555から始まった

 

いや、別にその時は普通だった。

5時55分に目覚た。

 

なんか、ゴーゴーゴー!って感じでいいよねぇ。

くらいの始まりだった。

 

 

今年は、けっこうあちこち出かけている。

目的の場所だけが目的なので(笑)、

食べ物やら、土地のお楽しみスポットとか、

あまり気にしないし。

 

もしも!

ご当地の美味しいものを食べる時間があれば!

何か食べたいかもねーーー。

くらいの、計画性のなさ。

というか、スケジュールで縛られるのが嫌い。なのね。

修学旅行のスケジューリングじゃーないわけだから。

もっと、自由に、行き当たりばったりで、その時その時を楽しめたら最高。

と、思う。

 

今回は、天河弁財天社を詣でることが、メイン!!

そこだけ押さえておけば、後は自由で良いのです。

 

 

タイトルの通り、

私の家から天河弁財天まで、369キロ。

 

おおおおおおお!!

ミロク!!

 

多分、これから先、住居を替えたとしても!こんなことはない!

と思うから、なんか嬉しい。

 

直線距離ではなく!

実際の道のり(有料道路含む)。

 

こーゆーとこ、あたし可愛いよねー(笑)

あはははははは。

 

 

8月6日、出発予定。1泊2日。

 

 

で!!

 

災害級の大豪雨。

 

 そう。4日よ。

2日前。

 

早朝、4時過ぎに、アラートが鳴る。

時々鳴るからね。

あまり気にも留めない。

 

しかし、夏の雷??

 

北陸は、雷は冬なのよね。

 

まあ、その雷が、ミサイル級に家を揺らす(笑)。

 

最初、越してきて最初の雷に遭遇した時、

あたくしはほんとーーに!

「あっ!テポドン被弾させやがったかっ!」

と、本気で思ったの。

カーテンをガッと開けたものね(笑)。

 

今回、朝から夕方まで、

雷!!

神鳴り!!

 

雨も凄かったけど。

避難場所の連絡とかもあったけど。

時々、あるからね。

 

あまり気にしていなかった。

 

テレビとか、観なくなって6年以上?

だって。

情報ハ偏っているし、別に面白くないし。

 

うちには、金沢の情報しか、市からこないので、

近隣の市の情報とか知らなかった。

 

友から、

「大丈夫か?」とLINEが来て、

大丈夫だよ。

雷凄いけど。とか、のんきに答えてた。

 

そうしたら、

Twitterの情報を貼り付けてくれて。。。

 

あらっ!

なに?

どこ??

 

大概のことになっている。

河川が氾濫して、すんごいことにっ!!

 

ビックリしたよね。

これ、逃げないと!!

という映像だ。

 

一応、カーテン開けたよね。

雨は降り続いていたけれども、道路も普通だった。

我が家からの景色はね。

 

白山市と小松が凄いらしい。

ということを知った。

 

おお!白山さんかーーぁぁぁ。

(白山比咩神社あるし)

 

そういえば、

一緒に旅をする相方が小松だ!

連絡してみよーー!

 

そうしたら、会社からの帰り道が大渋滞。

帰れないので、実家に行くと。

実家は高台だから(裏が山とかじゃーない)と。

 

そーかそーか。

 

昼過ぎには、会社からいつ退社してもいいとの通達。

早く帰った人たちもいたが、

退社時刻までいることに。

 

これが!!

良かった。

結果!良かった。

 

もしも、早めに退社してたら、自宅に帰ることは出来た。

が、もしもそのままでいたら、

駐車場が浸水して、タイヤが浸かったはず。だ!

と言っていた。

 

 

二人ともそうだが、

旅を延期する。

というような考えは、一度も浮かびもしなかった。

 

ましてや、行けない。

など微塵も思わない。

 

いや、

行くわけだから。行ける。のよ。

 

ここはね、揺らがないのね。

力も入ってないし。

 

力入れて、思い込む。

のは、全く全く!!あきませんのです。

念なんて込めた瞬間に、違うものになるからね。

もうね?

念で押し通す時代は終わった。のよ。

重いんだもん。。。

 

力まずに、ゆるゆると。

これが肝心です。

 

で、自分のイメージで変えようともしない。

しちゃならねー!の(笑)

祈りもしない。

祈りも間違うと念になるから。

重いと駄目なの。

 

 

行けないかも。

という考えが、単純に、浮かばなかった。

それだけなのだが。

 

楽天的。

と、わたしの性格欄に書いていた父の心眼には敬服する(笑)

だって、暗くて、気が利かなくて、愚図でのろまで、

どうみても明るくないのに(笑)

話がそれた。

 

元に戻り。

ああ、もちろん!

行かない!という選択をする時も!あるんだと思う。

その時は、そうする。

感覚の違い?かしらね。

説明が難しいけど。

 

まあ、自分の中で力でなんとかしよう!

行けないと思うから行けないんだ!!

とか、力が入ったものが浮かんで来たら、うまくいかないので。

ああ、今回は違うな。

と思うのかなぁぁぁ?

 

思い込む

思う

の違いですね。

 

 

ああ。

まだ出発もしていない(笑)

 

まあ、そんなこんなで。

相方は小松だったが、Twitterとかの映像見せたら、

逆に驚いてた。

「ここ、小松のどこ??」と。

 

 

本当に、床上浸水して、熱いさ中に泥と戦っている人もいて。

後日、そのその手伝いにはせ参じる人もいて。

なんか、心がほっこりしたりして。

まだ、大丈夫だ!JAPAN!!と思った。

 

「浸水時には長靴は役に立たないので、

ゴミ袋を靴の上から履いて、上で結ぶと歩きやすいですよ」

というのを載せてくれた方もいて、

おおおお!!参考になる!!ありがたい!!と、

わたしも思いました。

 

見知らぬネット上のご近所さん、ありがとう!!

 

まあ。

そんな感じで、大雨土砂崩れなどの被害もところどころであった石川。

もしも、前日の大豪雨なら、無理だったのかも知れないよね。

 

 

そして。

 

6日は、晴天から始まった。

5時55分に目覚めたし!!(笑)

 

9時に、らい宅出発!!

369キロの旅が始まった。

 

やっと。

始まった。。。(笑)

 

予定通りに出発し、予定通りの道程を辿る。

福井経由だ。

 

「もしも、当日も道路が浸水してたとしても、

絶対にどうにか行ける」

と思っていたそうだ(笑)。

行けないという想定が、全くなかった。と。

 

そーーんなことを話していた。のよ。

ね。

 

一部通行止め

と、見えたのは気のせいか??

 

気のせいじゃーーないっ!!

 

あら。

下道?8号線で行けばいいしね。

くらいの感じ。

 

まあ、わたしにはどうであれチンプンカンプンだが(笑)

(めっちゃ!地理音痴、方向音痴!です)

 

高速をおりて、

「369キロでは行けなくなったね」

とか話しながら。

 

まあ、でも!!

距離的には、うちから369は変わらないしね。

とか言ったりして(笑)

※少々がっかり。

 

この、369を覚えていてね!!

この伏線は、回収されますからっ!!

 

でね。

結局、下道も全部!通行止め。

 

えーーーーっ!!

※ってほど驚いてないけど。

 

どうやら、白鳥ICまで行って、そこから向かうしかないらしい。

まあ、何度も言いますけど、私にはまったくもってチンプンカンプンですが(笑)

 

宿には15時前に到着する予定だったが。

どうやら、18時ころになるらしい。

 

なんか、来た道を戻る感じが笑えるねー。テキに大笑い。

夕飯は、コンビニ弁当でいいよねー。

(素泊まりの宿なの。本当は、20分くらいのところに食べに行く予定だった)

気楽なのよねぇ。

べき!ねば!がないからさ。

目的は、天河弁財天だから。

 

白鳥ICに向かうわけだけども。

なんか暑くない??

 

暑いよね。

なんで???

 

「エアコンきかない。送風にしかならない」

 

えーーーーーーーっ!!

※これは、心からの叫びっ!!

 

やだ。

それは無理だ。

長旅だ。。。

 

流石に、めげそうになる(笑)。

暑いの嫌いっ!!

 

一度、切る。

しばらっく、熱風を受けながら走る。

心なしか口数が減る(笑)

 

 

おそるおそる、スイッチを入れる。

涼しい風が~~~~~~っ!

 

神、ありがとーーー!!

疑ってごめんなさーーーい!!(笑)

 

めちゃ、快調!!

お口も絶好調っ!!(笑)

 

「今日ね、目覚めたら555だったの」

 

「あっ!999だ!」

※ナンバープレート

 

そう。。。

ここから始まります。

 

エンジェルナンバー遭遇事件っ!!(笑)

 

いや。

事件と言えるくらいに凄いのです。よ。

 

まあ、そもそも事件。というのは、

「出来事」の事であって、

件(くだん)の事。だものね。

 

 

最初はね、ああ、ぞろ目だねーー。

って感じだったのね。

 

普段から、時計とかでも良く見るし、

ナンバープレートも結構目にするしね。

 

ふざけて、

メモしよーーっと!!

 

そのメモが、下記となります。

 

 

    

555:人生における重大な変化

 

999:神聖な使命に目覚めてください

 

888:経済的な成功を示す最高位のぞろ目

 

555(2)

 

1111:願いがもうすぐ叶う前兆

 

4444:天使が安定感を授け、祈りに応える

 

666:物質への執着を手放し精神面を重視する

 

999(2)

 

888(2)

 

444:不吉ではなく、幸運に満ちた数字

 

11:天から授けられた力で人生を切り開く

 

11(2)

 

1:始まりと繋がりを示すポジティブな数字

 

5555:大きな変化の波動により人生が好転する

 

777:願いを叶える奇跡と祝福の数字

 

333:才能と使命を帯びた神聖な数字

 

77:幸運の象徴

 

5555(2)

 

111:理想の実現と覚醒を示すゾロ目

 

22:信じる心と確信が幸運を運んでくれる

 

444(2)

 

1(2)

 

9999:あなたの使命に目覚めてください

 

3333:天の祝福を受けて全てが順調に動き出す

 

33:天から授かった能力と自愛の心で社会に貢献する

 

7777:天からの強力な支援で、全てが叶う

 

2222:信じる心と勇気が奇跡を呼び起こす

 

555(3)

 

88:大いなる豊かさが手に入ると時

 

222:ツインレイと会う前兆、奇跡の到来

 

555(4)

 

88(2)

 

222(2)

 

55:過去を捨て、新しい変化を受けいれる

 

888(3)

 

11(3)

 

2222(2)

 

4444(2)

 

2222(3)

 

単数は、1しか数えてません。

なんか、続けての!3連ちゃんとか結構あったけど、手が追いつけなくて無理っ!(笑)

 

まさかね。

こんなに見るとは思ってなかったよね。

実は、もっとあったのだけど、

無意識で途中から最初の出だしまで消してしまって(笑)。

最初の555(時計)と999(ここから始まったので覚えてる)は、覚えてたけど。

あとはわからないので、仕方ない。のです。
 

でもって、

ゾロ目たちが天河弁財天に近づくほどに!多いの。マジで。

 

これ、片道なんだけども。

帰りは、天に遊ばれてるよなぁ。

と思うほどです。

 

「そういえば、2だけ出ないよね」

と言った矢先に!

22だ!!

テキナ、なんか天との遊びか?テキナ(笑)

※2って結構最初じゃん?と思うかも知れないが、その前のナンバーがガッツリ消えてるからなの。
 

 

最初の555と最後の2222は、時計です。

 

まだ初日の、天川村について何も報告していない!(笑)

 

 

 

 

  お試しがある。のね

 

天河弁財天も、呼ばれないと行けない。

と言われている。とか。

知らんかったけど(笑)。

 

今回の旅の始まりで、わかったことがある。

 

ああ、

お試しって、本当にあるんだな。

とういこと。

 

豪雨。

神鳴りという大浄化からの始まり。

 

素直に、浄化のセッションとか、

ライオンズゲート~天河~ライオンズゲートのセッションの中での出来事なので、お申し込みの方々にはさせていただいた。

 

もしかして、前日が豪雨だったら、物理的に行けなかったかも知れない。

 

そして。

何の下調べもしないままでの出発(笑)

福井で通行止め(下道も×)。

別ルートを相方が探す(笑)。

 

気を取り直して、ゴー!したら、エアコンが。。。熱風の送風のみに。。。

 

わたし的には、雨とか通行止めとかよりも、これが一番!えーーーっ!!と、心の底から思った(笑)。マジです。

熱風の中6時間以上、いやです。(きっぱり)

 

しかし。

エアコンも、気を取り直してくれて(笑)、冷風を存分に送ってくれて!!

ありがたい!!ありがとーーー!!

なのよ。心から。

 

どちらかが、

今回無理かも。

と思っても仕方がないのだが。

 

二人とも微塵もそんなことかすめもしなかった。

「行く!」

からだ。

 

時間がかかろうとなんだろうと、到着出来れば良い。

途中で食事など、どーとでもなる。

 

わたしたち、今回コンビニのものしか食べてない。

それもそれで楽しい。

 

旅って、アクシデントも楽しみの一つ。

イライラしてもつまらない。

つまらないことはしない。

 

ね!

シンプル。

 

なので、楽しい旅が、数日前から始まっていた。

 

お試しもスルーして、

別ルートだったから、こんなにエンジェルナンバー見たのかもね!

などと言いながら(笑)。

※翌日の帰路で、どの道でもきっとそうだったし、別ルートの本当の意味は翌日のサプライズで知ることになる。

 

 

さて。

まだ宿の話もしていないが。

 

わたしが見つけた宿が!!

それこそが!奇跡!!

というお話は、次の章で詳しくお伝えします。

 

天ノ川の横の素泊まりの宿。

なんか、それだけで、震えない?

行くまで知らなかったけど(笑)、

 

お安いのと、天河弁財天まで徒歩3分。

から決めただけなのだけれど。

 

 

 

 

次の章も、てんこ盛りのお話と、

写真も沢山アップしますねーーー!!

 

 

ではでは。

 

次へ続く。。。 第2章 ~異界との交流の地~

 

※ちなみに、全章を読まないと、369の本当の意味の回収できないし。

ここからが!本番ですので!ぜひ、全部読んでね!!

今日中に書き上げる!ことにはならないと思うけど(笑)

 

 

酉年の時に作ったスタンプ(笑)

 

吹き出しは空白だったのね。

 

これ、見た瞬間に!

この言葉が出て来て(笑)

これは、作るしかない。。。と。

依頼したのだったな。

 

 

先日、ご依頼の浄化スプレーを送ったのですが、

内袋がとても味気なかったので、なんかスタンプなかったかなーぁ。

と見たら、これが目に飛び込んできた。のね。

 

あまり深い意味はなかったのだけど、

まあ。翔べ!とね。茶目っ気を出してみた(笑)。

 

 

今。

本当に色んな事が早いよね。

 

んでもって。

選択肢を示されて、決めねばならぬ。

という立ち位置に立つ人も多い。

 

わたしの周りは、多い。

 

決めないと進めないしね。

進まないと、後ろから蹴飛ばされるしね(笑)

 

ゆらぎの中にいるのだけれど。

ゆらぎ=ゆっくり。ということではないから。

 

ただし。

焦ってもあかんしね。

 

塩梅だよね。

 

 

まあ。岐路に立っていて。

いつものように避けようかと思う気持ちもあったりして。

 

そうしたら。

見透かされたかのようなこのスタンプ。。。

 

「そうだな。翔んでみようか」

と。セッションを申し込もうと思いました。

とね。

 

勘のいい男子だからね。

わたしをこの道に引きずり込んだ。いや(爆)、導いた人の弟子だしね。

 

とてもセンシティブな人だから、苦労も多かったろうし。

彼の師匠は私とは真逆を言うかもしれないけれども。

それはそれなの。

自分で決めればよろしい。

 

それでいいのです。よ。

 

 

わたしたちのような、人と向き合うことをする人は気をつけねばならないことがある。

その人を誘導してはならない。の。

引っ張ってはならない。の。

終着点を?こちらが決めてはならない。

 

自分に酔うな。

だ。

 

上下はない。

人としての上下などない。

 

逆に私が教えられることも沢山ある。

ほんとうに。たくさん。

 

「彼は●●●なんだよね~~ぇ」

とかね。

軽く人を判断してはならない。

と。思います。

 

でも。多いのよね。悲しいことに。

 

能力を求めたら、グレーゾーンより下の、小さき黒きものと手を結んでしまう。

ということを知らない。のかな?

小さきものならまだマシだけれどもね。

 

まあ、その話はまた別にしとこー!

 

 

自分がどうしたらよいのか?

こんがらがった糸を一人では解(ほど)けない時がある。

あるんだよ。誰にでもさ。

 

それはさ、弱さってことじゃあない。

それを認められるなら、強いともいえる。でしょ?

 

 

「生きててなんか意味あんのかな。。。」

 

わたしとて、そんな暗闇の地べたに蹲(うずくま)った時代もある。

あるんだよ。普通だよ。

 

そんな時に、

鏡として向き合ってくれる人がいるなら、

ノックしていいと思う。

それも、勇気だよ。

 

決められないのではない。

どうであれ、最後、自分が決めるんだもの。

その人の言いなりになったとしてもね。

言いなりになるという選択をしたの。

決めるのは、自分。なの。

 

だから。

これからの自分の人生の選択も、自分でしてゆくの。

 

ここに一つの命として舞い降りたあなたは、勇者なのよ。

みなと同じように。

 

 

勇者はね?

レベル1から始まるのよ?

お鍋の蓋と、おたまを持って、歩み始めるの。

いや!それで旅に出るって!ないよねーー(笑)

と。

思うけど(笑)

いいじゃん、ファンタジーもさーぁ。時にいいじゃん?

ドラクエ的にはそんな始まりなんだからさ(笑)

 

 

カウンセリングとは、

自分と向き合う一つのツールだから。

向き合おうとする能動的な行動だから。

弱さではないからね。

間違えないでね。

 

そして、ヒーリングという癒しの時間。

これも自分をニュートラルにしたいという想い。

自分を労わろうとする、自愛。

慈しむ。という実践よ。

 

まず。

自分から始まるの。

人の事はその後でいいのよ。

順番間違えないでね?

 

 

で。

何が言いたいかというと。

きっかけは何でも良いのよ。

 

スタンプでも何でもいいの。

 

自分に、何かが響いたのなら、それが全て。

他人の理解なんて必要ない。

 

自分のアンテナの素晴らしさに感謝して、

自分が決めた道を行けばよいのだ。

わたしは、沿道で旗を振る美女(爆)

あはははははは。

 

応援しますよ。

 

 

 

話がまた変わるけれども!!(笑)

 

昨日の藤井風くんの「帰ろう」にさ。

 

わたしのいない世界を

上から眺めていても

何一つ 変わらず回るから

背中が少し軽くなった

 

ってあるじゃない?

 

これで良くないかしら。

自分のいない世界が、何一つ変わらずに回る。

という現実に、人は虚しさを感じてしまいがちだけど。

 

ああ。良かった。

俺いなくても、世界は変わらず回るんだよな。

と、背中が軽くなる。

 

素敵すぎてね。

ハグしたくなるよね?(笑)

 

わたしは、こっちで生きたいし、行きたい。

ああ。

なんか、良かった。。。

と、思うの。

 

与えられるものこそ 与えられたもの

 

なら。

あたしは、多くのものを多くのひとから、

たくさーーーん貰っているのだな。と思う。

それに気づけて良かったな。

 

と。

心から思う。

 

ちゃんと。

貰ったものをリレーしてから去りたい、な。

 

なんか。

ありがとう。だ。

 

 

翔んでみよーーぜ!

 

 

 

  らいのカラオケシリーズ♪

 

あはは。

わたくし、歌。お上手なの(笑)

玄人はだしでしてよ?あはは。

 

今日のは、

もう少し、歌いこみが必要な歌ですが。

ものにしてみせます。ことよ!!(笑)

 

 

 

名前を呼ぶよ 歌詞