ヨガ 花粉症

テーマ:

ヨガ 花粉症で検索しみた所、、、こんな記事見つけたので載せてみました音譜

ダウン  ダウン  ダウン  ダウン

わきの下を刺激する簡単ヨガで、鼻の通りをスムーズに

ヨガをすると鼻の血流が改善され、花粉症による鼻づまりがやわらぐことが期待できます。特にわきの下には上半身に流れているリンパの集合地帯があるため、ココを刺激することで鼻の血行促進にも効果的です。今回ご紹介するのは座りながらできる簡単ヨガ。わきをしめたり伸ばしたりして、わきの下の刺激を意識することがポイントです。体の柔軟性は人によって異なるので、無理をしない程度で行いましょう。

あぐらのポーズ

  • あぐらをかいた状態で、鼻で息を吸いながら両腕をまっすぐ上げる。
  • 上半身を左側に倒し、左手を床について体を支える。
  • その体勢のまま、息を大きく吸って吐くのを3回繰り返す。息を吸うときにわきの下が伸びていることを意識して。
  • 息を吸いながら両腕を上に戻し、左右を入れ替えて行う。

反り返りのポーズ

  • イスに浅く腰掛けて手を腰の後ろで組み、わきをしめて胸を張り、息を吸う。
  • 息を吐きながら、腕をできるだけお尻のほうまで伸ばし、顔を上に向けて背中を反らせる。
  • その体勢のまま息を吸い、左右の肩甲骨を中央に寄せる。1回につき約4秒として、これを5回繰り返す。

ねじりのポーズ

  • イスに浅く腰掛け、右手の甲を右腕が伸びた状態になるように左足の太ももの外側に当てる。
  • 左手でイスの背の左上をつかみ、息を吸って背筋を伸ばす。
  • ゆっくり息を吐きながら、わきをしめて上半身を左上に向けて少しずつねじる。1回につき約20秒として、左右を入れ替えて行う。20秒が難しい人は、10秒ずつ2回に分けて左右を入れ替えて行ってもOK!

花粉症は、これからも長く付き合っていくことになる病気です。今回ご紹介した方法を試して、効果を感じられるものがあったら、継続して行いましょう。

 

これからも少しでもお役に立てそうな内容見つけましたら、載せさせて頂きますねベル