転園の危機・・・

テーマ:
8月からの忙しさが一段落したと思ったのも束の間。

9月もなんだかバタバタ。

試作も繰り返す日々。

だからと言ってそれが言い訳にはならないのですが、14日金曜日提出締め切りの「来年度の預り保育優先申込書」の提出をし忘れました。

18時まで幼稚園で預かってくれるシステム。
これがあるから働きながら幼稚園に通えています。週に1~2回のペースで利用しているのです。他の日は家や職場にシッターさんを呼んだり、仕事は半日だったり。


その預り保育、利用者が多いので、新入生の受け入れ前にまず在園生の来年度の申込を優先的にするということでした。

金曜日に出し忘れたので、週明けに提出。

するとまさかの、

あっけなくお断り。


えーびっくり滝汗ゲッソリ

来年は利用できないとあっさり断られました。夏休み中とかも、ダメ。

提出期限に出さなかったのがいけないのですけど、
それにしても、
それにしても、
・・・。

プツプツ、プツリムカムカ


転園か。


息子に、
「来年、預り保育に入れないんだって」
と言ったら、

「いえーい!!」と大喜び。

預り保育、キライなのです。

混み混みで、どう見ても先生が不足しているのが気になってはいたし、転園してもいいのかも、とすぐに前向きに考えを切り替えました!
預り保育だけじゃなくて、日中の通常の園生活も、先生が少ない。他の幼稚園を知りませんが、先生たちの大変そうな感じ(ピリピリイライラ)が見てて伝わってくるのですショボーン

自分も通っていた幼稚園なので、下調べもほとんどせずに入園させていて、少し贔屓目に見ているところがありました。でも実はずっと気になっている部分というのが溢れ出てきて、転園させたい気まんまんに。(単純!)



年長さんからの入園を募集していて在園時間が長くて送迎バスエリア内に入っている幼稚園を発見!!来月の説明会にさっそく申し込み!

さぁ、どうなることやら。

それにしても、書類一枚で人生は変わるものだと痛感しました。


期限を守る。


大事です。


転園できなかった場合のことも考えておかなくてはー。

まさかの事態。笑えないけど笑えます。

皆様も書類の提出期限にはお気をつけくださいニヤリ


四歳の息子リンコロの夜の喚きがひどい。

とにかく、うるさい、はげしい。

あまりにもひどいので、ネット検索。

夜驚症

知らなかった、夜驚症。夜泣きとは違うのです。

わかりやすい説明だったのでこちらのサイトをご紹介。たまたま東洋医学系のサイトですが、夜驚症自体は検索すると一般的なものとしていろいろ出てきますよ。

樋屋製薬株式会社(第20回)ママの心配事⑪~夜驚(やきょう)症~https://hiyakiogan.co.jp/childcare_column/1067/

簡単に言うと、夜泣きとは違うもので、完全に眠っている状態で泣き叫んだりしてしまう症状。どんなになだめても効かないのです。

別のサイトで、
「ストレスや不安が発現に関係する場合も多く、甘えん坊の男児に多いようです。ひどい場合は親子関係や環境の調整が必要なこともありますが、子供を叱責してはなりません。」
と書かれているものもありました。

これまで、あまりのうるささに、「一旦起きて!落ち着いて!」と言ったり、「静かに寝て!」と言ってしまっていたことを反省。
見守るしかない、、、

夜泣きは、日中の出来事の脳内処理がうまくできないことが原因と言ったりしますが、夜驚症も日中の興奮(良し悪し問わず) が影響することもあるという記事も読みました。

成長とともに治るそうですが、

昨日も泣きわめいて「コワイーコワイー」と言ったり「もーー!」と怒っていたり、大変。寝ている状態のようなので、本人は朝になってもそのことをまったく
覚えてはいません。

夜驚症なのかどうか確定はできませんが、夜驚症なのだから仕方ないと思えばちょっと気楽になりました。知らなかったら、ただただこちらもストレスになっていたかもしれません。


ウメゾーの涙腺へのバイ菌感染やら、夜驚症やら、知らないことはたくさん。


寝不足で今朝はアラームの時間に起きれなかったけれど、超特急でお弁当作って、朝ごはんもしっかり食べさせて、無事に幼稚園に送り出しました。

ふぅ~

今日は自宅でデスクワーク。途中でウメゾーの予防接種・・・

ふぅ~


がんばろう。


ごま団子をうれしそうに食べるリンコロ。

今晩はグッスリ眠れるといいなぁ。

こんばんは。

明日は本部で二部制のジュニアソイフードマイスター養成講座が。頑張ります。

とろで、八月の本部でのジュニア講座はエリコ先生とマキ先生が担当しましたが、お二人とも個人での開催を承っていますよ😃

マキ先生、10月7日に1日集中講座を開催することになったそうです。詳細はマキ先生のブログを確認してくださいね!