今日は
あたしのお気に入りのお店を
紹介したいと思う。

まあ
あたしのインスタなんかを
ご覧頂いている方は
ご存知かもしれないが

あたしは
お店の名前をほとんど書かない。

なんというか
自分の秘密基地をばらしたくない
ような そんな変な心理が働くのだ。

あたしは男性的なのかもしれない。
ここだと決めた店には
浮気をほとんどすることなく
思いついた時は足がむいている。

女性はあちらこちら
色々行くと言われるが
どうもあたしはそのタイプではない。

だから
本当に気に入った店は数件しかなく
そこを公にバラしてしまっては
あたしの隠れ家がなくなってしまうのだ。

しかし
どういう風の吹き回しか
どういう心理変化かわからないが

そのリスクを侵してでも
その中の一つを解禁しようと
今日思い立った。  

中洲地区の川向うにある
西中洲の小料理屋さんだ。

7人掛けくらいのカウンターで
こじんまり感が落ち着く。



とても気さくで物言いのはっきりした
明るいママさんが1人でしている。


洋風な雰囲気を持っていて
実際の年齢よりも若く見える
年齢不詳の美人なママだ。

若い時分は
かなりの美貌の持ち主であったろう
と容易に推測できるチャーミングさがある。

和服ではなく
洋服にエプロン姿。
そのさり気なさが好きだ。

さらに
その胸元の豊かさが
料理に華を添える。

セクハラ発言か。
許してほしい。🤣

まあ
とにもかくにも
料理の味付けがうまい。
家庭料理としては最高の味付け
ではないかと思う。

使っている醤油が
うちの母親と同じところも
気に入っている。

仕入れも
百貨店の地下のスーパーからで
質のよい食材選びに余念がない。

食材へのこだわりと
素材本来が持つ味の引き出し方は
そこらへんの日本料理の職人さんに
負けていないような気がする。


行くとまず
あたしの好きな
赤ワインをついでくれる。


そして
目の前のカウンター上に
並べられた大皿から
味のいい つきだしを出してくれる。



あたしの1番のお気に入りは
キンキの煮付けだ。


あたしが予約すると
必ずと言っていいほど作ってくれている。
絶妙な味付けがたまらない。

醤油辛くなく
ひたすら磯の香りを纏わせた中に

魚の白身のトロリとした
程よい脂加減と

それを優しく包み込むような
柔らかな甘味が

私の舌先にするりと滑り込んで
とろけながら口いっぱいに広がり
鼻先に抜ける。


魚を食べる時は
本当は
大好きな日本酒の東一(あづまいち)で
いきたいところだが

ベロベロになるので
普段はなるべく飲まないように
している。


あと
あたしが好きなのは牛のステーキだ。


出ました!
二杯目のワインと
ヒレステーキの王様シャトーブリアン!
さらに、添えてあるのは
今年初!松茸。



私が肉好きなのを知ってくれているママは
いつもいいお肉を用意してくれていて
本当に感謝です❣️

日頃の栄養失調を
ここで補う感じです。


まあしかし
見てわかるように 

金目鯛の煮付けと
シャトーブリアンのヒレステーキが

同時に食べられるお店というのは
そうそうあるわけではありません。

本当に素敵なお店です。
あたしにとっては最高です。

もしかしたら
ママはなんとなく
自分の母親に似てるとこがあるから
家に帰ってきたような感じで
落ちつくのかもしれません。

母親よりは
かなり下でいらっしゃるので
失礼なお話ですが。

とにもかくにも
ママいつも本当にありがとうございます。

メニューは毎日ママの手書き。↓



みなさま
接待や仲間内の飲み会
デート、同伴など様々な場面で
使えるいいお店だと思います。
カラオケも完備してあります。

確実にお席の確保されたい方は
要ご予約。

ご予算はお料理だけで
だいたいお一人様5.000〜
飲み物代は別です。

【お店の情報】

西中洲 小料理うさぎ
090-6891-1356

福岡県福岡市西中洲5-34
ホワイトビル1階

営業時間
18:00〜ラスト(日、祭日休)



✳︎ひとみンのお店のホームページ
「夜カフェすぴの座」


❤皆様にお願い

ブログのランキングサイトに
登録してます。
お手数をおかけしますが
クリック頂けたら嬉しいです❣️

⬅︎こちら
エッセイ・随筆