第6戦目!國學院大学戦

 <11月14日(土)第6戦目 國學院大学戦>

今日は朝から雨風が強くどんな試合になるか・・試合の時間が近づくにつれ雨が止みコンディション的には良い状態。今日は先ず試合結果と私が思った感想から報告します。

      東洋大学15対31國學院大学

得点だけを見ればそんな差が無いと思うのですが、試合の内容は國學院大の圧勝だった。

オープン戦で1度戦いその時は東洋大が圧勝したが今日の試合ではそんな試合があった事が嘘のような気がした。東洋大選手の中に「オープン戦で勝っているから・・・」心のどこかに「余裕?」始めからそんな事を思って試合に臨んでいる選手がいる様に見えた。


前半開始から國學院大のペース。でも始めに点を取ったのは東洋大だった。相手のペナルティーからFB柿森(3年)がPGを決めて3点を先取した。
東洋大学ラグビー部応援する会
だがその後、相手のPR3・WTB14に自由に走られ止められず・・相手のPR3にたいしては東洋大のタックルは高く、國學院大に何度も良い形を作られWTB14に渡りトライを奪われた。

東洋大ではCTB笹本(4年)がA・Dに健闘!相手にタックル!少し脳震盪に・・・でも試合に戻り自ら突破・ディフェンス東洋大選手の中でも1番頑張っていた。

第1戦目で負傷し試合に出ていなかった東洋大のSO西方(2年)が1ヶ月半ぶりに出場。この日が復帰戦!ドロップキックで良い場所にキックするも東洋大FWが競りきれず相手にキープされ中々ペースを握れない。攻められながらも懸命にタッチに蹴る(高い軌道を描くキック)姿も以前の様な感覚に戻ってきているようだ。


東洋大学ラグビー部応援する会

東洋大学ラグビー部応援する会


今季初スタメンでの出場となるSH梁田(1年)だが、まだまだ球出しが遅い。球が出ないと展開ラグビーを得意とする東洋大としてはチャンスが生まれない。
東洋大学ラグビー部応援する会

東洋大も良い形を作るがトライにはとどかない事に焦れていた。その中の1チャンス!スクラムからの攻撃でサイドからFL堀(4年)が飛び出しトライ。
東洋大学ラグビー部応援する会 このスクラムの中には第2戦目で負傷しこの試合が復帰戦となるPR渡邉(2年)の姿もあった。PR渡邉は要所要所にディフェンスで良いところを見せ試合に出れなかった思いをぶつけていた。
東洋大学ラグビー部応援する会

  前半終了 東洋大8対14國學院大


後半開始・・やはりペースを握ったのは國學院大だった。相手PR3に突破される場面が多く前半戦と同じ展開だ。やはり相手PR3へ東洋大のタックルに入るのが高い。そこで良い形が作られ最後にはWTB14にトライを奪われる。その後も國學院大が自由に走り回りトライを重ねた。後半もCTW笹本がディフェンスで良い場面を見せている。
東洋大学ラグビー部応援する会
そんなディフェンスから東洋大も少ないチャンス!またもトライしたのはFL堀(4年)この日のFL堀は何か違う!4年生最後のシーズンだ!そんな感情をむき出しにしたトライだった。
東洋大学ラグビー部応援する会
國學院大は昨年3部から2部へはい上がってきた大学。國學院大側は試合中

「昨年の入れ替え戦の事を思い出せ!」

この言葉をグランド内で選手達・外から部員・コーチ陣が常に大きな声で発しながら國學院大選手は試合に臨んでいた。

國學院大のあの闘志は思っている・背負っているものが東洋大とは根本的に違ったのか?そんな気がした。

東洋大ラグビー選手も気持ちから入れ替え残り1試合を戦ってもらいたい。

   東洋大15対31國學院大

 今回はこの試合にたいして冷静に思った事を書かせてもらいました。

それは東洋大学ラグビー部にもっと色んな意味で強くなってもらいたいという気持ちからです。


     <<東洋大学ラグビー部部員へ>>

これから2週間後の最終戦である国際武道大学戦に向け気を引き締め練習に打ち込め。必ず勝つ気持ちで戦え!君達には東洋大学ラグビー部応援する会やその他の方々がいつも見守り、応援している。その事を忘れるな!

      <<頑張れ東洋大学ラグビー部>> 

 11月29日(日)PM2時KO 日本大学グランド

場所 東京都稲城市平尾 応援宜しくお願い致します。場所等詳しい事はコメント下さい。お待ちしています。