居心地屋やまぢ女将・黒木素弓の一歩一歩

ホッとできる場所。ちょっと元気が取り戻せる場所。居心地屋やまぢで温かいお料理と美味しい宮崎焼酎、そして最高の笑顔をお召し上がりください。


テーマ:

おはようございます。

今日は日曜日ですが、教会に行かずに家にじっとしていることにします。

それにしても台風5号のノルーくん、

ノロノロしてますね…(-_-;)計画立てられやしない。。。

 

今日は広島の原爆投下から72年。

私は21年前まで、広島に住んでいました。

私が住んでいた頃からすると、広島はなお都会になり

原爆投下の痕跡は探さないと見つからなくなっているのでしょうね。

image

これは26年くらい前、養護学校の子どもたちと社会科見学に逝った時の写真。

私は右上に写っていて、チェックのコートを着て目をつぶっています照れ

 

 

 

 

先日の【逆のものさし講】で思い出について聞きました。

 

思い出とは、喜怒哀楽すべてが連動されてこそ残るもの。

嬉しいことや楽しいことだけではなく、

それに伴う悲しみ、怒り、苦労があってこそ思い出になるのです。

そして、その思い出の積み重ねで、人の器が育てられていきます。

 

辛い受験勉強があってこそ、受かったときの喜びはひとしお。

スポーツでも、毎日の練習があってこそ、試合での勝利の喜びがあるはずです。

この平穏な時代も、先人の苦労の上にようやく得ることのできたものに違いないのです。

 

しかし現代は、喜怒哀楽がブツブツと切れてしまい、単体になっています。

それでは、思い出を作ることはできません。

思い出が作られなければ、人の器も広がることなく幼稚なままで大人になってしまいます。

幼稚な大人は、後世に伝達・伝承をすることができないのです。

 

 

私たちは、もっと大人にならなければいけません。

 

ぜひ、縦糸の読書をし、たくさん考え、経験して、後世に伝達できる大人を目指しましょう~♪

↓↓↓

読書のすすめショッピング

おすすめサイトです♪

 

 

 

 

7月は18冊の本を読みました。

最近はオーディオブックが充実してきているおかげで、

運転や家事をしながら本を「聴く」ことができます。

たいへんありがたい時代になったものです♪

 

7月の読書メーター
読んだ本の数:18
読んだページ数:4238
ナイス数:267

体が生まれ変わる「ケトン体」食事法: 太らない、疲れない、老けない――体と頭を「糖化」させるな (単行本)体が生まれ変わる「ケトン体」食事法: 太らない、疲れない、老けない――体と頭を「糖化」させるな (単行本)感想
とてもわかりやすく説明してある。中だるみになっている糖質制限、もう一度やり直ししようと意欲がわいた♪
読了日:07月03日 著者:白澤 卓二
からだに悪い?からだに悪い?
読了日:07月04日 著者:岸本 葉子
ソクラテスに聞いてみた 人生を自分のものにするための5つの対話ソクラテスに聞いてみた 人生を自分のものにするための5つの対話感想
軽いノリだけど、普段の自分の生活をちょっと深く考えるきっかけになる。ストーリーにテンポがあって飽きない。
読了日:07月05日 著者:藤田 大雪
インフェルノ(上) (角川文庫)インフェルノ(上) (角川文庫)感想
読みだしたら止まらない^^;ダン・ブラウンさんは困ったもんだ。
読了日:07月11日 著者:ダン・ブラウン
インフェルノ(中) (角川文庫)インフェルノ(中) (角川文庫)感想
上巻に続き、ハラハラドキドキ。
読了日:07月12日 著者:ダン・ブラウン
インフェルノ(下) (角川文庫)インフェルノ(下) (角川文庫)感想
うわぁ~、そう来るか!なんか後味がいい。
読了日:07月13日 著者:ダン・ブラウン
ナベちゃんのヨメナベちゃんのヨメ感想
いるいる、ナベちゃんみたいな人。ナベちゃんのヨメみたいな人。そうそう、本人が幸せだったらそれが一番じゃない♪
読了日:07月13日 著者:辻村 深月
ぼくがいま、死について思うことぼくがいま、死について思うこと感想
異国の葬儀、死生観、そして海外と比較した日本の墓や葬儀のあり方。とても興味深く読むことができた。 私も椎名誠さんと同じように、楽しく明るく「じゃあ、先に行って待ってるね」といえるような死に方がしたいなぁ。
読了日:07月17日 著者:椎名 誠
戦略は「1杯のコーヒー」から学べ! (ビジネス・経済)戦略は「1杯のコーヒー」から学べ! (ビジネス・経済)感想
物語で経営戦略の基礎を学べる本。キャラが漫画の主人公みたいで面白かった。
読了日:07月21日 著者:永井孝尚
東京DOLL (講談社文庫)東京DOLL (講談社文庫)
読了日:07月22日 著者:石田 衣良
1週間で8割捨てる技術1週間で8割捨てる技術感想
捨てられない理由、最小限のもので暮らすための極意など、とてもわかり易くまとめてあった。あとは行動あるのみ!
読了日:07月22日 著者:筆子
14歳の君へ―どう考えどう生きるか14歳の君へ―どう考えどう生きるか感想
「毎日中学生新聞」に連載していたものと書き下ろしが半々です。池田晶子さんが、癌で亡くなる数ヶ月前に出された本。若い中学生たちに、これから考える人生を送ってほしいと願う著者の熱い思いが感じられます。平易な言葉を使っているけど、大人でも十分読み応えがあります。
読了日:07月23日 著者:池田 晶子
こだわらない とらわれないこだわらない とらわれない感想
いやぁ~、心にジンとくるなぁ…10歳から仏門に入った著者の人生観。誰にでもわかる言葉で、人生について、人付き合いについて、仕事について、子育てについて、心の持ち方について、優しく易しく解いてくれています。
読了日:07月25日 著者:荒了寛
天使と悪魔 (上) (角川文庫)天使と悪魔 (上) (角川文庫)感想
宗教と科学の話。クリスチャンとして興味がありながら、私の通う教会ではこの話自体がタブーとされています。そのデリケートな部分を大胆に小説にしてしまうダン・ブラウン。殺人、狂気、謎解き、歴史、名高い芸術作品、美しい舞台。それに若く賢いヒロインとラングドン教授。これに夢中にならない理由がみつからない!
読了日:07月26日 著者:ダン・ブラウン
天使と悪魔 (中) (角川文庫)天使と悪魔 (中) (角川文庫)
読了日:07月27日 著者:ダン・ブラウン
天使と悪魔 (下) (角川文庫)天使と悪魔 (下) (角川文庫)感想
今回もまた、一気読みで楽しませてもらいました。黒幕はなんとなく途中からわかっていたけど、それが露見するまでのアクションは想像を絶していました。いやぁ、ラングドンって不死身!
読了日:07月27日 著者:ダン・ブラウン
続・大人の流儀続・大人の流儀感想
後半、東日本大震災の切羽詰まった状況記述が圧巻でした。伊集院さんが頑固なくらい筋が通っているのは、厳しいお父さまと優しく丁寧なお母さまに育てられたからなのでしょうね。私と夫は全く正反対の親なので、子どもたちには反面教師で気づいてもらうしかなさそうです(;´∀`)
読了日:07月28日 著者:伊集院 静
別れる力 大人の流儀3別れる力 大人の流儀3感想
この巻は、前半が好きだなぁ。ぐっとくる。 後半は可愛いペットの犬や天然の奥様にクスッとする♪
読了日:07月28日 著者:伊集院 静

読書メーター

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

黒木素弓さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。