皆さん、こんにちは!
ブログの更新を忘れていました汗
暑さでボケが増してきたように思えますガーンガーン
ボケはいつもですが青スジ青スジ
すみません354354354354




この間まで、岐阜の司会をしていたのですが、
決勝はA級S級共に先行争いが見応えありましたビックリマーク



A級では、林選手に中田選手、111期
同期初対決があり、先行争いが終わったところを芳野選手がひと捲り!!
二番手から追い込んだ近藤誠二選手が完全優勝となりました!
すでに、近藤選手は、防府を今日から走って、
初日特選競争を三着でした。
シリーズ中、二番手の仕事をし、追い込めており動きも良さそうでしたアップ



S級では、南潤選手と竹内雄作選手の先行争い!!
抑えて行った、竹内選手を南選手が叩きに行く展開に!!!!
もがき合いは、本当にしびれました!!!!!!
先行争いは竹内選手に軍配がビックリマークビックリマーク
そこを工藤文彦選手が、後方から捲り優勝。
工藤選手も近況、積極的に走り、結果も残しています!まだ、ビックレース出場は、ウィナーズカップ一回のみで、近況の走りからは意外でしたあせる
今後は特別競輪出走に向けて走りたいとの
お話でした音譜



また、竹内選手、南選手のそれぞれ先行選手としてのプライドを感じた走りを見られ、
また二人の対戦も楽しみです爆笑
この後、南選手は初のG1オールスター競輪ですから音符
若手の南選手に、その他の自力選手の仕掛けも気になるところですアップアップ








写真は、岐阜の前の静岡です!
ゲストに伊藤勝也さんの同期、グランプリレーサーでもあります岡山54期 三宅勝彦さんが出演してくださいましたキャッ☆



90年の再発走が何度もあったグランプリの話に、勝也さんとの同期の思い出話。競輪学校の話から今の競輪の話など、幅広く沢山のお話をしてくださり、
本当に楽しい時間でしたキラキラキラキラ
今は、プライベートで競輪を見ることもあるそうで、
今の知識でもう一回競輪学校に戻りたいとお話していました~!
よく、伊藤勝也さんは、競輪学校に取材に行かれ二度と戻りたくない10ヶ月だったとおっしゃっています(笑)
それには、伊藤さんもビックリしていました(笑)



『引退して体も心も楽になるけど、
ダウンもない分、気持ちがアップすることもなくなり、モチベーションも上がることがなく、それが寂しくも感じる』
と話していました。
本当に競輪に打ち込んでいた方だったから言える言葉だな~と感じました。


私も精一杯、走りきれたキャスター人生だったと思えるように頑張らないとと思いましたビックリマーク
5月から鈴木誠選手に、三宅勝彦さんと胸に響く話しが多かった静岡競輪でした音譜



暑い日が続いておりますので、
皆様も体調にお気をつけくださいね~!!