スペイン語の形容詞 気分や状態を言いたい時には | 【初心者向け】DELE 合格を目指す短期間集中学習《オンラインスペイン語勉強法》

【初心者向け】DELE 合格を目指す短期間集中学習《オンラインスペイン語勉強法》

《オンラインスペイン語勉強法》60日間集中してDELE A1を目指す初心者のためのスペイン語のオンライン教室です。オリジナル教材と動画を使った学習法でリスニングやスピーキング、ライティングを短期間でレベルアップするように導きます。

¡Hola! ¿Cómo estás?

オンラインスペイン語教室《ここから始めるスペイン語》の講師 Yoshi ですニコニコ

 

前回、

「名詞」も「形容詞」も文中で性と数を合わせていく

「性格」や「性質」など、ser動詞を連れてくる形容詞

を学びましたバレエイエローハーツ

 

今回は、

人やモノの「気分や状態」を表す形容詞

すなわちestar動詞を引っ張ってくる形容詞

見てみましょうウインク

 

 

どういうことかと言うと、

一番お馴染みなのは、

 

¿Cómo estás?

Estoy bien.OK

 

他には、

 

¿Cómo está el clima hoy?晴れ☁︎

*clima:天気

 

今日の天気を聞いています。

 

このように、

移り変わるものを聞きたい時、話したい時に使います。

 

では、具体的に

人やモノの「気分や状態」を表す形容詞

を見ていきましょう。

 

 

「気分」や「状態」を表す形容詞おすましペガサス

estar +

contento/a 満足した

feliz 幸せな

cansado/a 疲れた

nervioso/a 緊張した、イライラした

enfermo/a 病気の

abierto/a 開いている

cerrado/a 閉じている

etc.

 

 

応用編おばけくん

ただし、上に出てきた形容詞の中には

serと一緒に使われると意味が変わって

くるものもあります。

 

例えば、serを使って

 

Fernando es abierto.

 

とすると、フェルナンドの性格になるので

「あの人はオープンな人なのよね」

という意味に。

 

このserとestarの使い分けについては、

こちらの記事もどうぞスノボ

 

 

 

上の形容詞は最初から全て覚えようとすると

大変なので、徐々にで大丈夫ですふたご座

 

例えば、自分に対して

¿Cómo estás?と調子を問いかけて、

Estoy cansada/ feliz.

など。

 

自分の体験と結びつけると覚えやすいですよね。

それをスペイン語で表現できると楽しいし♪

 

次回は、「美味しいチョコレート🍫」のような

名詞に形容詞を付ける方法を学びます。

 

どんどん表現の幅が広がっていきますね流れ星

どうぞお楽しみに照れ

 

Muchas gracias por leer hasta el final. 

¡Hasta pronto!🤗