人気ブログランキングへ

今日もお越しいただきありがとうございます。


みなさーん華舞飛です。

皆さんは旅行大好きですか!


旅行につきものがお土産屋さんですよね!

まずは自分の分と家族の分を色々と品定めをし購入、

そして隣の店で品定めをして購入、

そんな事を繰り返しているうちにふと気付く・・・


あの方にも、あの人にも、この人にもと旅行先の名物品、

その人たちの好みに応じた物、

喜ばれそうな品々を吟味し買ってくるが、

いざその土産品を渡す時に言う言葉あまりにも

ストレートすぎる渡し方をしているのではないでしょうか!


例えばこんな感じの人が多くいるように感じます。

その言葉とは、「はい、お土産」

「どこどこに行った来たお土産です」

こんな感じではないでしょうか!


ではどのように表現したら良いでしょう。

手土産のようなちょっとした物を渡す時は

「旅行先で面白いものを見つけましたので」とか、

「ここの土地では、名物品と聞きましたので」


あるいは、「旅行先では美味しいと評判でしたので」と、

その品物のを選んだ理由を述べてから

「心ばかりの物ですが」

「お気に召していただけたら嬉しいのですが」を

付け加える事で気持ちが伝わるのではないかと思います。


受け取った側も、品物を選んだ理由を聞く事によって

私の好みを覚えてくれたんだ、

気づかってくれていたんだと思い嬉しくもなり

優しくもなります。


お礼の言葉も、気持ちのこもった言葉が返ってくると思いますよ。

贈った側も、その言葉に嬉しくなり優しくなり、楽しくなり、

そして、なぜか癒された感覚になりますよね!

安ど感からですかね!

また買ってきてあげたい気持にもなりますよね!



最後まで読んで頂きありがとうございます


人気ブログランキングへ
↑↑クリック↑↑ 
よろしければブログランキングへ1クリックいただけると励みになります。
どうぞよろしくお願いいたします。