不登校と「一人ぼっち」という感覚 | 不登校の子ども、障がいのある子どもの学びの場☆スペース海
2012-08-20 13:32:54

不登校と「一人ぼっち」という感覚

テーマ:不登校
やらなければ、いけないのだけれども、

なんだか、とりかかる気になれない。

そんなことって、ないだろうか?


処理してしまわなければ、いけない作業なのに

それは分かっているのに・・

そのことを避けようとしてしまうことがある。


毎日の生活の中では、メンドクサイと放置してあることも少なくない。

やってしまわなければならないことなのに・・


なぜ、とりかかる気にならないんだろう?

  ↓   ↓   ↓

自分のどこが悪いんだろう?

  ↓   ↓   ↓

自分はなんてダメなんだろう!

  ↓   ↓  

もうダメだあ・・・


というような悪循環にはまってしまうとなかなか脱出できない。



それは不登校の子どもの心理にも通じている。


・学校には行かなければならないと思う

   ↓   ↓   ↓

・でも、こころが起き上がれない

   ↓   ↓   ↓

・なぜ、こうなっちゃったんだろう?

   ↓   ↓   ↓

・自分のどこが悪いんだろう?

   ↓   ↓   ↓

・自分はなんてダメなんだろう!

   ↓   ↓  

・もうダメだあ・・・


そんな時、何が1番大切なんだろう・・

そして、当事者にとって、何が1番つらいことなんだろう・・


当事者にとって1番つらいことは、

私は『一人ぼっち』という感覚ではないかと思っている。

この世界に自分のことを大切に思ってくれる人はだれもいない・・

という気持ち。


だから・・・


キミはだめじゃないよ。

いまはつまずいても必ず自分の道を見つけられるよ。

必ずキミの可能性は広がっていくんだよ。

と言いつづけること。

そばにいてずっと見守り続けることが大切だと思う。


でも、その時々の見守る距離はもっと大切なのかもしれないんだよね。




うみ蔵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。