ノープーっていったい何ぷー? | 美容研究家 樋口賢介

美容研究家 樋口賢介

美容研究家 樋口賢介ことスピリチュアルカウンセラー竜庵として活動しています。美は執念と、清く正しく欲を持てを合言葉に、人生を美しく豊かに、楽しくワクワク、すずやかに、にこやかに、絶好調に生きるお手伝いを愛と光と毒で提唱させて頂いております。



皆さん、こんにちは。✨😊🌟




{EB47F481-64E1-4DDA-AD3D-B0E54ADAA4C2}


{82FDF0A3-84DC-494C-9CCE-6498FA1A6E2E}



Q⒋《ミルククレンジングやクリームで本当に頭皮の汚れは取れるのですか?》


A『お肌のクレンジングするように、頭皮をクレンジングすると考えて下さい』



現在では、洗浄剤はフォームからミルク、クリーム、オイルとさまざまな剤型が普及しています。

頭皮も肌と同じ皮膚であり、顔と頭皮は一枚皮で繋がっています。

それゆえに、肌と同じようにフォーム、ミルク、クリーム、オイルといった剤型の選択肢はあっていいのです。

肌と同じように、35歳を過ぎると頭皮も乾燥してくるため、フォームでは脂分を落としすぎるケースがあります。

潤いを保ちながら洗浄効果を求めるなら、ミルククレンジングが適しています✨


ただ、ミルクだから良いというわけではなく、肌と同じで、一人一人の頭皮の状態により、使うべき洗浄剤の剤型も選ばなくてはいけません。













Q⒌  《シャンプーを使ったり、ミルククレンジングを使ったり、状況によって変えてもいいんですか?》


A、『はい。頭皮の状態によっては変えるのベストでしょう』✨


私は、ミルククレンジングで年間を過ごしいて、頭皮や髪の毛は調子がいいのですが、中には、夏など汗をよくかいた日はシャンプー剤を使うなど、頭皮の状態にあわせて洗浄剤を変えても大丈夫でしょう。

ただ、『泡が立つ=食器洗剤で洗っていることを自覚するべきです‼️』


『35歳を過ぎる大人女性には、頭皮を乾燥させてはいけないことを覚えておかなくてなりません。』



カラーやパーマをしている方、育毛・発毛・白髪予防・ツヤと髪の毛のボリュームがほしい人は、頭皮から健康にならなくてはならないのです。✨