こんばんは~。
阿保夕希です!



いてもたってもいられなくなり、
今年も行ってまいりました!!
keirinグランプリ!!!!








今年もすごい盛り上がりで、
昨年静岡グランプリに出演させてもらったことが夢のように思えましたきゃはっ♪
一年経って、改めてこんな舞台に昨年立てたことに感動してしまいました泣



今年のグランプリは立川競輪場!!!!
ラインは脇本選手に村上博幸選手、新田選手ー佐藤選手、清水選手ー松浦選手、平原選手、郡司選手、中川選手がそれぞれ単騎。
この9選手での闘い。
メンバーが決まってから練りに練って購入しましたが、、
私の想像を軽々と選手の皆さんは越えて行きました!!!!(笑)
車券が外れたのは、選手が私の想像を越えたと、
自分に言い訳しております(笑)



展開は、新田選手が前受けからつっぱり気味に、
脇本選手のカマシに踏んで行き、脇本選手の二番手に入る展開に。一旦前に出ようと仕掛けた清水選手も再度中段から捲り、郡司選手も仕掛けて行きましたが不発に。。
最終コーナー三番手で回ってきた佐藤慎太郎選手がゴール前、逃げた脇本選手を追い込んで、
13年ぶり五度目のグランプリ出場で初優勝を決めましたキラキラ近年の優勝は、中部、近畿が多く、北日本から久々に新たなグランプリ王者が出ました!




二着には逃げた脇本選手、
三着には後方から内をついて、外追い込んだ平原選手と、直線が長い立川競輪ならではの激しいゴール勝負がグランプリでも見られましたね~アップ
 


家に帰って、スピードチャンネルはもちろんのこと、各局でやっていた中継もくまなくチェックし余韻に浸っておりました。




メンバーが出てから長い期間があるので、
沢山展開も考え、それだけに点数も増えてしまったりするのですが、、(笑)
いざ発走となると、どの選手が来てもいいような気分になり、レース中は全ての選手を応援してしまい、自分の車券が外れても、
なんだか大満足してしまう、、
そんな不思議な気分になってしまいます。
もうゴールした瞬間、毎回泣けてしまいます。



本当に今年も大満足なグランプリでしたキラキラ
感動をありがとうございました泣泣




さて、残すところあと1日となった2019年。
今年も皆様、ありがとうございました!
選手の方々の走りにももちろん感動ですが、
やはりファンの方の大声援があってこそのあの感動泣
本当に身震いいたしました!
そして話しかけてくださったファンの方たちの皆様の励ましのお声、、
また一年、来年も競輪ファンの皆様のために頑張りたいと強く思いましたキラキラ
そういった意味でも非常にいい年末の一日となりました音譜





元旦からは、また前夜版スピード展望もお届けいたしますので、
来年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m