うんちんぐスタイル…

直接的な題名に
どうしようかな、と迷ったが

やはり
書いてしまった…

申し訳ない。😅


なにごとも
表現を対比させると面白いリズム感が
出るので、思いついてしまったが最後
どうしても書きたくなってしまうのだ。

あたしの執筆欲を許して頂きたい。
とにかく書くことが好きなのだ。
好きでたまらない。

自分のプライドなんか
かなぐり捨てても構わない。

ペンの前には
あたしはもう裸になるしかないのだ。
あたしにとっての最高の癒しなのだ。

大好きな人の前では
どうしても裸になりたいのと同じことだ。

ちがうか🤣


さて。。。

前置きはこれくらいにして本題に入る。


⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️


仕事が終わりホッと一息。

便座に座りながら
ひとみンはボーッとしていた。

ん?👀



おおっ✨
トイレに飾っている山照(ヤマテラシ)が
芽吹いているではないかっ。


こんな山奥で…
じゃなくて

こんな中洲の奥まった便所で

こんなにも素晴らしい自然が
息づいている。

なんと素晴らしい気の流れなんだ。

あたしの店のトイレを
大変誇りに思う。




下にある草木も
もしかして?


おおっ✨

椿のかた〜い蕾がふんわり感を
醸し出し始めているではないか‼️

アセビもいい感じだ。



クリスマスを象徴する
ヒムロ杉もイキイキとしている。



まあ


これらの草木花のもともとの姿は
こちら。


あたしは1週間に一回
生け花教室に行き
カウンターのお花を生けかえている。

その時の残骸の
最終地点がトイレになっているのだ。



ふぅ💨

一連のトイレワークを一通り終え
立ち上がり

お気に入りのギャッベに癒されながら
手を洗う…


おおっ✨

先々週の生け花で使ったリンドウの蕾が
まだ生きている。

素晴らしい。
なんて、素晴しいんだ。

そうとう居心地がいいのか。
もう2週間ほどここにいる。


リンドウなんて
いつ使った花だっけ?

ああ、そう、これ。


この時のリンドウだ!

まだ
上品に構えていた頃の彼女。

しかし…

今や

このトイレで
みなさんが放つあらゆるタイプの
肉芳香に犯されながら

1人咲きを
凛と美しく楽しんでいる。

その一生懸命に生きるあなたが
愛おしい。


人間も植物もいっしょ。
オンナも花もいっしょ。

この地球上で
生きとし生ける仲間達の
臭い排泄物にまみれながら

美しく
磨かれていくのだろう。


汚物にまみれればまみれるほど
美しく光り輝くのだ。


まあ

今日は

「うんちとオンナと花の歳時記」
的な感じで進めさせて頂きました。

最後まで
読んで頂きありがとうございました❣️




(おまけ)


さて。。。。


スッキリ記念に…
✨✨✨


パシャッ📸




え?いらん?


えーっ‼️😮



トイレネタに
ひとみンの下半身写真🤣

日頃の感謝を込めて
けっこうなサービスショットですよ〜
🤣

まあ
書くためならなんでもする
ひとみンとの

つかの間の ブログ逢瀬を
どーぞ楽しんでくだはりませね〜💕

きょーも
どーも
ありがとうございました❣️

めでたく
おしまい🎶

また、明日〜⭐️


✳︎ひとみンのお店のホームページ
「夜カフェすぴの座」


❤皆様にお願い

ブログのランキングサイトに
登録してます。
お手数をおかけしますが
クリック頂けたら嬉しいです❣️

⬅︎こちら
エッセイ・随筆