新ブランド《MIYABINA》発表会&セミナー | 美容研究家 樋口賢介

美容研究家 樋口賢介

美容研究家 樋口賢介のビューティー発信ブログです。美容に関する情報やサロンの最新情報も掲載します。お客様の美の要求に応える為には、内面からも外面からもアプローチする究極のホリスティックビューティーがここに登場!!



皆さん、こんにちは。( ´ ▽ ` )ノ


お元気にしてらっしゃいますか?




私はなんだかんだで、日々ぎゃーぎゃー  、ワァーワァー、きゃーきゃーと、ところかまわずわめいております。( ^ω^ )












さぁ、いよいよ、私が全プロデュースしたヘッドスパプロフェッショナル商品が3月から発売されます。








髪・肌・素材から輝かせ、美の要求に応えるためのスキンケア発のエイジングケアシリーズになります。






女性の社会進出が進んだいま、いつまでも若々しく姿をキープしたいという要望がますます高まっています。



女性がいつまでも美しくあるためには、表面的な繕いだけではなく継続的なケアにより、髪・肌・の素材が輝かすことが大事になります。



ビューティーヘッドエステは、髪・肌を素材から輝かせ、いつまでも美しくありたいという女性の《美の要求》に応える為だけに開発されたスペシャルメニューや卓越した豊富な知識や技術、それを扱う洗練された魅力的なヘッドスパリスト達によって、紡ぎ出される美のアンサンブルになります。








このヘッドエステの構想は、10年前からあり、サロンワークで使いたいという、現場発想のお客様の美の要求に応える商品がなかったことから、株式会社ピアセラボとの共同開発により誕生しました。





難題、難題の連続で、最近の中で難しかった案件内容になり、私自身も大きく成長させて頂きました。





この企画が頓挫することもあったため、プライドと意地との戦いの連続だった気が致します。




美の職人VS商品開発部VS研究者との壮絶なやりとり、夜遅くまでの打ち合わせや技術や知識の再構築、全ラインの濃厚なやりとりは、ほんとうに大変でした。
今はいい思い出になりました。^ ^







すべてのアイテムに、大人女性の美しさに必要な美のエッセンスである桜の花エキスを配合しました。

{B1F86EC9-CE8B-4172-B1CC-9F9E4133B887:01}











ひとつひとつに思い入れがありますが、その中でも、3年半かかった泡のたたない業界初ミルククレンジングが大変でした。
おかげさまで、「必要なうるおいは奪わず、汚れを取り、ツヤとハリ弾力を与える」ことに、見事に成功したことです。


インパクトがある商品ですし、いちばんの自信作です。


{A31796F2-6605-4E4F-A574-2C6C3FF0BA85:01}










すべてのアイテム一本一本に、自然界のダイナミックな「和」の植物成分と、心身に染み渡る癒しの「和」の香りを纏わせることにより、百人いれば百通りのアンサンブル《組み合わせ》が出来るようになったことも、プロフェッショナル商品の醍醐味ですね。


{F8ACEDFD-8797-4B30-B690-CED626B87713:01}












{1CBDC9CF-5B2B-4C23-B26F-9C9350CCE5AE:01}











{3C34553C-CCE9-4A26-B68E-60730B5EF084:01}













今回、東京と大阪でさせて頂きましたが、セミナーチケットが3日で完売し、キャンセル待ちがでるくらい、商品発表前から好評頂きました。




美の同士達、お忙しい中、私のセミナーに起こし頂き、心から感謝致します。



ありがとうございました。


{2DE14759-A404-42A6-ADCB-0645143E524B:01}










会社のスタッフ達も、駆けつけて下さいました。


ありがとうございます。

{EF237951-E459-4EBC-BBCB-7A5B953756DD:01}












{6DEBC518-A1C2-4543-9F3B-CCA060450534:01}
















{8E8FD783-27A7-4EE6-BC1D-2D8EEE53BE15:01}











{E078B77E-BA19-4C52-A589-1AC2B56028F9:01}














{59E9441B-61DF-44B4-AA7A-9EA34DAF735D:01}







皆さんで、ヘッドスパの文化を築いて参りましょう。( ´ ▽ ` )ノ






美容研究家 樋口賢介。