先日

とあるショッピングセンターで

「嫌だな」と感じた出来事について

お話をさせていただきます目

 

 

*********

 

 

何が嫌だったのか?

と言いますと…

 

 

ベンツに乗ってる

40~50代の男性が

若い店員さんに向かって

 

 

「車止めのところに

ポールを置いといたらぶつかるやんけームキーッ

下げとけやーアホ―!!!ムキーッ

と、大きな声と大きな態度で

注意していたのを目撃したから…ショボーン

 

 

確かに

お店側のミスではありますが

 

 

店員さんも大人なんですし

普通に言えば伝わることなのに

なぜ怒鳴るのか・・・ショボーン

 

 

そんな光景を目の当たりにした私達は

心が悲しくなりました。

 

 

しかし

たまにそうやって

大きな態度を取る人って

見かけますよね?

 

 

そういう人の特徴を

挙げると…キリがないのですが…

大きな態度を取る人の気持ちを代弁しますと…↓

 

 

・自分が偉いと思っている

・偉ぶれるのがかっこいいと思っている

・偉い自分に酔っている

・言われる奴が悪いと思っている

・自分は悪くないと思っている

・自分は正しいことを教えてやっていると思っている

・ひるんだら負けだと思っている

・「男だったら命かけんかい!」という気持ちで生きている

・大声で言う=男らしさだと思っている

などなど。

 

 

では次に

スピリチュアル的に

その男性の資質を分析しますと…↓

 

 

・人を見下している

・傲慢である

・器が小さい

・愛情がない

・精神的に弱い

・弱い自分を見せられない

・弱い自分を見せたくない

・ダメージを受けないように強く見せている

などなど。

 

 

つまりは

「弱い犬ほどよく吠える」

ということわざと同じで

 

 

自分の弱さを出す勇気が無く

自分の弱さをカバーするために

大きな声を出し

大きな態度で周りを威嚇し続けている…という訳です。

 

 

しかし

そういう資質の人は

本当に極一部バイバイ

 

 

多くの人は

「別に弱さを見せてもいいじゃん!」

「たまには弱さも出さないと疲れちゃうよ~」

って思いますよねにやりキラキラ

 

 

私もその一人ですが…

 

 

威嚇姿勢を見せる人たちは

「弱さを見せる=人間失格」

という極論を持っているため

なかなか弱さを出せませんし

感情のコントロールも上手にできません。

 

 

違う言い方をするなら

「強がって自分を守り

自分の精神を保っている状態」ですので

暴力的な強さをアピールする生き方から

なかなか卒業をすることがなかなかできません…。

 

 

それはそれで

自分を苦しめる生き方になるので

辛いとは思います。

 

 

しかし、当の本人が

「弱さを認める思考」

「愛情を持っていきる思考」

を持たなければ変われませんので

 

 

周りとしては

「ただ見守る」

これにつきます。

 

 

<おわりに>

みなさんもいつか

「傲慢な人」を見かけたり

ご縁ができたりする事もあると思いますが

 

 

傲慢な人は

人の言う事を聞きませんので

無理に相手を変えようとするのではなく

 

 

なるべく

「距離を置く方法」を考え

自分の心が穏やかに過ごせる環境を

自分の手で築いていってくださいねほっこりキラキラ

 

 

そして

「傲慢な人」とご縁ができてしまうのも

自分の中にある何かが引き寄せた結果ですので

自分を省みる姿勢も忘れないでくださいねサーチ

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

この→スピリチュアルブログランキング

1日1回クリックして頂けると助かります!

いつも応援ありがとうございます照れ

 

 

メールカウンセリング・浄化祈願

開運パワーストーン

毎月一日合同祈願

お礼参り代行