その評価、本当ですか? | Life journey~旅する人生の在り方~

Life journey~旅する人生の在り方~

「幸せとは旅の仕方であって、行き先のことではない」(ロイ・M・グッドマン)
その時その時の「旅する人生の在り方」を整えていくことが大切です。「在り方」を整え、抱えている問題を一緒に解決していきましょう。

対人関係において
他者に対する印象や評価
適切とは必ずともいえず

 

「偏り」が生じることは、あり得ることです。

 

その「偏り」を起こさせてしまう
「対人認知のバイアス」として有名なものに

「ハロー効果(光背効果)」

があります。



「望ましい特徴があると
その人の他の特徴についても
実際以上に高く評価してしまう傾向」

のことです。

逆も然りで

「望ましくない特徴があると
その人の他の特徴についても
実際以上に低く評価してしまう傾向」

 

があるのです。

 

 

 

実際の評価ではなく

「ハロー効果」による認知の歪み(バイアス)の例として

 

相手の

字が綺麗
才能や知識に溢れ、礼儀正しい方なのだろう。

相手の

服装が地味

活発でなく、コミュニケーションが苦手?
 

 

というように、こちらの脳の中
勝手にその人のイメージが作られます。


一つの印象のみで、他の特長の評価をし
相手の全体像を描いてしまうことがあるのです。



そのイメージをつくり上げてしまうこちら側の

「認知の歪み(バイアス)」であるので

 

相手を評価するこちら側の人

どのような特性を持ち、経験をしてきたのか
によっても、もちろんイメージすることは違います

 

ただ、具体的なイメージは様々ですが
「正⇒正」
「負⇒負」

を喚起しやすいということです。
 

 

履歴書や入学願書に貼る証明写真
面接における話し方、姿勢、服装、髪形
などは

この「認知バイアス」と深い関連性を

もっているのではないでしょうか。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

本日もお読みいただきまして
誠にありがとうございます。

一緒に「旅する人生の在り方」を
探っていきませんか?


⇒Lifejourney~旅する人生の在り方~

⇒セッションメニュー

⇒RYBカラーリーディング各種講座・認知行動療法講座