1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-03-27 23:56:07

なぜ大学には撤退戦略がないのか

テーマ:ブログ
先日、また(個人的に?)嫌な話が聞こえてきた。学長がなにか新しい学部だか大学院を作りたがっているらしい。

18歳人口が減り、大学入学者というパイが減少しているのに、新設大学や新設学部をどんどん認めている文科省の方針もよくわからないが、大学のトップもなぜこうも何か新しい、しかも金のかかるものを作りたがるのだろうか。「これが私の学長時代につくった建物です」とか「私が指示を出した新学部です」とか言いたいのだろうか。

企業では事業の選択と集中が行われているのに、大学では規模を縮小(学部の閉鎖)したりして、特定の学部に力を入れる、みたいな方法はタブーなのだろうか。

もちろん、いろんな大学で学部の閉鎖に類することは行われている。しかし、そのほとんどはいわゆる改組であって、既存の学部を廃止しても結局は新たな学部を作るので、規模自体は縮小することはない。しかも、廃止した学部の教員の雇用も確保しなければならないので、実質的には似たような学部になるか、全く異なるような学部では教員の純増をもたらして、何のための改組かわからない例もたくさんある。だから、闇雲に新たな学部等をつくることがそれほど良い戦略とは思えないのだが。

もちろん、こんな事書くと、人(教員の雇用)の問題はどうするんだ、といわれることは想定している。でも、このままでは全員共倒れになりそうな感じでいやなのだが。「おまえが学長ならば、クビを切れるのか?」と聞かれても、YESとはいえそうも無いのも事実なのだが・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-26 20:32:48

在宅勤務の行く末(自虐的視点?)

テーマ:ブログ
ここのところ、文系の特権(?)を活かして、大学にはほとんど行っていない。例年、卒業式も終わると、1週間ほどは特に校務がないので、ちょっとゆったりした時間を過ごすことができる。しかし、家にいると、世間は休みと思うようである。だから、この時期家にいるからといって、仕事も何もしないで遊びまくっている訳ではない、と敢えて書いておきたい。

この時期何をやっているかというと、まずは新年度の講義の準備。そして研究。書かなければならない論文を抱えているのに、遅々として進まないで焦っている。

このように大学に行かないと、教員なのに学生と全然接しなくていいの?と聞かれることがある。確かに直接顔をあわすかと聞かれれば、答はNOである。しかし最近は、ネットと携帯(これもネットか?)によって、以前よりも学生とコミュニケーションをとれているような気がしている。もちろん、この時期に連絡を取るのはゼミの学生だけなので、新年度に向けての課題をだしたり、合宿の連絡をしたり、等々。

やや景気も持ち直してきていると言われているが、やはり不景気の影響はまだ大部残っており、以前だったら下宿するようなかなりの遠方からでも、自宅から通ってくる。だから、彼らも大学に呼び出されるよりは良いみたいである(それに乗じているんだろう、と言われると反論しにくいが)。ますます大学に行かなくても用が足せるものが増えてきているような気がする。

そしていずれ、講義も大学に行かなくて良い時代が来るに違いない。そう、ネット講義だ。双方向のやりとりも可能な時代だから、生の講義と変わりはないはずである。そして自分のクビが危うくなる。ネットで講義ができるならば、こんな三流学者を雇っておく必要はないのだから。

となると、やはり大学に行かなければヤバイってことですかね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-25 22:45:53

愛知万博~イベントは平日に

テーマ:ブログ
愛知万博が始まりました。ちなみに、大阪の万博はいってません。果たして愛知万博には行くべきか、行かざるべきか。一回ぐらいは行かないとなあ。講義の時の雑談のネタにもなるし。

でも、このようなイベント、当然週末は混雑します。こういう時に、文系の大学教員になってよかったなあ、と昔は思いました。だって、比較的すいている平日に行くことができるから(一人で行って楽しいかどうかは別問題ですが)。海外旅行も9月の平日に出発するパターンなら料金も安くて助かったんですけどね。

しかし、妻子がいたりすると、そうそう平日だからって自由になりません。子供は学校があったりしますからね。まあ、子供抜きに行くっててもありますけど。

じゃあ、週末に行けばいいかといっても、週末は週末で、学会、研究会、さらには校務と、いろいろ予定も入っていて、なかなか時間がとれません。この余裕の無さがまた問題なんだろうとは思ってはいるのですが。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-24 01:00:59

大学評価

テーマ:ブログ
大学基準協会による大学評価の結果が公表されました。早速同協会のサイトに行ってみたのですが、ここでは公表されておりませんでした。だから、この評価結果とは直接関係ない内容ですが、ちょっとばかり書いてみます。

大学の設立にあたっては、ご存じの通り日本では文科省の認可が必要です。簡単に言えば、事前の評価が重要で、その後はある意味ほったらかしだった訳です。日本って、結構そういう感じのシステムが多いですね。余り良い例えではないのですが、例えば、医者。医師免許を取ってしまえば、免許は更新制ではないので、ある意味医療ミスを何回もおこしても医者を続けらるケースもある訳です。

それに対して、アメリカでは自由に大学を作ることができます。規制もありますが、日本に比べれば無いに等しい(アメリカは州ごとに規制が違うという特徴もあります)。詳しくは、アメリカの大学認可制度と無認可大学を読んでいただくとわかりやすいでしょう。

では、大学の(教育の)質はどうかというと、民間の認証団体による認証によって確保されている(例えば、高等教育の質保障についてでも読んでいただくとよいだろう)。だから、法形式上は大学であっても、資格試験を受けるときとか、他の大学に移ったり、大学院に進学する場合に、その大学の単位や学位が認められない場合がある。だから、必然的に、学生はそのような認可を受けた大学を選択することになる。また、同業者による認定ではあるが、日本にあるような仲間内だからというお手盛りはない。

今後、日本もこのような事後評価を重視していくようである。はたして同業者が同業者の生殺与奪を握るようなことが定着していくのだろうか。 自分の勤務先も、大学基準協会の加盟校なので、いずれ評価の対象になるのだろう。また、自分の評価が大学業界での生き残りにも関連してくると思うと、他人事ではない。しかし、その一方で、評価のための書類作りに忙殺されることになるならば、それは避けたいとも思ったりして。もう少し真面目に考えるべきなのかもしれないが、今日はこれぐらい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-23 11:26:43

謝恩会

テーマ:ブログ
卒業式シーズンです。卒業式のあとは、いわゆる謝恩会がある大学も多いようですが、勤務先は謝恩会ではなく、卒業祝賀会です。以前の勤務先も同じでした。いまや先生に感謝する時代ではないようです。こちらが卒業生の卒業をお祝いしてあげる訳です。

でもゼミの学生からたとえ社交辞令としても「お世話になりました。」なんていわれるとちょっと感動します。社会に出たら、社交辞令も大事ですしね。

また、教員も人間です。やはりゼミ生には他の学生よりも色々な意味で思い入れがありますからね(これを差別といわれると困ります)。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-22 23:54:15

書類

テーマ:ブログ
個人的なことだけど、書類を書くのが非常に苦手です。でもって、大学って意外に書類が色々と必要なのである。

最悪のケースは、どこか仕事したがり屋(正確には仕事したふり屋か?)が無用な仕事を作り出して、その仕事の一環としてこれまた無用の書類作りに時間が取られてしまうこともある。

毎回、何か良い方法は無いかと思案するのだけれど、ダメですね。

今格闘しているのは、某財団からいただいている研究助成の報告書です。これは研究活動の一環なのでしょうがないのですが、何回書いても苦手です。ちなみに、今年度の科研費は、共同研究者として関わっているだけなので、すでに必要な書類等は提出し終えました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-21 21:49:34

地震

テーマ:ブログ
昨日、福岡県西方沖を震源とする地震が起きた。昨年には新潟県中越地方の大地震があった。

被災地の方々には心より御見舞い申し上げることしかできない。だから、学生などが被災地にボランティアに行くと聞くと、本当に偉いと思う(ゼミ生に実際に居るんです)。

いくら理系の人間ではないからといって、どうしていつまでたっても地震を予知できないのだ、なんていう文句を言うつもりはない。

でも、暖冬とか、昨年のような猛暑の夏をもって異常気象であるなんてマスコミでは言うけれど、果たしてそうなの、と言う素朴な疑問がある。地球上の歴史の中で、人類の歴史は非常に短いものであり、その中でも記録が、しかも科学的な方法で記録が取られている期間も非常に短いものだと思う。だから、これが異常ではなく、これまでの(比較して)安定していた方が異常だということだってあり得るはずである。

ここでクーンのパラダイム論なんてもってくると研究者のブログらしくて良いのかもしれないね。

とはいえ、夏が暑すぎるのも、冬が寒すぎるのも勘弁して欲しいというのが本音である。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-20 23:49:44

Firefox

テーマ:ブログ
ブラウザーを変えました。

そんなにコンピュータのことに詳しい訳ではないのですが、マイクロソフト製品からからできるだけ遠ざかろうとしています。でもOSはあきらめてWindowsを使っていますけど。(MACやUnix系を使えばいいじゃん、て言われそうですけど)。

用心しているので直接やられたことはないのですが、ウィルスとか、嫌な面ばかり目につくし、以前たまたまプレインストールされていたワードを使ったら使いにくかったので、ワープロは一太郎、ブラウザーはネットスケープと、どちらかというと今や少数派のソフトを使っています。

ウェブサイトも、IEでの動作確認のみ、なんていう許し難いものが増えてきて、ネットスケープだけではちょっと困っていたので、IEにも近いという話を聞いたので、ブラウザーをFirefoxにしました。結構良い感じです。無料なのもいいですね。関心のある人は、

http://www.mozilla-japan.org/

からどうぞ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-19 23:35:38

会議好き~時間の無駄はお金の無駄なのに

テーマ:大学の掟
大学に就職して一番感じたことは、無駄な会議が多すぎることだ。まあ、入学試験の合否判定など、教授会の承認が必要なものなどがあり、手続き的に仕方ない面もあるのだが。

でも、会議の中身も無駄が多い。その典型例が、報告事項とか、審議事項でも説明に要する時間である。例えば、資料を前もって配って各自が目を通しておくようにすれば、おそらく時間は半分もあれば終わるはずである。

説明の長い人、毎回訳のわからない質問をする人、またその質問にさらに訳のわからない回答をする人。反対意見が多くても、無理矢理自分の意見を通そうとする人。本当にいろんな人がいます。

会議好きの人に言いたい。あなたは機会費用という概念を知っていますか、と。教育に力を入れろ、というならば、その会議の時間を半分にして、その時間の半分でも学生のために使えば、随分状況は変わると思いますよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-18 22:50:31

今年の歩留まり

テーマ:入試
どうも今年の入試の歩留まりの読み、大外れだったらしい。前にも書いたが、所詮一か八かの判定でしかないのだが、自分の勤務先(所属学部だけでなく他学部も)だけでなく、自分の聞く範囲(自ずと同じようなレベルの大学の動向を知ろうとするので、非常に限定されているけれども)では、例年の歩留まり率を大きく下回っていて、予定の入学者数に達しないのではと危惧している。

この場合、選択肢は大きく分けて2つ。1つは動じずその事実を受け入れる(たとえ定員割れであっても)。もう1つは追加合格者をだしたり、あらかじめ出している補欠合格者を合格させる。

この選択に当たっては、いろいろ考える訳である。来年、確実に入学者数を確保できる(そんなことはないのだが)のであれば、1つ目の選択肢を取りたがるだろう。なぜならば、合格者のレベルをさらに落とさずに済むからである。

しかし、来年のことはわからない。そうなると、まずは今年の定員の確保が優先されるためは、2つ目の選択肢が取られることになるだろう。ただ、この定員には、学内的には2つの面がある。まずは、文字通り募集人員数である。業界用語で文科省定員と言われる定員である。一般に定員割れ大学と言う場合の定員は、この文科省定員を意味しており、これが半分を割るならば、私学の場合私学助成が受けられなくなる。

もう一つが、財政的に確保することが求められる定員である。目標定員とか予算定員とか言われ、文科省定員の1.1倍とか1.2倍という形で設定される。

もちろん、対外的には文科省定員を確保していれば体面は保てるのだが、学内的には、目標定員を確保できないと、上から色々言われるのである。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。