まず始めに、台風の被害、地震の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興を願うばかりです。私も友人や知り合いがたくさん関西にいますし、北海道は今年行かせていただいたばかりだったので、本当に心が痛みます。



今日は少し長くなりますが、
私の憧れの女性のことを書かせてください。

2016年に女子短期登録選手として日本のガールズケイリンに来てくださった
ドイツのクリスティーナ・フォーゲル選手。

6月に練習中の事故で重傷を負ったというニュースを拝見してから情報がなかったので、その後の容体がずっと気がかりでした。

そんな中SNSで流れてきた記事が
フォーゲル選手が胸部から半身に麻痺が残ってしまい歩行が困難であるというもので、私は大変ショックを受けました。

フォーゲル選手は、オリンピックで2度の金メダルに輝き、11の世界タイトルをもつ、誰もが認める世界のトップレーサーです。

私は知らなかったのですが、彼女は2009年に自動車との事故により生死を彷徨った経験があったそうです。そこから復帰して2012年のロンドン五輪ではチームスプリントで金メダル、2016年のリオ五輪では女子スプリントで金メダル、世界の頂点に立ちました。

だから今回も奇跡が起きると信じたい、、、、そんな思いでいたので、記事を見た時は本当にショックで涙が出てきて、言葉を失いました。


フォーゲル選手にお会いしたのは、2016年9月30日。来日記者会見の時でした。スピードフロントラインのロケで取材させて頂いたのですが、その年の8月に行われたリオ五輪の女子スプリントで金メダルをとっての参戦ということで、当然その流れの質問が記者の方からあったのですが
『私は金メダリストよりも一個人として来ました。』とお答えになったのが印象的でした。
『ガールズケイリンへの参戦はすごく光栄。立派なレース、来年も観たいなというレースをしたい。日本のファンの方には、自分が勝つ姿を見てもらいたい』ととお話されていました。
そのあと別室でインタビューをさせて頂きましたが、こんなにキラキラした女性に会ったのは初めてで。とってもチャーミングでありながら、女性としての美しさや強さもあって、自信に満ち溢れていて、、私は一瞬でファンになりました。

そのあと、フォーゲル選手のガールズケイリン初出走となった松戸ナイターも現地に観に行きました。目の前を駆け抜けていったすごく強い4番車は忘れられません。

トラック世界選手権2018で、メダルを取ることが当たり前というプレッシャーに打ち勝ち、見事10個目のタイトルを獲得し嬉し涙を流したというフォーゲル選手。そして続く女子スプリントで優勝。世界タイトル11個は史上最多タイだそうです。

そして、6月に事故があり、、、。先日事故後のインタビュー記事も拝見しましたが、このようにお話しできるまでにも肉体的にも精神的にも多くの辛さや痛みを越えてこられたのだと知りました。もちろん、今現在も。





私は、なんとなく無駄に、年齢非公開にしていましたが笑
実はフォーゲル選手と同い年です。
だからこそ2年前の私にとって、同い年で世界のトップに立ち、たくさんの重圧を乗り越えて、努力を重ねて、栄光を手にして掴きた彼女がとてもキラキラ輝いてみえました。帰国してからのご活躍も耳にするたび嬉しい気持ちになって、私も頑張ろうとパワーをもらっていました。強くて美しくて、かっこいい。フォーゲル選手は私の憧れの女性です。

フォーゲル選手のお気持ちを察するには余りあり、負けないでとか、頑張ってほしいだなんてとてもとても言えません。
でも私は、一個人のフォーゲルさんをずっと応援しています。


競輪もトラック競技も落車の危険はつきものですが、このような事故が起きないことを願うばかりです。




私の思いをつらつらと
書くだけのブログになってしまい
すみません汗


またいつか、素敵な笑顔のフォーゲル選手にお会いできることを願って。







吉田鮎香