こんにちは ぽちゃまるです(๑・̑◡・̑๑)


水郷佐原といえば…が名物!

鰻が自慢のお店がいくつかありますが、創業から300年の老舗中の老舗キラキラ

別館山田さんキラキラ

実は親子丼を食べに行く前に電話でこちらに確認したところ、昼の部の鰻は終了してしまったとのこと。

11時15分オープン
電話したのは11時30分の事です∑(;o;)

駅から近く、お店も別館より小さな本店のほうも当然ダメとのこと汗

予想より遥かな人気、侮っていました
並びニストぽちゃまる不覚なり(;´д`)


意地でも食べてやるメラメラ
夜の営業が始まるのは17時から…
気合いを入れて、30分前の16時30分にやって参りましたDASH!


すると、国道沿いにあるお店の広い駐車場にはすでに何台もの車と行列があせる

さらに追い討ちをかけるように、この日の夜の部は30名限定とある!!

行列を数えると、25名ほど…
しかし車の中で待機している家族連れも数名いるようだあせる


並びニストぽちゃまる
再び不覚をとる(T ^ T)

続々と入ってくる車も張り紙を見て、Uターンしていく…

一縷の望みをかけて待つ事に、

スタッフさんが出てきて人数を確認していく…

私の前の前で30名とのことドンッ
なぬ〜〜〜プンプンむかっ

茨城から来て昼に食べれず、
夜まで待ってもまた食べれないのかしょぼん

すると中まで聞いてきてくれて、40名まで増やしてくれました音譜

実際には35番目でしたが、
滑り込みセーフ\\\\٩( 'ω' )و ////



メニュー

執念…。
鰻への執念が奇跡を起こした…w

メニューを見ると
鰻丼・鰻重・直鰻重と3種類あり、
聞きなれないのが「直鰻重」目

山田さんでは「鰻重」を頼むと鰻とご飯が別々に出てくるらしく、「直鰻重」というのがご飯の上に蒲焼きが直接のってる一般的な鰻重とのこと。


わたしは敢えてを注文した☆
並・上・特上とあるが、これは鰻の大きさの違いです(๑・̑◡・̑๑)

普段は頼まないが、食べれないかもしれないフラストレーションが溜まっていたせいか大盛りを選択(笑)


かなり待つとは聞いていました…
が、ほんとに待ちます( ̄▽ ̄;)


並んでいた順番に提供されていき、
自分のが運ばれてきたのはお店に入ってから1時間20分後のことでした…

開店前から数えると2時間20分、お昼から入れると7時間ほど待った鰻丼!!


○鰻丼上 大盛り  4,000円

すげ〜Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
だるまが運ばれてきたかと思ったダルマDASH!

ドカベンか(笑)


並んでるうちに親しく話させていただいた常連のお母さんには、

「やめときなさい。このあいだも20代の大きな男の子がギブアップしてたわよ」

と忠告されましたが…

(๑・̑◡・̑๑):「ぽちゃまる間もなく40歳!食べますw」


鰻重よりも鰻丼を選択したのは、
このヴィジュアルを見たいが為だ(笑)


日本昔話盛りです(・∀・)b

フタが閉まらないどこの騒ぎでないw


○直鰻重上  3,900円

これが通常サイズの上鰻重キラキラ
それでも普通のお店のよりかは、だいぶボリューミー!


お重の深さが1.5倍くらいありますね汗


比較すると、こんな感じです(゚∀゚)

確か大盛りは+100円
鰻丼のはみ出かたが迫力満点!!


この日大盛りを頼んでたのは、私とまだ若いお兄さんの2人だけでした(笑)


さて、鰻丼をいただきます♪

常連さん曰く、
ここの鰻を一度食べてしまうと、他所のじゃ物足りなくなってしまうとのこと!


箱蒸し
聞きなれない技法ですが、現在では山田さんでしか食べれない調理法だそうで…

白焼きにしたあと蒸気で蒸すのではなく、箱に入れて鰻自体の熱で蒸し上げる方法らしいです。

余熱により柔らかくするような感じなのでしょうか?一度実際に見てみたいですね


超肉厚な鰻ですビックリマーク
ここまでの肉厚さは小田原の友栄さん以来ではないでしょうかあせる

弾力あり、ムッチリといった鰻です。
セイロで蒸してないので脂も抜け落ちておらず、濃厚な味わい


優に2合は軽く超えるだろうお米(笑)
ご飯は重みにより、もっちり!

このボリュームでも、超濃厚なタレがご飯と死ぬほど相性良くグングンと箸が進む

タレは甘塩っぱく香ばしい♪
ねっとりとして、みたらし感のある醤油の焼けた香ばしさ♡

この濃いタレと肉厚な鰻は、確かに一度食べたら強烈なインパクトを残す


関東風のようにトロふわでもなく、
関西風のようにパリパリでもない…

しっかり歯応えのある鰻という表現が的確かと

骨などは一切当たらなかったのは、箱蒸しによる効果なのか…


食べ終えると味・ボリュームとも、しばらく鰻は大丈夫という満足感を得れますw


食べたいものが食べれる幸せ(*゚▽゚)
待った甲斐がありました♪