Brooklyn | 大ぼら一代番外地
2019-04-21 22:32:02

Brooklyn

テーマ:Tour

持病の悪化は正に青天井、最早苦悶にて眠れぬ夜の訪れも当然の如きなれば、誰某宅に投宿の際、寝床確保も端から放棄、何せ横臥伏臥仰臥何れの体勢を以てしても、大いに苦悶せらるる有様にして、況して途切れぬ痛みに慣れつつあれど、矢張り転寝し得るまでには至らねば、結局移動の車中こそが最も快適な姿勢を維持し得る故、移動車中の転寝を以て、1日の睡眠とする次第。

日がな苦悶せらるるも悔しければ、何とか気を紛らわすべく、仕事あれこれに励行すれど、斯様な時に限り、然して忙しくもあらざれば、結局は「仮面ライダーブレイド」鑑賞に興じんとするのみ。

 

 

 

苦悶を紛らわす術の一つとして調理もあれば、朝飯拵えんと、昨日贖いし火鍋用牛肉召喚、

 

 

豆腐も召喚、

 

 

刻みし玉葱と共にマイ鍋へ投下、

 

 

更に葱と白菜を重ね、

 

 

牛肉を敷き詰めれば、

 

 

割下投下、斯くして加熱、

 

 

然れば「牛肉鉄鍋」完成せり。

 

 

溶き玉子に絡め食らえば、絶品至極なるかな。

 

 

出発は昼下がりと知れば、昼飯拵えんとす。昨日贖いし豚ミンチと豆腐召喚、玉葱、大蒜、生姜共々豚ミンチを胡麻油にて炒め合わせ、ツアー序盤にアジア系スーパーにて贖いし「麻婆豆腐の素」とヤマサ昆布つゆ、此処の水屋より拝借せし唐辛子、而して水適量を加え煮れば、

 

 

仕上げに刻み葱と「自家製ハバネロ花椒油」垂らし、

 

 

斯くして「四川風麻婆豆腐」完成せり。十八番たる「極私的激辛激痺れ麻婆豆腐」のハザードレベルには程遠けれど、充分に刺激的な味わいにて美味。

 

 

「仮面ライダーブレイド」鑑賞に耽りし昼下がり、出発時刻も迫れば、道中弁当拵えんとす。昨日アジア系スーパーにて贖いし焼売召喚。タジン鍋へ並べ水を注せば、

 

 

蓋を閉じ8分間加熱調理。

 

 

見事蒸し上がれば、日本より持参せし練り辛子、小袋入りウスターソースを添え、斯くして「焼売弁当」完成せり。

 

 

家主のStefanは、今宵New Yorkにてライヴありとの事にして、昨夜共演せし「The Mountain Movers」と同行なりければ合流、而して何故か記念撮影と相成り、NANI君がカメラマンを務める次第。

 

 

而して我々も一緒に記念撮影。

 

 

我々もニューヨーク州Brooklynへ向け出発せり。矢張りバンのシートが最も心地良く、持病の苦痛も然して誘わぬ次第、然れば移動の車中こそ唯一快眠し得る安息の地にして爆睡せり。然りとてレコード屋の真正面に駐車すれど、持病に苦悶せられれば、店内突撃どころかバンよりの降車さえ見送らさせて頂く次第。

 

 

今宵の会場Market Hotelへ到着せり。大英帝国より組合長が馳せ参じて下されば、均かの再会に驚かされつつも再会祝うばかりなり。手土産に高級スコッチ持参下されど、私は持病発症以来禁酒中なれば、悪しからず。

 

 

ウルフが本人曰く「念願の」オーバーオール購入されれば、早速先ずは「夢にまで見た」「裸にオーバーオール」試みられし。

 

 

「どうせなら前後ろ反対の方がオモロいんちゃう?」私のアホな提案にも真摯に挑み下さるウルフ之圖。通称「乳エックス」変態度一気にアップ、これには居合わせし一同大爆笑、

 

 

然りとてアマチュアレスリングのユニフォームとは斯くありきや。

 

 

「Maquiladora」Bruceも馳せ参じて下さりし。

 

 

来たる6月9日(土)「Woolf Music Festival」にて共演予定なる、嘗ては「Tanakh」率いられしフォークシンガー Jesse Poeも顔出して下されば、果たして10年ぶりの再会か。然れば、Bruceと3人、記念撮影に興じし。

 

 

下の画像は、10年前「Terrastock 7」にて、Jesse率いる「Tanakh」にゲスト参加せし際の1枚なり。

 

 

今宵は90分のセットを披露せり。持病の悪化に苦悶せられれば、今宵も投薬続ける次第なれど、同時に奥義たるアドレナリン土石流誘発を以て挑むも日常と化せり。怒涛の大疾走を以て一気に駆け抜け幕。ステージ背後より、高架を走る地下鉄の駅を臨み得るが、何とも不可思議な光景かな。

 

1. Blue Velvet Blues ~ Dark Star Blues ~ Chinese Flying Saucer

2. Flying Teapot ~ Disco Pink Lady Lemonade ~ La Novia ~ Pink lady Lamonade coda

3. Cometary Orbital Drive 

 

下の画像は、私がステージ上にて撮影せし2枚なり。NANI君の背後に映り込みしが、地下鉄の駅なり。

 

 

 

ライヴ写真ネット上にて拾遺叶えば、此処に無断借用転載させて頂きし。悪しからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今宵の投宿先たるBruce宅へ。毎度乍ら日本酒や焼酎を以て歓待下されば、有り難き限りにして感謝感激雨霰。

 

 

アテの「冷奴」に思わず涙。

 

 

Bozeman以来禁酒せし私なれど、今宵は特別とばかり日本酒解禁、然れどグラス一杯に留め置く次第。久々に味わう日本酒の美味さ、正に格別かな。

 

 

シェフBruce曰く「皆の者よ、さあカレーの時間だ。」

 

 

Bruce宅に御世話になれば、必ずカレーにて御持て成し下さるが常にして、セルフにて各々カレーを装うシステム、

 

 

斯くして「Bruceカレー」頂戴すれば、牛肉も溶けるが如く柔らかにして、激烈に美味。「バンド内格付けNo.1」ジョンソンも感動され捲り大絶賛「君がカレー屋を出店したら絶対繁盛する」「君のカレーを買いたい」「アメリカで一番美味いカレーだ」所謂一見「普通のカレー」なれど、味の奥行き深くして、何せ具の柔らかさ絶妙至極、凡そ彼のレシピとは肉とルーを別途調理され、最後に合わせられると思われれど、更にはカレー仕込む寸胴ごとオーブンにぶち込み、緩やかに全方位より加熱されればこそか。

 

 

「自称 大食漢」ウルフを筆頭に、NANI君もジョンソンも、果ては歯痛にて日がな悶絶される東君に至るまで御替りされれば、その美味さは推して知るべし。

 

 

斯くして楽しき宴繰り広げつつ、Brooklynの夜は更け行きし。

 

NANI君のブログも絶賛並走更新中なれば、是非に御併読頂きたし。

ジョンソンのツアー日記も、徒然なる儘にInstagramへ投稿されれば、こちらも是非御併読頂きたし。

speedguruさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ