炎症 と アロマ

テーマ:

 指のケガ…  まだ赤い。


 炎症 してるみたい。






昨日は


***


洗い物してて…

包丁で うっかり。


イテっ。


ごく 軽い流血。


ごく浅い切り傷。

  

  


とりあえず

オールマイティな

ラベンダー♪


って 試したけど


やっぱり


 


ラベンダーでは 足りず。


   


…で  こんな時には


  

「ゼラニウム !!」


を 試したら、


 

ほんとに ゼラニウムって


いい仕事してくれるなー


と 実感。


  



 


***

    


という 出来事がありました。



  




  

  



「炎症 といえば…  β-カリオフィレン」


それが含まれる精油は…


 

 とか



5、6年前の ヤングリヴィングの


ドクターによるセミナーでは


そういうことも 勉強できました。



  



***




five signs of inflammation


「炎症の5徴」とは、発赤、熱感、腫脹、疼痛、機能障害の5つの徴候をいう。組織に急性炎症が起こると毛細血管は拡張し局所の血流が増加する(発赤・熱感の原因)。拡張した血管からは血液成分の滲出が起こり、組織に浮腫が起こる(腫脹の原因)。浮腫が起こると組織圧の上昇で局所は圧迫され、放出された化学伝達物質が「痛み受容体」を刺激する(疼痛の原因)。原因が除去されていなければ修復が追いつかないため、いつまで経っても完全な治癒には至らず、これらが合わさって機能障害の原因となっていく。