復活

渡邉一成選手の優勝で幕を閉じた寛仁親王牌。
新田選手、成田選手の間で
嬉しそうな笑顔を見せていましたニコニコ

その中でふと思い出したのが
成田和也選手が初めてタイトルを獲得した
日本選手権競輪
滑走路、熊本バンクで最後
山崎芳仁選手をとらえたレース

山崎選手のグランドスラムがかかっていた決勝戦ということもあり
レース後、難しい表情をしていた成田選手。

でも、その横で
ニコニコしていた山崎選手の笑顔ニコニコ

もう5年前になるんですね。

その翌年もタイトルをとった成田選手ですが
度重なるアクシデントの影響で
苦しい時間が長くありました。

今年は特別競輪での表彰台が2回

自力選手が注目されることが多い
ここ数年の傾向ですが
マーク選手としての戦いを選び
またこのステージで成田選手の活躍を見ることができて
いち競輪ファンとしてとても嬉しく思いました。

その成田選手が初めてタイトルを手にした
熊本競輪場は地震の影響で
いまも本場での開催は困難な状況です。

今年も久留米競輪場で
火の国杯争奪戦in久留米が行われます。

熊本競輪場でもイベントが行われるそうなので
両競輪場、スピードチャンネル
またオンデマンドでもお楽しみくださいニコニコ