出勤前

きったない格好をして
しけた顔で

コンビニで
コーヒーを買い

店のドアを手で押し開けて
出た…

途端

汚いスニーカーのかかとを
ぐっと踏まれて
靴が脱げそうになった。

ん?

振り向けば

すれ違いざまに
入ってきた

これまた
あたしと同じく
汚ったない格好をした
おじちゃんで

あー
ごめんな〜〜と言いながら
店の中へ入っていった…

類は友を呼ぶ…

思わず
苦笑いが出た。

汚ったない者同士が
足といえども
交わったのだ。

すれ違いざまに
あたしの靴のかかとを踏むほど
接近していたのだ。

あたしが
綺麗なおべべを着て
化粧もバッチリしていたら

絶対
今、このおじちゃんと
接点はなかったろう。

必ず
向こうか こちらかが
違和感を感じて距離感を持って
コンビニのドアを開閉したはずで
ある。


ま、どーでもいい話だが
どーかある話やないですか?

おしまい。

今日は短く終わります。
いつも長くてごめんなさい。

秋も日毎に深まります。
銀杏最高🎶


✳︎ひとみンのお店のホームページ
「夜カフェすぴの座」


❤皆様にお願い

ブログのランキングサイトに
登録してます。
お手数をおかけしますが
クリック頂けたら嬉しいです❣️

⬅︎こちら
エッセイ・随筆