1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-06-29 22:33:44

わかりやすく教えちゃだめなの?

テーマ:教育
こんな対談読んだ。

文系も、理系も、世界では「専門性」が武器になる

最初の見出しが、「わかりやすく教えると学生がバカになる?」と。

う~ん、わかる気もするが、FDの学生の評価項目に「講義はわかりやすいか」みたいな選択肢もあるしなあ。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-02-18 22:33:44

4学期制(クォーター制)が増えてきたようですが 

テーマ:教育
うちの方がもっと前から導入しているよ、検討はうちの方が先だよ、という主張もあろうかと思いますが、やはり昨夏、東大が正式導入を決めてから、他の大学も導入を決めているようですね。ちなみに、sphinxの勤務先にはまだそういう動きはありません。

留学しやすくして学生を海外に目を向かせるために導入するとの話もあるようですが、個人的には留学しようがしまいが、4学期制は賛成です。本当は、6学期制ぐらいにすればいいとも思っていますけど、まあ、入試等もあるので、最大5学期でしょうか。それでも大反対といわれそうです。

その理由は、例えば現行の通年科目であれセメスター科目であれ、通常は週1コマで4単位ないし2単位となっています。そうなると、学生は、多くの科目をバラバラと履修しているように思われるからです。このように8週で1学期が終わるとなると、当然、1科目が週2コマになりますので、履修する科目数も減り、また、時間割も工夫すれば、密度の濃い勉強が出来ると思われるからです。早稲田大のプレスリリースでも、このように短期間でしっかり学ぶだけでなく、時間をかけてじっくり学んだいいものもあるから、セメスター科目等も残すとしています。

これで6学期になると休みがなくなると、同業、特に教員からは言われそうですが、そこは発想の転換。教員はこのうち4学期だけ出講するというような仕組みに変えればいいわけです。

あとは、事務職員からもお盆休み等がなくなるとも言われそうですね。

教員サイドに話を戻すと、当然その分、研究成果を求めたり、学生に海外に目を向かせるなら、教員の学会報告も海外を主戦場にさせるように、海外出張しやすい環境を作るべきです。自分で自分の首を絞めそうな主張ですけど。

と、何となく思いつきも踏まえて書いていますが、文科省がやたら15回という形式にこだわるよりも、内容をもっと濃いものにする方法を考えた方が建設的だと思いませんか?


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014-01-16 22:33:44

結局読んでいないんだよな、きっと

テーマ:教育
学部の卒業論文の提出期日が近い。だから、最近は卒論の草稿ばっかり読んでいる。

しかし、何度言っても引用文献などの注記が改まらないゼミ生多数。草稿に赤字で修正方法を指示したり、ゼミで、卒論を書く際の参考文献として、論文の書き方の本を指示しているのだが、結局それも読んでいないとしかおもえない。

しかも、学術書や論文をちゃんと読んでいれば、形式の違いはあるので迷ってしまうかもしれないけれど、そこに注記がついているはずなので、それを真似ることだってできるはずだ。となると、学術書・論文も読んでいないから、文献リストにもあがらないし、注にも書かないことになるわけだ。

ネットの資料だけでレポートを書くことを許してしまった自分の責任も大きいのかな?講義で課した論文は、受講生がウン百人もいるので、致し方ないと思いたいが、ゼミでは口酸っぱく言っていたのだけれど。指導力不足と言われればそれまでか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-12-25 22:33:44

共通シラバス

テーマ:教育

必修ないしは選択必修の科目を複数の教員で担当する場合、いったいどのような体制で臨むのが良いのだろうか。教員は、きっと各自が自由にできる方を望むと想像する。


学生側は、複数の担当者間で内容等が統一されていることを望むのだろうか、それとも別々で構わないと思っているのだろうか。


もし、受講する講義の選択が学生側に委ねられているのであれば、きっとその内容が統一されていようが異なっていようが関係ないのかもしれない。


しかし、クラス指定になっているような場合は、やはり統一されている方がよいのではないかと想像する。でも統一とは、何だろう。シラバスだけでいいのか。テキスト、テストや成績評価の基準等も同じであるべきなのか。


個人的には、当然各科目には到達目標があるのだから、評価も含めて同じになるべきだと思うのだが、どうも実際は難しいようだ。実際、教え方の違いもあるだろうし。


ちなみに、個人的経験では、非常勤で担当している科目が専任と非常勤でクラス分けのような感じで、複数の担当者で教えている。そのため、シラバスは共通のものを専任の先生が書かれたものを使うことになっている。まだテストまでは共通になっていない。いずれはそうなるのだろうか。


翻って、勤務先の場合、同じように一学年を学籍番号で機械的にクラス分けして実施している科目があるが、こちらの共通シラバス化は、相変わらず拒み続けられている。FD関係の人は、その辺り改めるよう言われているようであるが。


大学教育とはこうあるべき、と思い込んでいる人も多いようだが、時代は変わっているが、そのような意識は共有されていない。まだまだ揉めそうだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-08-06 22:33:44

あれほど強調したのに、と思うのは教員だけか

テーマ:教育
前期のテスト等の採点も終わりました。今週末から大学も一斉休暇に入るので、本当に教育業務は休みに入りますね。

しかし、今回、レポートを読んでいて、「こういう内容は書いてもダメだからね」と強調したことを無視したのか聞いていない内容が多いこと、多いこと。

要するに、ダメだと言ったのは、ネットで転がっているような内容なんだけど、やっぱり分かってもらえなかったみたい。

レポートの課題にある用語をネットにキーワードにして検索して出てくるのは、このレポートで調べてもらいたいことの一面しか出ていないから、もっと違う角度からの検討をするように、と口を酸っぱくして言ったんですけどね。

たまにこちらの真意が通じた内容のレポートに出くわすと、ちょっとホッとしました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-06-23 22:33:44

教育実習中の学生を指導しに行ってきた

テーマ:教育

6月は、教職を希望している4年生にとっては、教育実習が行われる時期である。


今年は久しぶりに、ゼミ生が教育実習に行っている高校に、学生の指導と実習校の先生に挨拶をするために、行ってきた。

例年通り、学生の研究授業を見学した。

自分は(多くの大学教員も)、教職免許を持っていない。学生の教える科目は別に自分の専門と同じではない。けれども、自分の講義の参考になることもあるだろうなぁ、と結構楽しみにしている。実習中の学生はそれどころじゃないと思うけどね。

中学や高校の時に聞いていたはずなんですけど、あんな工夫やこんな工夫、色々参考になりました。授業を聞く立場とする立場では観る点が違うからだと思うけど。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-05-20 22:33:44

アクティブ・ラーニングは人気ないの?

テーマ:教育
先日のエントリーのように、カリキュラムについて考えています。

まあ、手始めにネットで少し検索してみて、おもしろいな、と思ったのはこれ。

ベネッセ調査、大学教員と大学生が求める「教育」の違い


ベネッセによる調査では、大学でアクティブ・ラーニング型授業が増えている一方で、それを受講する大学生は教員や保護者への依存傾向が高まっているとの結果が得られたとのこと。

今回のカリキュラム改訂でもアクティブ・ラーニングをどうするかが一つのテーマなので、気になります。

ちなみに、ベネッセによる調査の報告書の原本は、以下のリンクからどうぞ。

第2回 大学生の学習・生活実態調査報告書
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-04-10 22:33:44

新年度の授業も始まりました

テーマ:教育
毎年恒例のことですが、新年度の授業が始まりました。

今年は一年生向けの講義だけでなくゼミも担当しています。


1年生向けのゼミも終わりました。機械的にクラス分けをしていますが、なかなか元気のよい一年生がそろった感じがします。良い意味で楽しいゼミにしたいものです。

講義も終わりました。学科別に開講されている選択必修なので、かなりの人数が履修していますが、今のところは静かに聞いています。初回だからかもしれませんけどね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-02-24 22:33:44

シラバスの成績評価の割合を示しても

テーマ:教育

学生とこんな感じのやりとりをしました。



学生「なんで単位もらえないんですか。」


自分「あなたはレポート提出していないよね。」


学生「はい。ださないとダメなんですか?」


自分「シラバスに、レポート40%、テスト60%と書いておいたけど。」


学生 ???という表情


自分「レポートが40%、テストが60%で成績評価すると言うことは、レポートで40点、試験は60点に相当するということだから、あなたはレポートを出していないので0点となるので、試験で満点をとって60点となります。(解答すべき小問の解答欄が空欄の白紙の答案用紙を見せながら)あなたの答案の自己採点では満点だと思いますか?」


(しばし沈黙の後)


学生 「わかりました・・・」(でも納得していない様子)



成績評価のことは、講義の初回のガイダンスでもレポートをださないと、云々、と強調しておいたんですが。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-07-11 22:33:44

そのまま返しちゃダメでしょ

テーマ:教育

FDに関する非常勤先での出来事です。


さっそく、前期に行った学生による授業評価アンケートの結果が戻ってきた。


どこの大学でも同じだと思うが、結果に対するコメントを提出することが求められている。


学生の自由記述欄の記入にも回答して欲しいようである。だからといって、学生が記入した用紙をそのまま教員に渡すのって、あり?いや、渡しちゃいけないとは言わない。問題は、このタイミングで、ということである。


だって、これから試験して採点して成績評価をするんだよ。もし、その事実が学生に広く知れ渡ったなら、無記名とはいえ、筆跡から回答者がわかることをおそれて、躊躇する学生だって出てくると思うから。だから、もう少し配慮をしてもいいと思うんだけど。


なんだかFDやってます、授業アンケートやってます、っていうアリバイ作りみたいだな。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。