古市舞です照れ


5日まで行われていた大垣ミッドナイト競輪F2Kドリームス杯・鈴木栄光堂賞の司会を担当しました。
このシリーズは113期のルーキーが7名出場し、決勝には5名勝ち上がる健闘ぶり!

在校成績1位の橋本選手や地元の山田選手などこれからの競輪界を背負って立つ若者達の戦いに注目が集まっていました。
そしてなんと言っても初日から大注目と言った雰囲気だったのが特別昇班がかかっていた青森の嵯峨選手、初日と2日目は別線から警戒される中圧倒的なスピードと強さで連勝で決勝へニコニコ

決勝は単騎戦ながら一番人気になっていました。


激しいレースが予想されましたが駆け抜けたのは地元期待の山田諒選手爆笑キラキラキラキラ


後方から同期の仕掛けがある中先頭を1度も譲ること無く逃げ切りで優勝を決めました!
デビュー後初めての地元戦、
3戦目にしての初優勝、
三日間先行逃げ切りの完全優勝、
連日本当に気持ちの入ったレースを見せてくれてファンの皆様の心にも刻まれるものはあったのではないでしょうかお願い

惜しくも9連勝することは今回は叶わなかった嵯峨選手の強さは初日2日目で発揮されていましたし、その他の113期の選手達の今後も追い続けて行きたいですね!



松戸記念展望で控え室がお隣だった
高田キャスターと(*^^*)
撮影して下さったのは解説の内林さん!


生年月日が一緒の2人ですデレデレ
古市舞