The Outsiders | speech - 大須店 -のブログ

speech - 大須店 -のブログ

入荷情報あり、コーディネイトあり、イベント情報あり、小言あり。の何でもブログ。


テーマ:





The Outsiders














1983年

当時アメリカで人気のあったYA(ヤングアダルト)小説。

S.E.ヒントンの小説をフランシス・フォード・コッポラが映画化した本作。

貧しいイーストサイドに住む"グリース"と、富裕層のウェストサイドに住む"ソッシュ"の抗争、仲間、敵同士の恋などが混ざり合うザ・80年代青春映画。

グリース達が着ているやれたリーバイスやレザージャケット、グリースで固めたヘアスタイル、カットオフしたミッキーのTシャツなんかがもうダサくて最高にかっこいい。

普段仲間と車で映画館に乗り込んで、悪さばかりしてるグリース達の心の根底にある仲間愛、火事になった家に子供を助けに飛び込む人間愛が心をぐっと打ってくる。

グリースのリーダー、ダラス(マットディロン)と淡い恋に落ちるソッシュのヒロインもめちゃくちゃかわいい。
しかも名前が"チェリー"って、ストレートすぎて最高。

最後グリースのポニーボーイが、火事の家に飛び込んだ火傷で静かに死んでいくときに言う、"ステイゴールド" 
このシーンのを最後にスティービーワンダーのstay goldが流れる。



"ダラスに伝えてほしい" "ステイゴールド(黄金のままで)

一番好きな映画は?って聞かれたら、悩み悩んで、結局この映画ってこたえる。

そのくらい人生に響いた映画。

ずっと古着をやってるのも、この時代のストレートさや、優しさ、ファッションの馴染んだ格好良さが自分に染み込んでるからだと思う。



ちなみにこの映画で監督を務めたフランシス・フォード・コッポラの娘、MILKFEDのデザイナーであり映画監督のソフィア・コッポラもかなりツボ。


ヴァージン・スーサイズ、someday、なんかは父の時代の空気や背景、音楽とかもめちゃくちゃ影響うけてる。
なんかもっとふわ〜っと甘いくて淡いけど^_^
女子はみんな結構好きかな?


70年代、80年代のアメリカファッションも勉強になるから、是非ご覧あれ^_^



ほんではまた^_^



smith











speech - 大須店 -さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス