栄養士を目指すまで(中学〜高校編) | moon light○**

moon light○**

インナービューティープランナー取得予定♩
東京⇆福島



便乗して・・・


栄養士を目指すようになった過程を書きます!!笑

まずは、中学〜高校まで**


まず、

中3あたりで、父とパン作りやお菓子作りをして料理に興味を持ったところから

高校は普通科じゃなく、調理師免許が取れる、調理科にしようと決めて進学


思い返すと凄まじい生活スタイル・・

朝4時半起床

5時〜7時までコンビニでバイト

片道40分自転車通学

学校(調理実習がある日はほぼ1日立ちっぱなし)

また40分かけて自転車で帰る


多い時は週3で調理実習があって・・朝のバイト、よくやってたなあと思う!

そして思ったより苦じゃなくて、朝5時から働く優越感?で割と楽しかったり。

このバイトで貯めたお金があったから、巡り巡って就職後の自己投資(プランナー講座)や遊ぶお金に回せたのもあって。(本当に頑張ってよかった!!)



実習は板前さんやシェフから教えていただいて。

和食の奥の深さに感動したり、貴重な経験がたくさんできた(*^^*)


あとプライベートでは、オタク気質があり・・

1つのことにはまると抜け出せない、それしか考えられなくなる。


アニメのエヴァンゲリオンにはまった時は、ハマりすぎて周りの友人や家族にも伝染

気づけばみんな、私以上にハマってしまった・(笑)





















一見楽しそうな高校時代に見えますが、、常に人と比べたり、謎のイライラ。。

担任の先生がムカつくから、消えて欲しいとか、恐ろしいことを考えていました。

(恐えええ)



あと、両親が公務員の超安定志向な環境にいたから

普通科に進んで、”いい大学に進学する。”



これが理想像で、進学校にいる友達がもう羨ましくて。

調理科で勉強しようって自分で決めた道なのに、あとから後悔の日々!


このルートから外れてるから落ちこぼれだ〜〜って悲観(笑)




そしてもう少しで高校3年・・進路どうしようかなあ・・

この頃から、もう私は料理関係で仕事をするだろうって直感があったから

候補として、パティシエか栄養士か調理師だなと!


でも周りから、専門学校は学歴にならないから大学進学を勧められ。。


食関係の分野で大学・・と言ったら

栄養学部しか思い浮かばなかったのと、子どもが好きで食育に興味があったので、

保育園の栄養士になりたいな〜〜と思い始めました(*^_^*)




震災で

本当ーーーーーーーに異常な日々がしばらく続いて、、

(このこと書き出すと、キリないので割愛・・)


ようやく落ち着いてきた頃

国立の短大受験のために、バイトを続けながら勉強に明け暮れる日々!!


学校から帰ってきて朝までオールで勉強して、そのままバイトに行くことがザラにあり

本当にしんどくて、心と身体のバランス?何かがおかしくなった。🙇



ここまでやったのに結局、第1志望の短大に受からなくて

第2志望の行きたくないと思ってた私立の短大に行くことに。

通学に高速バスやら駆使して、片道2時間以上かかるし、、

魅力を感じられなかった。


母子家庭だから申し訳ないと思って、大学行くのはやめて短大にしたのに

行きたいとこにも受からず、


一方、

秀才な妹は、努力無しに進学校にすんなり合格・・



こんな経緯があったので短大時代は少し?ひねくれ・・












続きはまた書きます!!