個人と社会 ~ 今、より優先されるべきなのは、どちらか? (1) | 神尾学と学ぶ!スピリチュアルの王道

神尾学と学ぶ!スピリチュアルの王道

信頼できる体系に基づいて、健全にスピリチュアルを学ぶためのブログです。

(今日は、この前に、週末のお知らせを出しており、
 これが第2作です。)

さて、では今日のお話です。


ブログで様々な問題を具体的に論じはじめる前に、
このブログ、および私自身の考え方や活動の根本的な姿勢について、
昨日に引き続き、もう少し書いておきたいと思います。


今日のタイトルにした問題、

「個人と社会 ~ 今、より優先されるべきなのは、どちらか?」

自分の好き嫌い、好みを度外視し、
1千年くらい先まで見通すような客観的な視点に立って、
理性を働かせて、ちょっと立ち止まり、
考えてみてくださいませんか?



私自身は今、最優先されなければならないのは、
今日の病んだ社会を、
皆が楽しく(心)豊かに暮らせる健全な社会に立て直すことの方だ、
と考えています。

そうでなければ、間近な将来も、
さらにはそれ以上に、私たち一人ひとりの遥か先までの未来も、
希望が描けるものにはならないのではないでしょうか?


皆さんの多くが感じられていると思いますが、
この10年・20年の間に、
日本はとても住みにくく、暮らしにくい社会になってしまいました。

しかし、目を世界に転じてみると、
そんな日本でも世界の中ではまだマシな方で、
悲惨な国から見れば、天国に近いともいえる状況なのです。


地球人類は、そんなにも酷い状況に陥ってしまっています。

環境問題の専門家は、
あと10年、いやあと5年以内に人類が方向転換しなければ、
地球環境は恒常性を維持する限界を越えて、
後戻りできない段階に突入し、
人類が明るい未来を期待することは不可能になる、
と、本気で訴えています。


そうなったら、今大人である私たちは、
私たち自身のみでなく、次に続く何世代もの人たち
(その中には、自分の次の転生も含みますが)
の未来を奪ってしまうという、
大変なカルマを背負うことになるのです。


では、そのための処方箋として、
どのようなものがありうるのでしょうか?


様々な分野の識者たちが、
様々な解決法を提示していながらも、
一向に改善の兆しが見出し難いこの解決困難な緊急課題に対し、
どのようなアプローチをしていけば良いのでしょうか??



私がこの3年間格闘してきた『秘教治療』には、
次のような文章があります。


「健康への鍵は、秘教的に言って、分かち合いと分配である。

 人類の全体的な幸福への鍵がそれらであるのと同じである。

 人類の経済的な不健康さは個人の病気と密接に対応している。

 生活に必要なものが分配点へと滞りなく流れておらず、
これらの分配点が使われていない。

 分配の方向性が誤っており、
分かち合いという新時代の原理が
健全かつ世界規模で把握されることを通してのみ、
人類の病気もまた癒されるであろう。

 エネルギーの正しい分配を通してのみ、
個々の人間の肉体の不健康もまた癒されるであろう。

 これはすべての霊的治療の
基本(私は根本原理と言いたい)である。

 結局のところ、これもまた惑星のエーテル体、
したがって人間のエーテル体が
いずれは科学的に認知されることが前提である。」

(アリス・ベイリー著、AABライブラリー刊、下巻、P202。)



抽象的な表現なので、わかりにくいと思いますが、
どんなことを語っているのか、お時間のある方は、
ちょっと、ご自身で考えてみていただけませんか?


続きの解説は明日、ということで・・・